らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0719

吉窪城(長野市 塩生)  

◆摩訶不思議な幾何学模様の縄張りを施した城◆

記念すべき「更埴・長野編」の50番目の城は吉窪城(よしくぼじょう)と決め、よせばいいのに真夏の攻城戦を開始する(笑)

川中島に勢力を持っていた小田切城館シリーズの最終章である。(小松原城は宿題として残してあるが・・・)

吉窪城 (1)

長野市から国道19号線を犀川方面に進み、東京電力小田切ダム手前にある「両郡橋」の交差点を吉窪本郷の看板に従い右折していく。
曲がりくねった狭い舗装路を登りきると吉窪集落があり西明寺のある場所の手前が城跡への入り口になる。

何の標識もないので、案の定通り過ぎてしまい、道路脇で作業していた地元の方に道をお聞きして引き返す(爆)

集落からは林道伝いに城の大手口まで行けるが、乗用車は難しいだろう。あおれんじゃあ様はハイエースで強行突破したらしいが、猪武者であれば可能かもしれない・・・流石は藪レンジャーの面目躍如という事であろうか・・・(汗)

吉窪城 (4)
登城口の周辺は古墳群が密集している。写真は2号古墳。


いつもはここからがむしゃらに攻城開始のはずだが、重たい空気を感じた。

集落から登る林道の脇にあった数々の夥しい墓石群、そして登り口の古墳周辺も墓ばかりである。

先日、小田切駿河守幸長公の墓所にお参りしているし、「気のせいだろう」と思いつつ戦闘開始。


吉窪城 (5)
地元の方により整備された遊歩道。

吉窪城 (6)
北斜面を長大に防御している竪堀㋒。


北信濃にはいわゆる「雄山(おすやま)」と呼ばれる独立峰の山城が多い。割ヶ岳城、旭山城、大峰山城、葛山城、清滝城などがその例であろうか。
吉窪城も富士山形を容姿とした独立系の美しい山の頂きにある山城である。(標高619m)

さぞかしこれらの諸城に似た縄張りかと思いきや、その不可解な全容に考え込んでしまった。

吉窪城縄張図②

実はこの縄張図何度も書き直している。唯一この城の鳥瞰図を掲載している「北緯36度付近の中世城郭」の管理人あおれんじゃあ殿の記事も参考にしているのだが、全く自信が無い。

中央部分を石積み仕様の高土塁で迫り上げて五つの分譲地を作り、大手口に当たる飯縄稲荷社のある郭を本郭として入口にあたる郭5には虎口と横堀が厳重な防御を敷いている。

吉窪城 (14)
稲荷社の石段は後世のものなので、石段を左に抜けると虎口に至る。


本郭跡は神社の造営によりかなり改変されている。抜け穴と呼ばれる井戸跡らしきものがあるが、搦め手の東方面へ掘られた緊急脱出用の坑道があったのだろうか?

吉窪城 (17)
背後の高土塁まで二段の平削地となる本郭。

吉窪城 (28)
石塁で構築された主郭背後の高土塁。


もともと古墳があった場所と推定され、石塁は古墳を破壊して使用したものだろう。
北信濃地方の城跡は古墳を利用した山城が数多く見受けられるが、この城も古代の呪縛から解き放たれて材料を古墳に求めたらしい。

吉窪城 (29)
土塁にある三角点。


全く理解に苦しんだのが、「石室」と呼ばれる北東の場所である。
古墳を破壊して横堀に造成したのであろうか?敵を誘い込む囮の郭に見たてようとしたのであろうか??


吉窪城 (39)

吉窪城 (40)
浮島のように施された意味不明の石塁。古墳の遺構を利用する意図は感じられる。


吉窪城 (41)
凸凹の地形にその意味を見出すのは百戦錬磨のらんまるも降参である(笑)


この城の実質上の最終城主は小田切駿河守幸長である。

独特な縄張りは幾何学的でもあり、未調査の対岸にある小松原城も似たような遺構を持つと云う。

弘治三年(1557)二月、休戦協定を破った武田方の馬場美濃守信春は落合備中守の守る葛山城を六千の軍勢で急襲する。援軍として籠城していた小田切駿河守も支えきれずに討死したという。

吉窪城を守っていた息子の民部少輔は葛山城落城の報を聞き城を捨て逃げ、吉窪城は自落したという。


親父が義に殉じる厚い心を持っていたのに、その子はこの体たらくである・・・(汗)
戦国の習いにしては、ちと寂しすぎると思うが・・・(笑)


吉窪城 (38)
郭4は5mも低い場所にある。ここから搦め手に逃げ落ちるルートが存在したらしい。


城跡の調査中はずっと重たい妙な気が支配していた。

ホントは逃げたかったのだが、解明の手掛かりが見つかるまで我慢しようと思ったがヤバかったのである(汗)

写真データの半分は消失していることに後で気づいた。

過疎化と住民の高齢化により城跡は荒れ放題で祖先の墓所すら藪だらけである。

何かを伝えてほしかったのだろうか・・・。


吉窪城 (47)
吉窪城への登り口。


≪吉窪城≫ (よしくぼじょう)

