らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0630

真田宮内助館(上田市)  

◆真田信綱の庶子の館跡◆

真田幸隆は云わずと知れた真田家再興の祖で「武田信玄の懐刀」と云われた謀略の将。

幸隆の跡を先に継いだのは嫡男の信綱。彼は信玄、勝頼と2代に渡り武田家に尽くすが、真田家を継いだ1年後に長篠の合戦で弟の昌輝と共に討死する。

sanada01.jpg

この館跡は信綱の子であった信興、信光兄弟の居館とも幸隆の五男である高勝の居館跡とも云い伝えられる。
※宮内助(くらのすけ)とは官位の名称

sanada03.jpg

屋敷の背後に尾野山城があり、大門街道の要所を抑えるロケーションは真田一族の館としては申し分無い。

sanada04.jpg
↑墓地としてだいぶ壊されたが広大な敷地は貴重な遺構


三男の昌幸が武藤家から真田本家を継ぎ、四男の信伊(のぶただ)が徳川直参の旗本として活躍した真田家だが、歴史から忘れ去られた真田一族がこの地で眠る歴史を後世に残さねばなるまい。

sanada02.jpg

※真田高勝はその後帰農し金井高勝と名乗ったらしい。宮内助の墓として館跡の隣りにある龍願寺に墓所がある

他にも丸子町西内には昌幸の三男の昌親(まさちか)の居館跡があり、山梨県の須玉には信伊の居館跡がある。
真田町長にある真田屋敷跡は有名だが、同じかそれ以上の広さを誇る一族の屋敷跡も訪れて頂きたいと思う。


場所:上田市生田北原 龍願寺隣り
攻城日:2010年6月27日
お勧め度:★★★☆☆
見どころ:土塁跡、宮内助神社からの展望
時間:龍願寺駐車場より徒歩1分



スポンサーサイト

Posted on 2010/06/30 Wed. 22:09 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 松尾古城(上田市)  |  御岳山城(長和町) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/40-5a997ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top