らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0917

長篠城 番外編  

◆その熱意と採算を度外視した英断に惜しみない拍手を贈りたい◆

前回掲載した全国区の長篠城のブログや記事は、WEB上に腐るほどあるのだが縄張図は城跡の看板頼みがほとんどで、鳥瞰図を描いているのは余湖さんぐらいだった・・・。

そんなネットサーフィン(死語?)で偶然見つけた「長篠城の模型」発売の記事。

それはディアゴスティーニの創刊「安土城をつくる!」を越えた衝撃だった・・・(笑)

お城ジオラマ復元堂長篠城

その昔、日本の名城シリーズとして「姫路城」「大阪城」「江戸城」などの天守閣の模型が発売されガキの頃はナケナシの小遣いやお年玉を注ぎ込んで購入して作った記憶がある。

そのシリーズの中でも岐阜城が最高だった。第二次世界大戦のジオラマ再現が三度の飯よりも好きだった変人小学生も、岐阜城は原作を無視して勝手に作り込んだ記憶もある・・(爆)

近世城郭なら石垣と建造物というコンセプトで模型にしても売れるだろうが、土の城(戦国の城)を模型にしようなんてオカシナ奴なんぞ現れないだろうナ・・・

しかし、実現した人がいたのである。二宮社長は究極の重症患者であった・・。

HP及び注文方法はこちら⇒お城ジオラマ復元堂

長篠城模型①
長篠城の丸馬出しと三日月堀は疑問が残るが、細かい事はこの際忘れよう(笑)

このシリーズの開発にあたり、藤井尚夫氏が監修し、宮原道晴文庫の古城図を参照してるとか。

1/1500のジオラマモデルが13650円(古地図付き)。自分で作ると思えば絶対に安い。(テーマCDは不要だと思うが)

建て物や門、櫓、土塀の配置は自由なので好みの位置に置いて塗装すればよい。

丸馬出しも気に入らなければ紙粘土で埋めればいいだろう。

あと、要望するとすれば1/1500の馬や兵士がオプションで発売されれば最高だ。(無理っぽいが・・)

採算ベースを狙うなら、「戦国籠城戦シリーズ」としてジオラマにするべきだろうか?



頑張れ、二宮社長! その英断に心から惜しみない拍手を贈ります!!

スポンサーサイト

Posted on 2013/09/17 Tue. 12:00 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 掛川城 (静岡県掛川市掛川)  |  長篠城 (愛知県新城市長篠市場) »

コメント

凄い情報を有難うございます!

らんまる様 お邪魔いたします。

 凄いプロジェクトが発動しましたね。

 土の城熱がこれだけ広がっているということですね。

 らんまるさんはその立役者の一人ですね。

 私は、杉山城、松山城、腰越城、滝山城、丸子城、古宮城版が出たら買ってしまうかもしれません。

 今後が楽しみです・・・ 

 売れなくて、長篠城だけで終わってしまうことのないよう祈り続けます・・・

武蔵の五遁 #- | URL | 2013/09/17 22:06 * edit *

Re:武蔵の五遁様へ

コアなマニア向けなので、採算ベースに乗るのか?というのがやはり心配です。

長篠城も単体では興味を引く存在だとは思えないので、「戦国の城と合戦」をテーマにした籠城戦のジオラマで攻城兵や籠城兵を登場させると面白いものになると思ってます。(スケールを大きくする必要がありますが)

我々も盛り上がりつつあるブームが一過性で終わらないように興味を持ってもらえるような「戦国の城」の紹介に努めなければいけませんね(笑)

らんまる #- | URL | 2013/09/18 07:24 * edit *

ほし~いな~

おつかれさまです。

長篠城のジオラマちょ~ほしいです。
ただ。。。。。。1万越えはちょっと。。。。。。(汗)

ただ、中世の城の構築された立地などを理解するには大変優れた
教材の一つになるのではないでしょうかね。

それにしても。。。。ほしいな。。。。。。
長野県シリーズで5千円程度ででないかな。。。。

ていぴす #- | URL | 2013/09/18 21:03 * edit *

立体鳥瞰図

ちと考えてみたんですが、小生や余湖さんの描く鳥瞰図も同じ発想かもしれません。
我々のは2次元世界で3次元を表現しようとしてますが、二宮さんは諸に3次元にしています。
ここが決定的に違うところですが、このような発想はできません。
狙うものは同じような気がします。
この方、土建業の方かな?
山城なんて立体感があって効果あるかも。

あおれんじゃあ #- | URL | 2013/09/18 21:22 * edit *

Re:ていぴす様へ

生きた教材というのは、こういう素材でしょう。
戦国時代の土で出来た城が何故これほどまでに最強なのかを地形(立地)や縄張を使って説明出来るとしたら、これほど有意義な教材は他に見当たらないでしょう。
マニアへの販売よりも学校の歴史教育の教材として採用されるべきですね(笑)

それと、粘土があれば、信州の山城なんてすぐ出来ますよ(爆)
そのかわり、広大な土地を借用しないと表現は難しいでしょうなあー(汗)

らんまる #- | URL | 2013/09/18 23:02 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

CADで立体造形を示すやり方はありますが、やはり山城や中世城郭を3Dで多面体として捉えるのは無理があったのでしょうか?
1/1500の縮尺が良いのかは別としても、アプローチ方法としては間違っていないしコロンブスの卵の可能性はありますね。
我々も城跡に立つと、踏査した縄張りを基に「頭の中で立体図」に間違い無く変換しています。

鳥瞰図の限界は自ずから見えていても補完策については誰も協議すら出来なかった。
そういう意味ではジオラマが導く答えは「有り」なんでしょうね。

らんまる #- | URL | 2013/09/18 23:11 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/499-4b729dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top