らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0521

證城 山小屋(千曲市)  

◆勘違いは新たな遺跡の発見だったのか??◆

事前の資料など何も無く「證城(しょうじょう)」目指して突撃したは良いけれど、あの場所を證城と特定して良いものか自宅へ戻り調べてみた。

どうやら地形図を読み間違えたらしく、やはり正城山の頂上893mが正解らしい。

あと比高差で100m登らなければいけなかったのだが、手前の石積みが遺構の残る場所に囚われてしまい、最終確認を怠るという失態となる(悔)

なので現在自宅謹慎中である‥‥(笑)

荒砥城2 (44)

そういえば「長野郷土史研究会機関誌 長野 第110号」で井原 今朝男氏が證城について一部触れていた記事があったのを思いだして、小生の描いた縄張図と比較すると「なんか違うなあー」(笑)

證城 (2)
間違いの発端となった総石積みの竪穴。穴の底まで石組で出来ている。

周囲には崩れた石積みが散乱し郭だったと思われる(あくまで推定です)

烽火台という先入観念があったが、どうみても防御性を高めた逃げ込みの為の小屋とも見える。

縄張図を描くと以下のようになる。

證城山小屋見取図

前出の井原氏によれば、證城の烽火台は5×23で周囲が石積みで囲われ、内部には石組があるという。

その石組がどのようなものかで、この小屋の使用条件が探れそうだが、次回のお楽しみになってしまった(笑)

證城 (3)

893m地点にある證城も、100m下のこの場所も烽火台としては申し分無い位置にある。

城域の北側には塹壕のような竪掘の跡も確認出来る。

證城 (9)

果たして未発見の遺構であろうか。

「証城 山小屋」と勝手に名付けておいたが…(爆)

狐かタヌキに騙されたとしたら悲しすぎるゾ!!(笑)

更に奥へ進み防御施設を探すが何も無く、見通しの良い尾根まで行きながら、その先にあったのが正真正銘の證城だとは夢にも思わなかったのである・・・(爆)

落胆著しく、しばらく登る気にもなれないので、真実は秋の再攻撃で解き明かすとしよう。

證城 (1)
郭の南側にも石積みが周回していたのであろう。


≪證城 山小屋≫ (しょうじょう やまごや) ※推定

標高:820m 比高:208m(荒砥小城より)
築城年代:不明
築城・居住者:山田氏、屋代氏
場所:千曲市上山田温泉若宮
攻城日:2012年5月17日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:40分(荒砥城駐車場より)
見どころ:堀切、土塁、石積み、謎の石組竪穴3基
その他:
参考文献:「長野郷土史研究会機関誌 長野 第110号」











スポンサーサイト

Posted on 2012/05/21 Mon. 00:00 [edit]

CM: 11
TB: 0

« 奔る合戦屋  |  荒砥小城・若宮入山城(千曲市) »

コメント

竪穴は・・・

なぞの竪穴は
竪穴式古墳の石室では・・・・。
壊しちゃったんでしょうかねえ

丸馬出 #- | URL | 2012/05/21 07:38 * edit *

Re:丸馬出様

なるほどねえ~、云われてみれば古墳があってもおかしくない場所ですわ。
古墳を壊して烽火台の郭の石積にすれば、石切り場から運ぶ手間も省けるって訳だ・・・(笑)
そんな事するから二度も落城したのかなあー(汗)

らんまる #- | URL | 2012/05/21 12:37 * edit *

次回楽しみにしています。

こんにちは、確かにそんな遺構ありましたね・・・なにも考えていませんでした。
写真はあるんですけど・・素人はダメですね (-_-メ)
そこは小屋だったんですかね~?
昔に山火事があったらしいですねあの場所周辺・・だから荒れていたんですね。
あのいばらの山・・・もう行きたくない・・・。
自分のアップは松本周辺から書いているので何年後になるか分かりませんので
らんまるさんの証城楽しみにしています。頑張ってください。
そういえば。中世城郭研究会の中世城郭研究の25号に三島さんによる証城の縄張り図と
研究成果が載せられていましたね。
三島さんの研究は毎回素晴らしいのですが・・・地元研究者が主体で研究が進めばいいのですが・・・少し悔しい感じがします。

ていぴす #- | URL | 2012/05/21 18:15 * edit *

石室かい?

