らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1123

富士見城(小諸市)  

★たくさんの石積みを利用した謎の城★

こんにちは。
この季節の山城探訪は紅葉で景色も良いのですが、やはり危険とは隣り合わせでございます。

バルーン06
↑生きて戻れたらクマの情報提供が出来るのでしょうネ(笑)

◆天気の良い日は富士山が見れる?◆

鎌倉時代に地元の豪族大井氏が築城したという別名「大室城」
現在では小諸市の市民の憩いの公園として整備されて、山城の構造を勉強するにはお勧めです
大室2 (14)

近くには山本勘助が築城した有名な小諸城があり、戦国時代の経歴はあまりはっきりしないようです。おそらく小諸城の支城として機能していたと思われます。

大室2 (8)
本郭跡に立つ物見櫓

第一次上田合戦には徳川方の武将柴田康忠が入城し陣城として守備したと伝えられています。

大室2 (18)
本郭跡から上田市方面を望む。良く晴れた日には富士山が見える事が名前の由来とか

徳川時代に改修されたものか、郭にはたくさんの石積みが使用されています。
果たしてどこまでが当時のものかは定かではありませんが、信濃地方の山城でこれだけ多くの石積みを多用しているのは珍しい。

大室2 (5)
見事な石積み群

大室2 (7)
信州の山城の特徴である段郭(腰郭)

この日も小学生のグループがハイキングに来ていました。
簡単に登れて貴重な遺構がよくわかる山城としては、歴史云々抜きでもお勧めですネ。

大室2 (3)
富士見城全景。隣りには小諸高原美術館があります

攻城日:2009年5月2日
見どころ:石積み、堀切、土塁
お勧め度:★★★
難易度:小諸高原美術館駐車場から徒歩5分 ビギナーでもOK
スポンサーサイト

Posted on 2009/11/23 Mon. 11:43 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 哄(わら)う合戦屋  |  海津城(長野市) »

コメント

こんばんは。

明日、ここに行ってみようと思って、らんまるさまの所を覗きに来ました。
今日、高原美術館に初めて行きましたが、ものすごい絶景ですね!
感激しました。
明日は友人が来るので、ここからの眺望を堪能してもらいたいと思って案内してみます。
ビギナーOKの富士見城、私でも石垣にちゃんと行き当たるかな。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2014/10/18 20:22 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

ずいぶん昔のテキトーな記事をご覧頂き恐縮です・・(汗)
先月中旬に訪れた時は南側の壁面が藪だらけで手入れがされておらず石積みの壁を見れませんでしたが、展望台のある主郭から西側の郭にかけての石積みはいつみても溜め息モノなので、是非ご覧ください。
一部崩れてしまってバリケードがしてありますが、文化財の保護に関心の低い小諸市だけにちゃんと復元してくれるのか心配ですネ・・(笑)

らんまる #- | URL | 2014/10/19 06:39 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/28-b517e376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top