らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0516

洗馬城(上田市 リバイス)  

◆恐ろしく深い天然の堀切で守られた砦城◆

やはり城跡は何度か訪れて見る事で新たな発見があるというのは真実であろう。

「またリバイス記事かい!!」

しばしお付き合い願いたいのは洗馬城(せばじょう)。

しかし、ネタも尽きてきたというのが本音かもしれない・・・(笑)

洗馬城② (1)
入り口から登ると尾根を切岸とした平坦地が続く。


洗馬城見取図②
今回は「大変良く出来ました」というハンコウが貰えそうな縄張図(笑)


この城は、このあたりを支配した洗馬氏(せばし 千葉氏とも)が築城し村上軍の攻撃で落城したとするのが通説らしいが確かな伝承はなく、真田氏の祖先が築いたのではないかという説もある。

対岸に根古屋城、東側の沢を挟み尾引城があるので、松代街道を押さえる要害であったことは間違いの無いところだが、城の出自ははっきりしない。

洗馬城② (2)
城域の入り口は巾3m程度の堀切がある。東尾根側のが長く30mの竪掘となる。


ここから7段~8段の腰郭が尾根伝いに築かれているが、それぞれの郭の面積は狭い。

洗馬城② (7)
喘ぐような急坂には数段の郭を構えている。

最後の城域へは二重の堀切がガードしている。

城の背後ではなく前面にこのような防御を施しているのは珍しいし、今回の新たな発見でもある。

洗馬城② (13)
比高の緩い大手筋からの敵を意識した防御としか思えない二重堀切。

洗馬城② (11)
堀切㋑も東側の斜面に竪掘として30mは続いている。

初心者には赦される見落としも、二度目の攻城戦では許されないので、節穴のような目を皿のようにして観察する。傍から見たら重度の奇行オヤジに違いない‥‥(爆)


洗馬城② (15)
郭4.8×8の広さ。山裾を迂回し西の尾根に続く通路がある。

洗馬城② (16)
馬出しのような段郭を持つ郭3。ちょっと狭いかナー(汗)


洗馬城② (19)
郭2と本郭の切岸。直通している道は後日に改変されたもので往時は東側か北側に虎口があったのだろう。

尾根筋に造られた厳重な防御体制を感じる事が出来る。

堀切㋑で滞留する敵に対する殲滅の意思が感じられる。


洗馬城② (22)
本郭を取り巻く石積み。往時のものか判断は難しい。

洗馬城② (25)
瓢箪形の本郭。東側が虎口と見るべきであろうか?

洗馬城② (29)
本郭西側には高土塁の跡がある。何故西なのか?弱点は大手道と東側のはずなのだが・・・・(汗)


ここで、過去の攻城戦を悔い改める事態を目の当たりにしたのである。

この城の大堀切と信じて止まなかった北西の壁面は、天然の沢だったのである。

洗馬城② (38)
「ええい、真田に騙された・・・・」見事な天然の堀切(沢)

深さ10m以上はあろうか。西の渓谷に見事な沢を作り天然の竪掘となって落ちている。

洗馬城② (43)
沢から見上げる本郭。あたかも独立峰の城跡のようだ。


地形図を見ると、本郭からは北と北西に峰が続いているのだが、現地は雄山そのもののである。


洗馬城② (34)
北尾根を遮断する堀切㋕。


洗馬城② (45)
沢から一段上がった北西の尾根の堀切㋒。三本の堀切を入れる念の入れようである。

洗馬城② (46)
堀切㋓は北側へ落としている。

洗馬城② (49)
最終の堀切㋔。


オーソドックスな手法の山城であるが、天然の沢を基軸にした匠な作りである。

この城だけでの籠城は無意味であり、根古屋城と尾引城の後詰を意識した魔のトライアングルと云うべき戦法での縄張りであろう。

三つの城を同時進行で攻城しなければ、攻城軍の苦戦は予想以上だと思われる。

洗馬城② (55)

洗馬城② (57)


クモの巣のように張り巡らされた真田の山城ネットワーク。

少人数で守る事を前提で作られた諸城は、恐るべき防御を鏤めた危険な罠である。

そして、何度か訪れなければ解き明かす事の出来ない仕掛けを持つ砦群でもあるのだ。

洗馬城② (58)


≪洗馬城≫ (せばじょう 古城、堀の内城、城の山)

標高:800.8m 比高:105m
築城年代:不明
築城・居住者:真田氏
場所:上田市真田町傍陽字表
攻城日:2012年5月5日 (初回訪問:2008年5月) 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:15分
見どころ:堀切、土塁、石積み
その他:真田山城ネットワークを全て訪問してみていただきたい。
参考文献:「図解山城探訪 第三集 上田小県資料編 宮坂武男著」























スポンサーサイト

Posted on 2012/05/16 Wed. 23:30 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 荒砥城の支城攻防戦(千曲市 予告編)  |  天白城(上田市 リバイス) »

コメント

あそこ沢?

もう8年ほど前に行ったきりで記憶があいまいです。
あの本郭北西側、沢ですか?
確かにめちゃくちゃ深く降りるのが大変でしたが・・・
自然地形を利用して拡張したようにも思えます。
ところで、対岸の根古屋城、2城ペアで街道を抑えたんでしょうが、
片や石垣がバンバンあるのに、ここは曖昧。
全然違うイメージです。
築城時期が違うのか、施工者が違うのか?
どうなんでしょうね。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/05/17 20:10 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

師匠、小生も疑いの念を持ち「沢」を辿ったのですが天然の造作物でございました。

恐らく戦国末期までは機能していたものの、比高が低く強引に攻められたら持ちそうにありません(汗)
見晴らしも良くないので根古屋城・あ尾引城と長尾城を強化することで連携していたと思われます。

made in真田の城としては防御も緩く、名誉職程度の城として残されたのでしょうか(笑)

らんまる #- | URL | 2012/05/17 20:32 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/291-9c155f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top