らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1025

朝日山城 (藤枝市仮宿)  

◆古風な中世城郭にミスマッチな巨大空掘の融合◆

田中城の次が何で朝日山城になったのかは不明である。

恐らく近場の城を検索してヒットしたという単純な事だったと思う(笑)

「巨大な竪掘り」のキャッチコピーは「ゴジラ対モスラの逆襲」に通じるものがあるのだろう・・・(汗)

朝日山城(遠州) (2)


バイパス道路工事の影響で迂回に迂回を重ねてようやく城跡の駐車場に辿り着く。

「こんな古風な城跡見る人いるんかいな?」と思ったが、先客二組が下りて来た。

一組目は神社参りの老夫婦で、二組目は小生と同じような城跡探訪組みたいだった。

朝日山城(遠州) (5)
石段、嫌いじゃありませんが、どうせなら藪が好きです(笑)


朝日山城は、源氏の出自である岡部氏が南北朝の頃に築いたという。

その後岡部氏は今川氏の重臣となり、今川氏滅亡後は武田氏に仕え本家である岡部信元は高天神城の最後の城将として後詰め無き籠城戦を耐え、城から打って出て壮絶な討死を遂げ途絶えたと云う。

しかし岡部氏の庶流は徳川氏に仕え、幕末まで家名を存続したらしい。

朝日山城見取図①
神社の設置によりかなり改変されたらしいので、往時を偲んで縄張図を起こしてみた。


連梯式の郭で単純な縄張りだが、最大上巾20mある巨大な竪掘が尾根から裾野に落ちているのは見応えがある。

恐らく竪掘りは防御兼物資の運搬用として併用されたものであろう。現在の参道をそのまま大手道と見るのは無理があると思われる。

朝日山城(遠州) (8)

岡部氏は岡部郷を本拠としていたが、今川家の家臣時代には居館を空ける事が多かったらしく朝日山城も捨て置かれたようである。

朝日山城(遠州) (14)
尾根から見上げる南郭。見張り台としての機能だったと思われる。

朝日山城(遠州) (17)
秀逸の作である鳥瞰図。城館一体型で、出城として「潮城」が描かれている。

後で気がついたのだが、この辺の城の縄張りは尾根先の崖を利用して舟の形にするのが流行りだったのだろうか?

主郭を台地の先に設けて広く削平し、梯子状に郭を連結させて堀切を穿つ・・・。戦闘用というより居住空間を優先しているような作りで興味を引きますね。

朝日山城(遠州) (20)
石段の取り付けにより2,3,4の郭の区画は破壊されたと思われる。


朝日山城(遠州) (22)
神社の本殿辺りが二の郭らしい。

朝日山城(遠州) (23)
主郭跡。(郭1)広さ57×31という標柱の説明書きだが、周囲の回廊(犬走り)を含めているので注意すべし。


薄気味悪い主郭は周囲を低い土塁で囲まれ、切岸を介して一段下に回廊というべき犬走りを配置している。

朝日山城(遠州) (24)


朝日山城(遠州) (34)
石積みらしき跡があるが、後世の神社に関連した建物の石垣が崩れたものであろう。

朝日山城(遠州) (35)
朽ち果てた標柱と社。どこまでを遺構とみるのか疑問である。


山猿的思考で考えると潮山(標高204m)に砦を置かないと戦略的には意味の無い立地である。

早々に捨て置かれたのはその視野の狭い立地条件であることは明らかだと思う。

武田軍が平城である田中城を改修して拡張したのは、地形から見れば自然な成り行きであろう。


朝日山城(遠州) (42)
駐車場付近が大手と考えられ、郭や門があったと想定されている。


この地域における室町時代の城館一体型の遺構を良く遺す場所であり、後世に伝えて欲しい城址である。


≪朝日山城≫ (あさひやまじょう)

標高100.0m 比高:70m
築城年代:戦国時代
築城・居城者:岡部氏
場所:静岡県藤枝市仮宿
攻城日:2012年10月7日
お勧め度:★★☆☆☆
見どころ:大堀切、土塁など
その他:
参考文献:

朝日山城(遠州) (44)



スポンサーサイト

Posted on 2012/10/25 Thu. 22:14 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 諏訪原城 (島田市金谷)  |  田中城 (藤枝市田中) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/372-19051e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top