らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0211

南信州弾丸ツアーのご報告  

◆南信州日帰り遠征で十の城を落とした同迷軍の戦果報告◆

北信濃の諸城攻略は雪に阻まれ膠着状態。

しからば気分転換に南へ遠征しようと思い「ていぴす殿」に道案内を依頼し、伊那谷街道を爆進する。

【大島城】(下伊那郡松川町)

高遠城と並び武田様式を代表する城跡の一つである。天竜川へ張り出した河岸段丘に築かれた大島城は臺城(だいじょう)とも呼ばれ、後ろ堅固と呼ばれる縄張りに丸馬出と三日月堀を組み合わせた貴重な遺構を残している。

大島城 (82)美しい三日月堀


【原ノ城】(下伊那郡高森町)

読み方は「はらんじょう」。松岡氏の家臣龍口氏の築城とされ、松岡城の北を防衛する境目の城だったという。
道路の拡張工事に伴い一昨年まで緊急発掘がなされた。
特異な縄張りを持ち横堀を多用しているのでかなり重要視された城というのが良く分かる城である。

原城 (33)道路の犠牲になったが遺構は良く残っている。


【天伯の城】(下伊那郡高森町)

原ノ城の南西1kmでやはり河岸段丘の先にある。物見砦にしては立派な堀切があるので屋敷地だった可能性も否定できないようだ。

天伯の城 (11)きれいに削平された尾根先の郭。


【松岡古城】(下伊那郡高森町)

松岡本城のある段丘山手側にある。平安時代の前九年の役で敗れた安倍貞任の次男仙千代がこの地に逃れ松岡氏を名乗り屋敷を建て、鎌倉末期までの300年間この地に居館を構え市田を治めたという。

松岡古城 (2)


【松岡本城】(下伊那郡高森町)

高森町下市田の標高560mの段丘台地の突端に築かれた6以上の郭数を持つ連梯式の巨大な城郭である。
南北朝争乱の頃に古城からこの地に拠点が移され、天正十三年(1585)に家康によって改易されるまでの200年間松岡氏の居城であった。

松岡城 (12)郭3と4の間の巨大な堀切。堀の中間に郭を設置して居住区を増設したらしい(左側の削平部分)

500年間この地を治めた名門松岡氏も時勢を見誤り家臣(座光寺氏)の密告で呆気なく滅んだ・・・。

ってか南信の城って巨大なのが多いなあ~(笑)堀の巾も凄すぎるゾ!!(汗)


【松岡南城】 (下伊那郡飯森町)

松岡本城の南側の峰に「隠居用の城」として築かれたという。
若干本城に対しては遠慮した縄張りになっているが、堀切は本城を凌いでいるように思えた。
最近きれいに整備され藪林も取り除かれたようで、ていぴす殿もびっくりしていた(笑)

松岡南城 (18)とても本城に遠慮した堀切とは思えない(笑)


【大下砦】 (下伊那郡飯森町)

ここも松岡城ネットワーク(全部で17ある?)の砦だったが、南信州フルーツライン(幹線道路)の建設に伴い郭の一つと堀切が破壊されたという。別に要らないと思う駐車スペースの為に・・(怒)

大下砦 (10)唯一残った郭2。


【座光寺北城】 (飯田市座光寺)

天竜川の西側の河岸段丘上に築かれた城で居住用の北城と詰めの城の南城から構成される。
伊那谷の土豪だった座光寺氏の築城と云われる。
北城は現在小学校・保育園・お寺になり遺構の一部が残るのみである。

坐光寺南本城 (2)小学校と保育園があるので、平日の撮影は避けましょう。間違いなく通報されますよ(笑)


【座光寺南城】(飯田市座光寺)

先日、長野県の指定史跡に認定された。おめでとうございます。
どんなお城なのか楽しみに来たのですが、小生のタイプではありませんでした・・・(汗)
かなり手の込んだ縄張りでファンも多いようですが、作りが大雑把過ぎてダメです・・・(笑)
県指定史跡で綺麗に整備されたらもう一度来るかしら??

坐光寺南本城 (28)どんなに掘り切っても守りづらい城ですねえ。


【水番城】(松本市里山辺)

さて、充分堪能した南信濃を退去し松本へ戻る。
あまりアップダウンの無い城ばかりだったので、最後くらいは山城へ登りましょう(笑)
ていぴす殿に無理を言って水番城の登り口に着いたのは16:10頃かしら・・・(爆)

水番城 (23)本郭裏側の石積み。

ヤッパね、バンバンと狭い竪掘をやたらめったら縦横無尽に(?)設置した山城最高!!(爆)
下山したら17:00過ぎてました・・・(汗)



さあ、如何でしたでしょうか、南信州遠征編。

えっ、ちゃんと掲載しないの?

