らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1010

遠江~三河へ進軍中③  

◆信濃の山猿道中③◆

普段は粗食の田舎侍なので、何年かぶりの美味しい食べ物は受付けないらしい(笑)

午前中は城三昧というよりはトイレ三昧であった(汗)

家康さんが田中城で「鯛の天ぷら」を食べて寿命を縮めたように、この旅行で寿命が短くなるかもしれない。

この日のスケジュールは弾力的に運用したのだが、相変わらず意味不明な城巡りである(爆)

掛川城⇒小笠山砦⇒横須賀城⇒二俣城⇒鳥羽山城⇒浜松城

掛川城風景①
こんな城に観覧料金を払うのが馬鹿らしくなった職員の対応に呆れた掛川城。掛川市のレベルの低さを疑った。


小笠山砦風景①
高天神城攻め徳川方の六つの陣城の一つ小笠山砦。険しい山の中に横堀を発見したのは嬉しかった。


横須賀城風景①
遠州の横須賀城ストーリー。城跡がキチンと整備されているのには敬服しました。


二俣城風景①
やる気の無いサラリーマンがサボっていた二俣城。この場所で息子を自刃させた家康が見たら怒るだろうナ。


鳥羽山城風景①
二俣城に対する付け城(陣城)だったという鳥羽山城。こんな至近距離で有り得ない話である。


浜松城風景①
出世城の誉れ高き浜松城。出世競争はもうイイや(笑) 切な糞にまみれた家康さんも信玄公は苦手??


その昔、石垣の城に憧れてたのに今は全く駄目ですわ・・・(笑)

小笠山砦の探訪は、信州の山城を懐かしく思って駆け巡っちゃいました・・・・(爆)

田舎のねずみは田舎が最高なんだとよくわかりましたあー。

さて、怒涛の四日目は「西上はまだ夢の途中、野田城」「狭いぞ!長篠城・設楽ヶ原古戦場」でしょうか?

お楽しみに。

スポンサーサイト

Posted on 2012/10/10 Wed. 20:44 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 激戦地 三河へ進軍中④  |  遠江へ進軍中② »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/364-69b7f77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top