らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0610

木曾殿屋敷(長野市)  

◆朝日山=朝日将軍=木曾義仲という安直な発想?◆

貴族や皇族の「番犬」という低い地位にあった武士という身分を引き上げた平氏の功績は素晴らしい。

しかし、受信料を返せとは言わないが、某国営放送の「平清盛」は一度も見たことが無い(笑)

何をどう間違えたか分からないが、武家の将来のビジョンが描けず自暴自棄になった清盛は皇族になろうとしたのである。

その後、奢る平家を打倒し、武家政権を確立するために遁走した第一走者の源義仲(木曾義仲)は、紛れも無く先頭ランナーの責務を果たしたのだが、後世の評判は酷いもので「信州の田舎侍(いも侍)」である‥‥(汗)

小柴見城 (38)
木曾殿屋敷跡。生憎の雨と強風だったがロケーションは素晴らしい。

そうは云っても義仲公は信州を代表するヒーローである。

彼が関連したという伝承を持つ場所は県内にも多くあり、この屋敷跡も木曾殿屋敷と呼ばれている。

長野縣町村誌の安茂里村の項には以下のような記載がある。


【朝日氏邸址】

本村の東北の方字木曾殿屋敷地にあり。東西二十間、南北二十六間、現今民有畑に属せり。里俗傳に古時年暦不詳、鎌倉府の時 志水冠者義高の舎弟某本村に潜居し、其裔朝日右近村上氏に属すと云ふ。
一に甲越戦争の頃、小柴見宮内子朝日右近あり、里老の口碑に、本村の内平柴を領すと云ふ。事跡不詳。

木曾殿屋敷縄張図

場所は小柴見城と大黒山城の中間地点で、諏訪神社の南下を東へ入ったところにあり現在はりんご畑である。
現在も井戸があり、建物の土台礎石も発見されているので、屋敷跡には間違いないようだ。

小柴見城 (39)

朝日将軍義仲との関わりは不明だが、それなりの人物の邸宅または南北朝時代には小笠原政康の守護所があったと思われ、見晴らしも最高である。

どうしても旭山城ばかりが目立ってしまうが、旭山の城館である小柴見城、木曽殿屋敷、大黒山城もこの山における主要な軍事施設だった事は記憶に留めておきたい。(ってか残り二つの場所の記事はいつ書くの?‥笑)


≪木曾殿屋敷≫ (きそどのやしき 朝日氏邸)

標高:490m 比高:150m(小柴見集会所より)
築城年代:不明
築城・居住者:小柴見氏
場所:長野市平柴
攻城日:2012年6月9日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:0分 (道が狭いので路駐厳禁、神社の駐車場をお借りしよう)
見どころ:見晴らし
その他:りんご畑は許可無く入らないように。
参考文献:長野縣町村誌、長野郷土史研究会機関誌長野第110号

葛山城跡 025
葛山城から見た旭山城。まあ、有名な城跡はそのうちアップします‥‥(笑)

スポンサーサイト

Posted on 2012/06/10 Sun. 15:00 [edit]

CM: 10
TB: 0

« 城攻めの前の下調べ  |  小柴見城(長野市 安茂里) »

コメント

らんまるさま、ごぶさたしています!

相変わらずのご活躍、楽しく拝見しています。
長野周辺に進軍されたのですね(^^


され、わたくしごとですが、この度、千葉→埼玉に引っ越すことになりました。

新築の一戸建てを売却しての遷都です・・・。

しばらくバタバタしますが、貴ブログはくまなくチェックしていく所存です!

大垂水 #- | URL | 2012/06/10 20:35 * edit *

Re: 大垂水様へ

そうでしたか、貴殿の愛してやまない信州が近くなり何よりでございます。

その若さで一国一城をお持ちだったとは、さすがでございます。
小生などまだ八年ほどローンが残っているのでしっかり下働きせねば流浪の民となりまする・・(笑)

ネタ切れ覚悟で夏場は戦線を縮小しようと思っています。
草茫々、藪茫々の城跡では小生も納得のゆく城攻めにはならないし満足できる縄張図も描けない気がします。

武者修行も兼ねて近隣諸国へ漫遊の旅も良いかと思っておる昨今でございます。

らんまる #- | URL | 2012/06/10 21:43 * edit *

川の反対には

ネタの先取りになってしまったらスイマセン
善光寺の裏には
頼朝山という山がありますが
不思議ですねえ。

丸馬出 #- | URL | 2012/06/11 08:20 * edit *

お城もオフシーズンですね。

こんにちは、いつもながら参考になる記事で楽しく拝見させてもらっています。
木曽殿屋敷の奥にある大黒山城ですが、すぐ下にある長者屋敷との関係が
どうなっていたんでしょうね。
「信濃」では長者が居たことになっていましたが・・井戸も残っていますし、
大黒山城の一部でしょうか?
それと、小柴見氏(だったけかな?)の館跡が小柴見城の下にあったらしい
のですが、どこにあるかご存じですか?
調べてもよくわからなかったのでご存じでしたらご教授下さい。
長々とすみません。。。。次回の記事も楽しみにしております。(#^.^#)

