らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0713

陣場砦(上田市)  

◆徳川軍が疲労困憊の果てに20日間過ごした場所◆

上田城の攻略に失敗し、汚名挽回とばかりに丸子城を攻めた徳川軍だが、城攻めもままならず後詰めの真田軍の「ヒットアンドウェイ」戦法に翻弄され続けた。

jinba01.jpg
↑徳川軍が駐留した陣場砦。別名「カナツボの城」

鳥居元忠、大久保忠世、平岩親吉らは意見が合わず対立を繰り返す。

通常、城攻めには守備兵の4倍の兵力が必要とされる。
その人数を充足しているはずの徳川方が勝てないのは「経験の無さ」と「奢り」そして「統制が取れない」の3要素であろう。

jinba02.jpg
↑おそらく本陣の神幕が張られていただろうと思われ、充分な広さがある。

業を煮やした徳川家康が、井伊直政と松平康重に五千の兵を預けて援軍に向かわせるが、着陣早々に家康の譜代の重臣だった石川数正が秀吉方に出奔するという事件が発覚して上田攻めを諦めて12000の徳川軍は撤退する。

siba02.jpg
↑陣場砦の東側に築かれた芝宮砦。

井伊直政は五千の援軍を率いながら、一戦も交える事無く撤退する。

追撃を主張する部下に昌幸曰く「彼は深追いしてはならない名将の一人だ」として取り合わなかったという。

siba01.jpg
↑芝宮砦から上田方面。この台地なら多数の兵馬を収容出来たはず

三河武士の彼らが信濃で見たこの光景は、「魔物が住む場所」として、生涯忘れ得ぬ風景だったかもしれない。

siba03.jpg
↑陣場砦の遠景

場所:上田市塩川 
攻城日:2010年7月4日
お勧め度:★★☆☆☆
行き方:目立つ場所ですが、台地脇の細い市道から徒歩5分。神明宮を目指します。



スポンサーサイト

Posted on 2010/07/13 Tue. 22:22 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 吉澤城(上田市)  |  市の町砦(上田市) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/44-d8c1678a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top