らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1030

信濃の山城と館 (佐久編)  

◆この書を見ずして信州の城を語る事はありえない◆

「図解山城探訪」を初めて図書館で閲覧した時の衝撃は凄まじいものであった。

その日は「上田小県資料編」を大学ノートに仔細を書き写して丸一日を図書館で過ごした・・(汗)

「非買品」という巻末のクレジットが恨めしかった。三年前の話である。

その日から宮坂教の信徒になった。

教祖は今もご健在であるが、巡礼という名の元に信濃の城をWEBで記録するという暴挙を思いつき現在に至っている。

そのバイブルが市販化されるのであれば、借金背負っても買うのが弟子の責務である(笑)

信濃の山城と館①

予約した第一巻が本日届いた。(既に全八巻を予約済みです)

この扉の城がどこかすぐに分かる方は宮坂教の重症患者であると思われる・・・(爆)

信濃の山城と館②

裏面の縄張図で城名を言い当てた方もビョーキの進行が酷いので今のところ処置方法はありません(笑)

我こそはと思う重症患者の方は、コメント欄にご記入下さい。抽選でらんまる同行ツアー「神が見た鬼ヶ城、猿ヶ城」にご招待します(爆)

冗談はさておき、中世城郭研究の第一人者である平山優氏と武井英文氏が強力に推薦する限定400部の復刊本。

もう二度と買う事の出来ない貴重なバイブルです。信濃の城を極めたいと思うならお急ぎ下さい!!

チラシ①

チラシ②


宮坂氏の特別コラムも掲載されているので、必見です。








スポンサーサイト

Posted on 2012/10/30 Tue. 22:22 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 総石垣の謎の城  |  飯綱城 (上田市秋和 リバイス) »

コメント

病気ですかねえ~

縄張図わかったしまいました・・・。
病気でしょうか(笑

丸馬出 #- | URL | 2012/10/31 17:32 * edit *

Re:丸馬出様へ

さすがでございますなあー。
重病危篤状態かと・・・現段階では打つ手がありませぬ・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2012/10/31 19:08 * edit *

遂に出ましたね~。ここまで見やすく出来ているとは驚きでした。これなら皆さん満足して頂けるんではないかなあと。コラムは、次巻以降も続くそうです、お楽しみに・・・

ところで、鳥瞰図ですが、さすがに全部の鳥瞰図を収録しきれなかったようです。もし、鳥瞰図集みたいなのが出たら、売れると思いますかね??

竹 #- | URL | 2012/11/01 00:35 * edit *

Re: 竹様へ

竹さん、コメントありがとうございます。
コンパクトによくまとめてあって非常に見易いですね。現地へ持参するのはもったいないので、やはりコピーしてってところでしょうか・・(笑)

小生は縄張派(?)ではなく往時の城の姿の印象派(?)なので、鳥瞰図だけでも買いでございます。
「図解山城探訪」でも白黒の鳥瞰図が多いのですが、もともとは水彩画(カラー)だったはずだと思いますので、鳥瞰図集だけでも充分買う人はいると思います。
縄張図を読む作業よりは鳥瞰図のが全体の雰囲気を良く表せているので、ここから中世城郭に興味を持つ人もきっといると思いますよ。

らんまる #- | URL | 2012/11/01 07:18 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/375-96cbd43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top