らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0422

仙石氏館(上田市)  

◆打込はぎの石垣を持つ美しい陣屋跡◆

近世城郭を見てもトキメク事は無くなったが、石垣に未練はあるようだ…(笑)

矢沢城の山麓には仙石氏館がある。

寛文九年(1669)上田藩主だった仙石忠政の三男政勝が2000石で分与されこの地に陣屋を建てた。

もともと矢沢氏の居館のあった場所を改造したのだと思われるが、打込ハギの石垣には心ひかれる美しさがある。

仙石氏館 (2)

【矢沢分知仙石氏】(上田市立博物館の説明文より引用)

仙石忠政の子で政俊の弟政勝をその祖とする。寛文9年(1669)政俊が隠居するに際し、その領地6万石余の内、2千石を政勝に分知することを願い出て、許可されたのが、仙石氏分知矢沢領のはじまりである。その村々は矢沢・下郷・赤坂・岩清水・漆戸・小井田・森および林之郷の内(約半分)の8ケ村(いずれも現上田市豊殿地区)であった。

 領主の館としての陣屋は矢沢におかれたが、旗本である仙石氏は江戸に常住し知行所〔ちぎょうしょ〕へ来ることはほとんどなく、代官をおいて支配した。

 2代め以降は、政因、政啓、政寅、政和、政寿と継いで、7代政相のとき明治維新を迎える。大名であった本家の仙石氏は、宝永3年(1706)出石に移封されてしまうが、その分家の旗本仙石氏による矢沢領支配は、明治にまでおよんだのである

仙石氏館縄張図
縄張図にするとこんな感じであろうか。(※宮坂武男氏の縄張図を参考にしています)


仙石氏館 (3)
①の土蔵の石垣。小ぶりだが、なかなかどうして素晴らしい。


仙石氏館 (4)
桝形まで持つ立派な陣屋である。


仙石氏館 (7)
周囲は総石垣で囲まれている。(③の場所)


この陣屋は明治維新を迎えると仙石氏が民間に譲渡または払い下げをしたので、それまで建っていた玄関、門、御殿、産所などは跡かたもないが、石垣や桝形は往時を偲ばせるに充分な雰囲気を持つ。


仙石氏館 (11)
かなり傷んでいるので修復してほしいと思う門。(④の場所)

陣屋跡に住む住人の方に許可を取って撮影を続行する。

仙石氏館 (13)
北東から見た陣屋跡。

矢沢氏時代の居館はさらに広大だったと思われるが、遺構は残っていない。

仙石氏館 (14)
⑤背後にはコの字型(長方形)をした石垣が巡る。埋もれてしまっているが水掘だったのだろうか?

仙石氏館 (15)
深い空掘り。矢沢氏時代の名残であろうか。

仙石氏館 (16)
堀切付近より背後の矢沢城を見る。


ピリッとスパイスの効いた美しい石垣を持つ陣屋である。
上田城を復興させた仙石氏ならではの共通点を見ることが出来るお勧めの場所である。


≪仙石氏館≫ (せんごくしやかた お屋敷 矢沢陣屋)

標高:616m 比高:11m
築城年代:不明
築城・居住者:矢沢氏、仙石氏
場所:上田市大字殿城字矢沢
攻城日:2012年4月22日 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:5分
見どころ:石垣と唯一残る土蔵、空堀
その他:陣屋跡は私有地なので不法侵入はご法度です。
参考文献:「図解山城探訪 第三集 上田小県資料編 宮坂武男著」(縄張図)


矢沢城2 (45)
矢沢城から見た居館跡。背後の山は砥石城。






スポンサーサイト

Posted on 2012/04/22 Sun. 16:18 [edit]

CM: 7
TB: 0

« 干沢城(茅野市)  |  戦艦 扶桑② »

コメント

らんまるさま、こんばんは

積雪による蟄居の時期も終え、縦横無尽に信州の城砦館を満喫されているようですね。

さて、この館跡、はじめて知りました。

江戸に入っての創建らしいですが、この何ともいい感じに荒廃した様子が、たまらないですね。ぜひ訪問したい。

私は、山城好きながら、山登りが殊のほか大きっらいです。
いつか、らんまる様に、上田・小諸・青木・坂城・会田・松代・・・・、いや信州すべての城郭についてご教示を得ながら、一杯交わしたいものですv-8

大垂水 #- | URL | 2012/04/22 21:07 * edit *

Re: 大垂水様へ

マサハレ様、コメントありがとうございます。

小生もお酒とおなごは好きですが、山登りは苦手ですね(笑)
比高300mを超す山城などは黙々と登り続ける先に何を期待しているのか?、時として自暴自棄になりそうですわ(爆)

生まれ育った信濃の城館を紹介することが、故郷への恩返しのような自惚れになりつつありますが、貴殿のHPに出逢わなければ、このような所業を始める事も無かったのだと思っています。

信濃にお越しの際は是非お声を掛けてくださいませ。
声無き古の城館とともに、過ぎし物語を語り尽くそうではありませんか。

らんまる #- | URL | 2012/04/22 21:29 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/04/23 19:30 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/04/23 19:58 * edit *

Re:丸馬出様

自分がもし買主だったと想像すると、江戸時代の建物すべてをそのままで残しておいて別荘にしたでしょう。
(といっても維持費が大変でございます)
で、上田市の税金で買い取らせる・・・今時不動産売買じゃ儲からないかなー(笑)

らんまる #- | URL | 2012/04/23 20:29 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

なるほど、然らば矢沢御殿を再現し、矢沢城を中世の城郭で再興して「矢沢江戸村」として宣伝するのは如何なものでしょうか(笑)
恐らく物好きがたまに見学に来る程度で大赤字かと…(爆)

小諸でも上田でも仙石さんは評判良くないんですよね。
出石にいっても騒動起こしてるし・・・(汗)

らんまる #- | URL | 2012/04/23 20:38 * edit *

あおれんじゃあ様へ

こちらをお借りして、アスパラのおいしい食べ方を
ご紹介させていただきます。
ご存知でしたら平にご容赦を

ゆでたアスパラ(太いのがいいです)を
魚のグリルで両面焦がして
塩をかけて食べるとおいしいです。
太いのは筋っぽくていまいちなのですが
この食べ方ですと美味しくいただけます。
(ああアスパラ食べたいw)

丸馬出 #- | URL | 2012/04/24 07:33 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/278-8ecf0d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top