らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1126

虚空蔵山城ツアーのご報告  

◆村上氏も上杉氏も重要視した虚空蔵山城◆

先週末に小生が企画した「虚空蔵山城ツアー」に参加した皆さまの記念として以下の写真を贈呈します。

数日前に「上田道と川の駅」から撮影したもので、今回のツアーの行程を示してみました。

村上連珠砦群①

村上連珠砦群②

最も高い場所に位置する虚空蔵山城は標高1077m、比高差約640m。

比高差だけで見れば間違いなく信州の山城ではTOP3の険しさになります。

途中の持越城の標高は690m。高津屋城は959.8m。和合城までの全工程7時間30分お疲れさまでしたあ(笑)

苦難を潜り抜けた者のみが見える風景をアップしてみました。

村上連珠砦群④兎峰から見た上田方面。


村上連珠砦群⑤虚空蔵山山頂から見た上田原古戦場。


村上連珠砦群⑥鳥瞰図など不要の美しき和合城。


次回は「天正壬午の乱における虚空蔵山城の考察」について書いてみたいと思います。

※「千見城③」はその後にアップしたいと思っています・・・(汗)
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/26 Mon. 22:27 [edit]

CM: 14
TB: 0

« 村上氏時代の虚空蔵山城とその背景  |  千見城② (大町市美麻千見) »

コメント

わかりやすいです!!!

先日はほんとーにおせわになりましたー。

とてもわかりやすいです。。。辛かったのを思い出しました。
一人では絶対無理で皆様のおかげで思い続けていた虚空蔵山を制覇出来ました。
物見城は見損ねましたが。。。。そこは是非リベンジしたいと思っております。

このページとは関係ありませんが、千見城の本郭の墓碑は、供養塔だったんですね。
おかげさまでもやもやがとれました。。。残っている文献もすごいですが。
ここも写真の為に絶対リベンジすると心に決めるのでした。病気でしょうか?

また是非ご一緒させて下さいね。色々教えてください。

ていぴす #- | URL | 2012/11/26 23:41 * edit *

Re:ていぴす様へ

上田原古戦場に居を構えていると毎日目に入る風景でございます(笑)
それぞれの城や砦から烽火が上がっていたのかーなんて思って日々暮らしておりますが・・。
何度攻め登っても飽きない城の遺構と眼下の風景ですね、お疲れさまでした!

千見城へまた行きたいんですか?ビョーキですなあ(汗)
まあね、小生も「表経路」の途中から南東の尾根に入るのが城のウィークポイントだったような気がしてますので、もう一度攻めないと解明出来ないような気がしてますが・・(笑)

今後とも引き続きご支援のほどお願い致します。

らんまる #- | URL | 2012/11/27 07:37 * edit *

御礼

一昨日は、御案内いただきありがとうございました。
狐落城と三水城の下を通るたびに行ってみたいと常々思っていたので、思いがかないとてもよかったです。やはり、下からはきつく、上からのコースで老兵の身としてはありがたかったです。

虚空蔵山城ツアーにひよった身としても、やはり行けば・・・と思いますが、ていびす殿が「辛かった」と思われるほどですから、やはり行かなくて正解だったのかも?と、いろいろ愚考しています。
機会があれば、来年訪城してみたいと思います。

千見城が話題になっているようで、わたしも「表経路」の木戸などが気になっていまして、再訪城できればとは思っています。
訪れる際にはお声がけいただければと思います。

馬念 #fU/Y6t3o | URL | 2012/11/27 13:58 * edit *

あきらめました

私も参加したいと思ったのですが
昔、縦走した時にすごく疲れたので
あきらめてしまいました(笑
レポート楽しみにしております。

丸馬出 #- | URL | 2012/11/27 17:07 * edit *

Re:馬念様へ

馬念さん、小生は二日間もお城キチの皆さまと充実した時間が過ごせて、それだけでもありがたい事だと感謝しております。
いずれの方々も末期症状かと・・・(笑)

虚空蔵山城群第二次ツアーは「のら」様に託しておきましたのでご存分に堪能頂ければ幸いです(爆)

千見城の件ですが、宮坂先生のおっしゃる通りやはり二度攻めなければ全容が見えないような気がします。
「仲場」は「帳場」であり、廃屋の跡は集団移転した集落で城守だったようです。
やはり「表経路」を探索しないと真実は藪の中でしょう。
ここはひとつ客将として参加された以上、責めを負っていただきますか・・・(笑)
時期についてはまたご連絡申し上げます。

