らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1212

宝生寺山砦 (佐久市下平)  

◆前山城の出城◆

先日は信濃先方衆の「ていぴす」殿と東筑摩郡の仁熊城(にゅうまじょう)に攻め入るが、天候急変し途中で撤退を余儀なくされた。人を寄せつけない場所に挑むのは忍耐と緻密な計画、天候の助けが必要である。

仁熊城遠景仁熊城は中央の峰の奥にあるので登山口からは見えない。

返す刀で旧四賀村の「猿ごや」「掻揚城」「鷹巣根城」に乱入し制圧する。保福寺峠と刈谷原峠を抑えた城砦群については不明な点が多々あるので問題提起を含めて後日改めて記載したい。

鷹巣根城① (9)鷹巣根城主郭の標柱。高白斎記にある「刈谷原城」とは荒神尾城(こうじんおじょう)を指すとの説もあるが謎が多い。


さて、今回ご紹介する「宝生寺山砦」は佐久では名の知れた前山城の砦と伝わる小さな砦である。

場所は国道142号線の「佐久南I・C」の交差点の南側の丘にあるのですぐに分かると思う。

宝生寺山砦 (25)宝生寺山砦全景(北側より)

蓼科山や八ヶ岳から北東に伸びる緩やかな山の稜線の裾が千曲川によって浸食され、佐久平と呼ばれる盆地が形成されているこの地域は、室町時代に大井氏と伴野氏が覇権を争った場所で、北部は大井氏、南部は伴野氏が領有している。

伴野氏は野沢に代々の居館を構えていたが、前山に城を築き周辺に砦を置き大井氏に対抗したようである。

前山城周辺砦群国土地理院1/25000地図参照。

伴野庄の地頭となった小笠原長清の子時長は伴野庄に土着して伴野氏を名乗り、伴野館に住んだがその子時長が前山に築城したとされる。(前山古城か?)
その後本拠地は前山に移され、戦国期に入って強化される。(前山城の築城時期は不明)
宝生寺砦もその時に築いたものらしい。

宝生寺山砦 (1)砦への登り口。

現在は区画整理された水田の広がるこの場所も、往時は泥田とよばれる湿地帯であり、守るに易く攻めるに難しい地形を生かした城砦群の築城には適していたのであったろう。

宝生寺山砦見取図①

この砦も特に技巧が施された訳ではないが、その立地は佐久街道を抑える要衝にあり見張り砦としては秀逸な場所にある。
虚空蔵山狼煙台とともに前山城の西側からの侵攻に備えたものであろうか。

宝生寺山砦 (4)主郭東側の帯郭。

宝生寺山砦 (7)櫓台か望楼のあったと思われる郭1と手前の郭2。

宝生寺山砦 (10)郭1から見た北側の景色。

以前にも触れたが、伴野氏は大井氏との抗争において甲斐の武田信虎に援軍を要請する。その事が武田による佐久侵攻の口実を与えたばかりでなく、大井宗家の滅亡と伴野家の衰退を招いてしまった。
佐久地方の弱体化においてはA級戦犯であるが、信濃の土豪はいずれも似たか寄ったかの違いで責める事は出来ないと思う。

宝生寺山砦 (15)最も広い郭2。

一度は武田晴信に降伏した伴野氏だが、天文十七年の上田原合戦で武田が村上に敗れると武田に反旗を翻すが、同年九月に攻められて再び降伏している。

宝生寺山砦 (19)
宝生寺は廃寺で近年まで廃墟となっていたようだが最近解体された。

武田晴信は前山城を接収するとすぐさま鍬立てを行い、武田軍の佐久における宿城に改修したという。

宝生寺山砦 (20)寺跡から見た砦。


武田氏滅亡後、天正壬午の乱が勃発すると伴野氏は前山城を回復し北条方となるが、依田信蕃と徳川に攻められて落城し伴野家当主は討死。伴野宗家は滅亡する。(一族は北相木の阿江木氏と共に木次原で再興の為に兵を起こすが、信番の息子の松平康国に攻められて討死した)

宝生寺山砦 (22)宝生寺への登り口。往時は見張りの為の小屋掛けがあったのかもしれない。

佐久に覇を唱えた名門大井氏も伴野氏も時代の趨勢というのが見えなかったのであろう。

武田氏の佐久平定後、この砦はその役割を終えたのかもしれない。

背後の虚空蔵山狼煙台があればこの砦は不要だったと思う。

宝生寺山砦 (26)南側の虚空蔵山狼煙台。


取るに足らない小さな砦だが、佐久動乱の歴史をつぶさに見ていたのであろう。


≪宝生寺山砦≫ (ほうしょうじやまとりで) 

標高:471m 比高9m
築城年代:不明
築城・居住者:伴野氏、武田氏
場所:佐久市下平宝生寺山
攻城日:2012年11月11日 
見どころ:郭群、景色など
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:5分
注意:特に無し
付近の見どころ:虚空蔵山狼煙台、前山城、日向城など
参考文献:「図解山城探訪 第八集 佐久北部史料編 宮坂武男著」


宝生寺山砦 (23)寺跡の旧山門。






スポンサーサイト

Posted on 2012/12/12 Wed. 22:13 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 荒神尾城① (松本市刈谷原町錦部)  |  重ね城 (東筑摩郡朝日村) »

コメント

No.1です・・・。

大井宗家の滅亡に関して興味があるので
佐久のお城も興味心身なのですが、
このお城はどうしても、素通りしてしまうことが多くて・・・
一念発起するしかないですかねえ(笑

丸馬出 #- | URL | 2012/12/13 17:58 * edit *

Re:丸馬出様へ

簡単な事ですよ、車を止めればいいんです(笑)
岩村田の王城よりもラクです。

らんまる #- | URL | 2012/12/13 20:08 * edit *

天然の物見

遺構はまあ、あんなもんでしょう。
平野部に突き出た岡なので、高さはしれたもんですが、眺めは良かったですね。
さて、どんなドラマを見てきたのでしょう?
道路工事、けっこう進みましたね。

雪のシーズンは雪の少ない佐久地方が食べごろですなあ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/12/14 23:31 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

高速道路もだいぶ工事が進んでいます。周辺の城砦が破壊されずに助かりました(汗)

佐久はノホホンとした城が多いのですが、時々尖った城に出逢うと嬉しいものです。
この城の直前に攻めた日向城は溜息とヨダレが止まらず大変でしたネ(笑)

らんまる #- | URL | 2012/12/15 08:09 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/394-d2dab710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top