けったいなものがありますなあ。
天城城の本郭にもありましたなあ。
あれは間違いなく古墳だそうですが。
吉窪城にもヘンテコな石室がありましたなあ。
ドーナツ状になっていたけど。
こういうの、古墳でなければ、何に使ったんでしょうねえ。
水場じゃないでしょうけど、蔵なのか、防空壕であるわけないし・・
やはり、茅葺で冬場を考慮した耐寒施設じゃないかなあ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/05/21 19:55 * edit *

やはり

みなさま、興味がある資料は同じようですねw
宮坂さん、三島さんの縄張り図は素晴らしいですし
甲州流の城が多いのも馬場美濃守ファンとしては助かります。
他にも藤井さん、橋場さん、河合さん、西股さん、武田さんの記事は
新しい視点で書かれていることが多いので
勉強になりますよねえ

丸馬出 #- | URL | 2012/05/21 20:27 * edit *

Re:ていぴす様へ

コメントありがとうございます。
今思えば、真面目に破壊された古墳を調査していたわけで・・・(笑)

まあ、城跡は二度三度と訪れないといけませんわ(爆)

貴殿のおっしゃる通り、長野県は中世城郭の調査がだいぶ遅れていますねえ。
住んでる住人も無頓着すぎるようで。

他府県の方のが信州の城跡に詳しいとは情けない限りでございます。
リベンジが得意な小生ですので、藪を掻き分けてでも汚名挽回するつもりです‥‥(汗)

らんまる #- | URL | 2012/05/21 20:35 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

師匠、冷静に考えれば確かに古墳の石室ですねえ~(笑)

真面目に古墳の調査をしていたとは「片腹痛いわー」このことです(汗)
信州の城跡には何故か古墳がつきものという定石を忘れてました‥‥。

まあ無理に山小屋として考えれば攻城軍の乱暴狼藉を避けるためにこの場所に逃げ込み、女子供を匿ったと見るべきでしょうか。それにしても狭すぎですね(爆)
いつになるか分かりませんが、リベンジしてちゃんと証城を掲載したいと思っております。

らんまる #- | URL | 2012/05/21 20:43 * edit *

らんまるさま、こんばんは。

更新お疲れ様です!

なるほど、どうも古墳の遺構ということみたいですね。
しかし、なんであんな山奥にお墓を作ったんですかね、信州の先祖たちは。。。

私なんか、尼厳城の裏山を登ったとき、現代の「炭焼き」の石組みを見て、「遺構だ!」と興奮するくらい鋭敏さが無いので、何とも判断しがたいですね。

なぜ、あのような峻険で狭隘な場所が墓所に選ばれたのか?それを検討するのも意義無しとは言えないのかも知れません。

大垂水 #- | URL | 2012/05/21 21:31 * edit *

Re: 大垂水様へ

コメントありがとうございます。

「クライマーズ・ハイ」ならぬ「城跡`S・ハイ」とはこういうことでしょう(笑)
北信濃の山城は古墳が築かれた山とカブっているという事実を忘れてました‥‥(汗)

トーシロに毛が生えた程度の小生の知識では更埴・長野の諸城はハードルが高いと云う事を身を持って体験させていただきました。
思えば青木村の黒丸城も松代の清滝城もリベンジした経験があるので、「このままでは終われない」と思っております。
間髪入れず攻城の軍を起こす・・・信玄公の教えですネ。

いましばらくの猶予をくだされ…(爆)

らんまる #- | URL | 2012/05/21 21:50 * edit *

古墳ですが

屋代の辺りは古墳時代から栄えていたようで
尾根には古墳が結構あるようです。
うろ覚えなのですが、
自分の領地が見える場所につくられたようですので
(お城と場所がかぶってしまう訳ですねw)
古墳だとすると、葬られた主は稲荷山から上山田にかけて
勢力を持っていた豪族といったとこでしょうか。
それと、
横堀の後は古墳を迂回する尾根道の跡のような
感じを受けますので、築城の際に壊されたというより
盗掘で壊されてしまったのかもしれませんねえ

丸馬出 #- | URL | 2012/05/22 07:42 * edit *

Re:丸馬出様

ご教示ありがとうございます。

「古墳壊すなよなー」って感じです(笑)

旧坂北村(現在の筑北村)の安坂城などは古墳を破壊して造った見事な山城です。
なので落城してしまったようです。
太古の眠りを妨げるとツタンカーメンの呪いのようなものがあったのかもしれませんネ(汗)

らんまる #- | URL | 2012/05/22 20:02 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/294-0ef43937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top