らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1016

平瀬山 北の城 (安曇野市豊科・松本市)  

◆幻と終わった平瀬城郭群の本城か?◆

奇妙な城跡である。

まるで造成途中の住宅地が放棄されたような印象を持った。

この場所を探し当てるのも苦労したのだが、宮坂武男氏が「後究に待つ」とした意味も良く分かるのである。

城域は豊科カントリー倶楽部の入口を過ぎてしばらく行った先に「松本市と安曇野市の境界線の看板」があるのでその脇を南の尾根伝いに入ると忽然と現れる。

平瀬山 北の城 見取図①

ゴルフ客で賑わうホール脇の接続道路を何往復しただろうか・・・尾根に突入しては玉砕を繰り返す・・(汗)

さぞかしフェンス越しに見た彼らには不審人物に写ったであろう事は想像に難くない・・(笑)

平瀬山北の城 (3)
道路脇からの接続部分。尾根になるはずの堀切などかけらも無いが、左右が切岸なのが見て取れる。

平瀬山北の城 (5)
郭1。平削も中途半端な印象。

平瀬山北の城 (7)
郭2と郭3の接続部分。処理も造成中という感じである。


後世の耕作地のような印象も受けるが、このあたりは上田小県のように山の斜面に桑畑を開拓した記録は無いので往時の築城跡と見て問題無いと思われる。

平瀬山北の城 (8)
側面に土塁を伴う竪掘㋐。

平瀬山北の城 (14)
尾根を切らずに竪に構えた二重堀切。何の意味があるのか?


鬱蒼とした林の中を彷徨い続けるのだが、曖昧な印象であり、とても完成したものとは思えなかった。

確かに南の尾根伝いには平瀬城があるのだが、その北に位置するこの城は意味不明である。

平瀬山北の城 (12)
平瀬城側の南端の堀切㋓。何をどうしたいのか?


気を取り直して北側に展開する南東の尾根に入る。

もはや藪と蜘蛛巣との格闘戦である(汗)


平瀬山北の城 (16)
堀切㋑。

平瀬山北の城 (23)
郭5。

ここで進退極まった。この先の尾根には複数の郭と堀切が存在するらしいが、藪の先は崖になり比高差もキツイので今回は撤収する事にした。
亀山城と北條城を攻める体力の温存策である。


平瀬山北の城 (24)
この尾根の先に四条の堀切と複数の郭があるらしいが藪のせいにして今回は断念した。


さて、この北の城の築城時期はいつであろうか?

南の尾根に出城を持つ平瀬城は堅固を誇るが、尾根伝いに攻められれば意外と脆く幾重にも堀切を重ねて防御を敷いている。

弱点の尾根の北側に更に増築するという発想は悪くない。武田晴信もわざわざ鍬立てして安曇野攻略の前衛基地にしているし、小笠原長時も一時的に村上義清と深志城奪還の基地にしている。
(まあ、そのあと義清は無断で撤退しているが)


深志城奪還の野望を燃やしていた貞慶さんが改修して拠点にしたことは充分考えられるでしょうね。

深志城に一番近くてまともに機能しそうなのは平瀬城ってことも頷けるし。

図解 山城探訪 第六集 安曇資料編 027
宮坂武男氏の平瀬城砦群の鳥瞰図。(図解山城探訪 第六集 安曇野資料編より)

これだけの大規模な改修工事を地元のプアな土豪が実施するには無理がありますねえ~。

いずれ未調査区域も調べてみたいと思います。

≪平瀬山 北の城≫ (ひらせやま きたのしろ)

標高:798m 比高240m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:安曇野市と松本市の境
攻城日:2012年9月29日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:ゴルフ場より5分。
見どころ:造成途中の城跡。
参考文献:「図解山城探訪 第六集 安曇野資料編 宮坂武男著」





スポンサーサイト

Posted on 2012/10/16 Tue. 21:59 [edit]

CM: 2
TB: 0

« こや城・茶臼山城 (安曇野市明科東川手)  |  翔る合戦屋 »

コメント

造成中?

よく分からん城ですねえ。
築城途中で止めた!って印象もあります。
いずれ、この目で確認せねば。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/10/17 22:37 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

主郭背後がゴルフ場の接続道路で破壊されているので、何とも言いようのない謎の城です。
仰せの通り、途中で放棄された可能性があるようです。
塔ノ原氏や会田氏の攻略拠点として築いた可能性も捨てきれず、塔ノ原氏があっさり降伏したんで造るの止めたんでしょうか?
御出馬お待ちしております(笑)

らんまる #- | URL | 2012/10/18 07:34 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/369-142252e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top