らんまる #- | URL | 2012/11/27 20:31 * edit *

Re:丸馬出様へ

左様でございましたか。
次回このような城キチツアーを企画する際にはお誘い申し上げますので、ご容赦願います(笑)

単独での縦走は辛いものですが、仲間の集まるツアーも支離滅裂でございます(汗)
皆さんそれぞれ嗜好の分野が違うので引率者は大変です(笑)

四回縦走して初めて気がつく事もあるものです。
食傷気味なので、しばらくこの砦群は遠慮しておきますが・・・(爆)

らんまる #- | URL | 2012/11/27 20:49 * edit *

お世話さんでした

25日はありがとうございました。
でも、このごつい城砦群を2日連続で・・・
貴殿、まともじゃないです。

太郎山城砦群、懐かしいですが、見下ろす光景の見事さ。
病気にもなります。
それにしても和合城、どこから見ても絵になりますね。
↑の写真の眺望、昨年拝みましたが、鉄塔なければマチュピチュそのものです。
山を素材にした巨大造形、芸術品です。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/11/27 21:57 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

師匠、お疲れさまでした。

私を動かすのは郷土の城に対する想いだけでございます(笑)
一人でも多くの方に信州の城をご紹介する伝道師ザビエルの心境に他なりません・・(爆)

仰せの通り、和合城は「土の城」の芸術品ですね。11月~3月までの期間限定の公開ってのがいいです。
荒修行を乗り越えた者だけに見せてくれる上からの全体像。いつ見ても溜息ものですネ!

らんまる #- | URL | 2012/11/28 07:32 * edit *

お世話になりました

「縦走ツアー」お世話になりました。
縦走ルートと景色のポイント助かります。

最後は膝に痛みがきてボロボロになりご迷惑をおかけしましたが、行って良かったです。
ガイド様は大変だったと思いますが・・・・・・・
下から見上げると登るのに気合いが必要な(私の場合)和合城を上から見下ろして眺められたのはほんに溜息ものでした。

来年馬念さんと行くことになるのかな・・・(笑)

のら #- | URL | 2012/11/29 23:44 * edit *

ありがとうございました。

らんまる様 引率頂きありがとうございました。

 腰郭をスケッチするため延々と一人で下っていき、皆さまを
お待たせした上、勝手にばてて、更にご迷惑をおけけしてしま
いましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 菖蒲平は、水が出ていましたね。
 勝負平とも読めますし・・・

 葛尾城の泉平同様、実質的駐屯地だったかもしれませんね。

 おかげさまで貴重な体験をさせて頂きました。

 また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。

武蔵の五遁 #- | URL | 2012/11/30 06:44 * edit *

Re:のら様へ

ハードな森林浴でしたね、お疲れさまでした(笑)

ここを制する事が出来れば、大抵の山城は庭みたいなものですよ(爆)
ガイドが物見城へ暴走したのはいけませんが・・・(汗)

馬念さんのアテンドお願いしますね、お見送りに顔はだしますよ~(笑)

らんまる #- | URL | 2012/11/30 07:25 * edit *

Re:武蔵の五遁様へ

いえいえ、いずれ劣らぬ猛者の皆さまでしたので、想定内の事でございました(笑)
この連珠砦群を回れる体力があれば、他の険しき山城など容易いと感じると思います。

仰せの通り、高津屋城の北西部分と菖蒲平には駐屯地があったんでしょうネ。
景勝は海津城の須田に命じて城兵を虚空蔵山城に移動させているのですから、ある程度収容出来る場所が築かれていたと思うのは当然の事だと思います。

来春にかけて北信濃へ進軍する予定でいますが、見応えのある城がありましたら、また来年ご案内したいと思います(笑)

コメントありがとうございました。

らんまる #- | URL | 2012/11/30 07:40 * edit *

村上連珠砦について

コメント欄拝見して、感じたことなのですが

尾根を縦走すれば連絡が可能な
和合城から花小屋城までが村上連珠砦で
これらの砦から上田平に蚕食していたのかなあ
と妄想してしまいました。

坂城方面から見ると村上連珠砦と
伊勢崎城-狐落城は境目の城のようですよね。

丸馬出 #- | URL | 2012/11/30 14:53 * edit *

Re:丸馬出様へ

いつもコメントありがとうございます。

陸路(古道)と砦・山城の関係ばかり見ていましたが、千曲川の水運にも着目するべきではないのかと最近思ってます。
なんせ村上さん、一族が水軍でも有名ですから(笑)

らんまる #- | URL | 2012/12/01 07:17 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/388-a5c4d9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top