標高:619.2m  比高:80m(西明寺より)
築城年代:不明
築城・居住者:小田切氏
場所:長野市塩生甲吉窪城山
攻城日:2012年7月15日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:10分
見どころ:竪堀、郭群、石塁、横堀
その他:近くに小市城(小田切居館跡)、小松原城
参考文献:「続 山城紀行」


吉窪城 (49)
吉窪集落の南側より見た吉窪城。















スポンサーサイト

Posted on 2012/07/19 Thu. 22:19 [edit]

CM: 7
TB: 0

« 清長寺青柳氏居館(東筑摩郡筑北村青柳)  |  佐野城(千曲市 桑原) »

コメント

懐かしかあ

だいたいこんな城を大型ワンボックスで攻撃すること自体無謀に極み。
1枚目の写真に写る木の裏側でスタックし、枝を敷き詰めて脱出しましたわ。
苦い思い出です。
しかし、ヘンテコな城です。
あの石室、いまだに理解不能。
小松原城もそうだけど、小田切さんの城、珍品ばかり・・。
そこに行く人間も似たようなもんかもしれませんが。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/07/19 23:39 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

師匠、やはり独創的な縄張りを持つお城でしたネ。
そんな場所にハイエースという鉄の巨馬で攻め登る方々も充分に奇想天外な方々でございます(笑)

それにしても小市の城館からは遠いし富士ノ塔山砦経由で葛山城への後詰も難しい位置です。
迫りくる馬場さんの軍を一時的に足止めするくらいなら出来たでしょうか?
せっかく抜け穴作ったんですから一度ぐらいは使用しないと・・・(汗)

らんまる #- | URL | 2012/07/20 07:33 * edit *

分析してみました

難解な城ですね、縄張りを解読してみましたので
案の一つとして
加えていただければと思うのですが
ご参考にしていただければ幸いです。

まず、セオリーどおり郭1から郭2に敵を導入して
持ちこたえられなくなったら
郭4から退却という縄張りだと思うのですが
例の石室の堀ですが、実は重要な働きをしていて
障子堀のように、敵の進行速度(衝力)を低下させ
郭2(おそらく本郭では)と高土塁上からの射撃で
殲滅させる空間(キルゾーン)だったのではないでしょうか。
また、郭3については、郭1に侵入した敵の背後を突く
武者溜だったのではないかなあという感じです。
とまあこんな感じなのですが、
大手道と搦手道がはっきりしているのが
せめてもの救いですかねえ
(なければ難解すぎておてあげでしたwww)


丸馬出 #- | URL | 2012/07/21 12:43 * edit *

Re:丸馬出様へ

いつもコメントありがとうございます。

梯子状の単郭が連続する雌山と違い、難解な縄張りを持つ独特な小田切さんならではの思考ですね。
ゲリラ戦法でも用いない限り大手口から攻めるのが正攻法ですが、相当な犠牲は覚悟しないと難しいでしょう。
室町期における初期様式である腰郭や段郭がほとんど見られないので、戦国時代の初めに築城されたと思います。付近にある七二会の萩野城が逃げ込み城だったのに対して、吉窪城は戦闘用の城として作られたように感じました。小田切氏衰退後は再利用されることなく廃城になったのでしょう。

らんまる #- | URL | 2012/07/21 20:13 * edit *

連コメスイマセン

見落としていた点がたったので連コメで
スイマセン。

大手ですが、神社の石段がそのまま大手でないと
私の妄想は成り立ちませんので
大手は神社の石段で
1郭→5郭→2郭の敵を導入していたということで
妄想したのですが、そうすると5郭の虎口の意味が
問題になるのですが、大手口を攻める敵の側面を
攻撃する部隊の出撃用の虎口
ということになってしまうのですが
そうなりますと陣前戦闘を想定したかなり戦闘的な
城になってしまうので、私の妄想ははずれかなあ
という気がしてきました。(汗

丸馬出 #- | URL | 2012/07/21 21:41 * edit *

Re:丸馬出様へ

コメントいつもありがとうございます。

蒸し暑くビミョーな何かを背中に感じながら石室の脇で考え込んでいたのですが、答えなどありませんでした(笑)
人それぞれの思い入れと妄想があって然るべきかと存じます。
現地を見ても未完成の城だったように思われます。

らんまる #- | URL | 2012/07/22 09:31 * edit *

分析を修正したので載せさせてください。
いや~お恥ずかしい限りです。

基本の戦術は、大手より郭5の虎口から郭2に敵を導入して
郭2の敵を高土塁上からの射撃で殲滅させる
思想だったのではないでしょうか。
(石室や石の散乱した堀は障子堀の役目を持っていそうです)
また、郭5から郭1に敵の侵入を許してしまった場合は高土塁上からの
擁護射撃による援護を受けて、郭3、郭4、搦手へと退却する
ような思想ではないかと思われます。そうすると
この城の肝は高土塁ですのでおそらく
高土塁は板塀で囲まれた射撃陣地だったと思われます。
とりあえず、矛盾が生じないのはこんな戦術だと思われます。
連連連コメで本当にスミマセン(笑

#- | URL | 2012/07/22 14:48 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/320-da546944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top