ていぴす #- | URL | 2012/06/11 19:09 * edit *

Re:丸馬出様

頼朝さんが善光寺の為に寄進した山でございますか。
葛山城の砦だったらしいですね。

もう一度ここから攻め上がるというのも考え中ですが、夏場は悲惨なので止めておきましょう(笑)

らんまる #- | URL | 2012/06/11 20:56 * edit *

Re:ていぴす様へ

いえいえこちらこそ毎回訳の分らぬコメントを投稿してしまい、ご迷惑をおかけしておりまする(笑)
夏場の攻城戦は体力の消耗ばかりで得るものはあまりありませんネ(爆)

しかし貴殿も良くご存知ですなあー。
毛の生えたような知識の小生では満足な回答も出来ませんわ(汗)

大黒山の東側には近年まで妻科まで通る道があり重要な生活道路だったようです。
長者屋敷は大黒山城と城館一体型の中世遺跡と見れるのかも知れませんね。堀切一条しか無いので改修されたとは言い難いのですが、武田軍の支援部隊が駐留するには絶好の位置にあったとも見受けられます。

小柴見氏の城館については長野県町村誌にその記述は無く、木曾殿屋敷にその名が僅かに記載されていますが屋敷の下に詰城があるとは考えられないので平柴台あたりでしょうか?
小田切氏の館跡はちゃんと記載されているのに・・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2012/06/11 21:39 * edit *

眺めがいいですね。

家を建てるなら、眺めがよくて日当たりがよくてサイコーの場所ですね。
こんな場所に家があったらストレスはすくないでしょう・・って、木曽殿が思ったかは知りませんが。
しかし、こじつけもここまでくると、立派です。
多分、100%近く事実じゃないでしょうけど。
木曽義仲に対する信州人の特別な思いを感じます。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/06/12 22:34 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

訪問するたびに思うのですが、旭山の南東の山麓に展開する斜面には「これでもか!」というくらい住宅地が密集していて不思議に思います。
木曾殿屋敷は立地条件、広さとも申し分無いのですが、固定資産税が高そうです(笑)
しかし交通の便は悪い…(汗)
義仲に対する思いは義経に対する判官贔屓と同じですね。二人とも頼朝に踊らされてお立ち台から転落しちゃいましたし・・・。

らんまる #- | URL | 2012/06/13 07:21 * edit *

小柴見城?!

初めまして。

平柴、小柴見に住んでおりました。

なぬ~?木曽殿のお屋敷跡だったんですか?(o゚Д゚ノ)ノ

お屋敷跡の辺りにお堂だか祠がありませんでしたっけ?
お寺から斜めに下り石仏が幾つかあり
たしかあの辺にあったような、、、

平柴育成会主催の地域史勉強会で当時小学生の息子達とあの辺りを走り回りました。
資料、取っとくんだった~!


小柴見城は知ってるお宅の畑です。
平柴は地区の登り口にある地図看板に薄くなっていますが名所、旧跡が見られます。

残念ながら小柴見地区は平柴の様な活動が全く無い為、歴史が分かりませんでした。

地区の歴史勉強会等ありましたら私も参加してみます。









かでる #yjwl.vYI | URL | 2016/09/14 17:53 * edit *

Re: かでる様へ

コメントありがとうございます。

毎回思うのですが、あの狭い道の両サイドに「これでもか!」と所狭しに民家が密集する地域の逞しさには脱帽です・・(笑)
対向車とのすれ違いにドキドキしながら旭山城に何度通ったことか・・・(汗)

信濃には木曽義仲に関する伝説の史蹟が数多く存在しますが、ほとんどが眉唾ものでしょうネ。
ここの木曽殿屋敷も義仲の息子の義高の弟が隠れ住んだと伝わるものの、伝説の域を出ません。なんせ800年以上も前の話なので、色々と誇張したり脚色されたり創造されたりは当たり前ですもの(笑)

地元の歴史に少しでも興味を持たれる方が増えるのは嬉しい事です。
真田丸効果で小学生の戦国マニアも覚醒し増殖していると聞き及びます。最近は長野県でも近隣の県でも著名な歴史学者や考古学者の講演会があるので是非積極的に参加をお願いします。

これからも宜しくお願いしますw

らんまる #- | URL | 2016/09/14 20:38 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/303-91007856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top