まあ、そのうちボチボチと載せるかもしれませんねえ(笑)松岡城は弁当持って一日がかりでまた行きたい!


最後に、お付き合い頂きました「ていぴす殿」に感謝でございます。ありがとうございましたあー!!

最後までレポート読んでくださった皆さんにも感謝感謝でございます。

松岡城② (3)松岡城からの風景。遠くに神之峰城まで見える絶景である。



スポンサーサイト

Posted on 2013/02/11 Mon. 12:52 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 高尾山城 (岡谷市川岸三沢)  |  篠の城 (長野市篠ノ井岡田) »

コメント

おゆかれさまでした

こんにちは、昨日はお世話になりました。

今日は、喬木村でイチゴ狩りのあと。。
またまた、松岡本城・南城に行ってきました。

昨日は行けなかった、本城の斜面下の横掘や虎口、本郭北側斜面の竪掘を
堪能してきました。
また、本城と南城の間にある銚子洞に下って南城の堀切を見上げて惚れ惚れして
きました、ここからの堀切の眺めはお勧めです。。(降りるの辛いですが。。)

ついでに。。。念願でした岩間城と岩間烽火台を見て、詰の城の御嶽城は
雪で断念。。。。。御嶽城は、雪解け一番に落とす決意をしてきました。

次は北信を一緒に行きましょうね。。。とても楽しかったです。V

ていぴす #- | URL | 2013/02/11 16:27 * edit *

Re:ていぴす様へ

連日松岡城ですかあー、お疲れ様でございました!(笑)

結局、伊那谷で戦国の世を生き残ったのは保科正直さん、小笠原信嶺さんだけで、知久さんも松岡さんも下条さんも哀れな末路になってしまいました。
昨日訪れた城跡の写真を見ながら、南信濃の戦国時代に思いを馳せてみました。

それにしても信州は広い…それぞれの地方にそれぞれのドラマがあったのだと改めて思いましたあー。

らんまる #- | URL | 2013/02/11 17:23 * edit *

伊那遠征お疲れさまでした!

 らんまる様 おじゃまします。

 松岡南城は私が訪問した際、大藪だったのですが、写真を拝見する限り
整備された様ですね。素晴らしい!

 大島城は素晴らしい縄張りですよね! 

 原の城、天伯城、水盤城は未訪ですのでレポートを楽しみにさせ頂きます。

武蔵の五遁 #- | URL | 2013/02/11 20:53 * edit *

Re:武蔵の五遁様へ

コメントありがとうございます。
ヤブレンジャーの皆さまとの合同演習お疲れさまでした。

「ビギナーズラック」という言葉は小生の為にあるようで、大島城も松岡本城・南城も恐ろしき藪が無かったのは奇跡らしいです・・日頃の行いがイイみたいです・・・(笑)

500年の歴史を刻んだ松岡氏ですら「滅びの美学」に魅入られたというべきでしょうか。
伊那谷の諸豪族の哀れには心を痛めました。
信州人としての感性を基に後世に伝えていきたいと思っております…。

らんまる #- | URL | 2013/02/11 21:29 * edit *

大好きです

松岡城大好きなんですよ。大規模な堀や
がけ下の横堀と虎口の組み合わせなんか
感動してしまいますねえ。

丸馬出がなくなってしまったのが残念でなりません
そうすれば、完存なお城でしたのに・・・。

丸馬出 #- | URL | 2013/02/12 07:07 * edit *

Re:丸馬出様へ

城の好みも人それぞれでございます。
幾度となく訪れている「ていぴす殿」が驚くほど今回の松岡城は綺麗に整備されてたようですね。
是非ともこの時期に訪問されることをお勧めします。

らんまる #- | URL | 2013/02/12 21:08 * edit *

荒らしまわったねえ

南信って、けっこう遠いですねえ。
信州は広い!そんな中で10城もよく回ったもんです。

しかし、いい城がたくさんありますなあ。
大島城しか知りませんけど。
いずれも凄い工事量ですが、工事量に見合う効果はほとんどなかったような?
大島城の見事な堀などを見るとむなしくなります。

あおれんじゃあ #- | URL | 2013/02/15 19:35 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

もはや中京圏でございます。
飯田市の方が長野県庁への出張を嫌がるのが良く分かります(笑)

大島城にそれなりの将校と守備兵を入れれば織田軍相手でもかなり持ちこたえたように思うのですが、既に崩壊を始めた武田軍では名城と云えども機能しなかったと見るべきでしょうか。

南信州の諸城も平和ボケした(?)国人衆のデカ過ぎる城が多いように思いました。
大島城と高遠城の二つがあれば南信濃は事が足りると踏んだ信玄公は流石でございます。
でも、飯田は遠い・・・・・(汗)

らんまる #- | URL | 2013/02/15 21:43 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/412-9c9de6b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top