らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1128

戦国の城を楽しもう  

◆中世の山城(戦国の城)の楽しみ方は千差万別◆

先日、1年ぶりに小生の同盟国でHP「土の城の衝動」の管理人である武蔵の五遁さんの要請で千見城と尼厳城のアテンドをつとめさせていただいた。

信濃先方衆でお馴染みの「長野県の歴史を探し求めて」の管理人ていぴす殿も同行頂き盛り上がったのは言うまでも無い。

千見城2 (7)写真は天正壬午の乱で争奪戦の舞台となった大町市の千見城。主郭に通じる搦め手背後の巨大堀切を撮影する「武蔵の五遁さん」。この場所はマニアにとっては避けて通れない聖地巡礼の場所である。クーさん生息地なので単独訪問は避けよう。

千見城2 (16)千見城の主郭を確認する五遁さん。

千見城2 (10)千見城からは大日方氏関連の城、城番制を定めた武田方の柏鉢城も一望出来る。

鉄ヲタ趣味の方も色々な派生形があるように、中世城郭ヲタク・・いわゆる土の軍事構築物ヲタクにも色々分派しているのでキチガイイチガイにまとめては言えないのだが、基本理念は「戦国の城、ブラボー!梨汁ブシャー」であろうか・・(爆)

尼巌城2013 (32)尼厳城の主郭。武蔵の五遁さんの念願を叶えるお手伝いが出来たのは何よりな事。

尼巌城2013 (38)尼厳城(あまかざりじょう)からは善光寺平の主要な山城群が手に取るように見える。

以前にも書いたと思うが、信濃先方衆を自称する小生と「ていぴす殿」は城址を気が済むまで調査したい病人なので、時によっては時間をかけ過ぎて事前に立てたスケジュールが消化出来ないのは日常茶飯事だ(笑)
山は逃げないし、また来ればいい。(地元ならではのメリット?)

僕らは自分の住む信濃の山城や城館に死ぬほど愛着を持っているのだ。

遠方からの景色を見るとき、「●●城は、あの位置、◆◆城はあそこ」

苦労してその場所に登って端から端まで見たビョーニンしか回答できない山城の場所。それもありだよね(笑)

千見城2 (49)千見城の堀切を踏査する「ていぴす」さん。


消滅したものも含めると全国に四万~五万あるといわれる中世の軍事構築物。

信州だけでも約1600はあると云われる。

全てを拾い紹介する事は不可能だが、長野の山城の魅力を分かり易く発信し続けたいと思っています。

更新が途絶えたら「遭難したんだ・・・」と悟って下さいませ(笑)


スポンサーサイト

Posted on 2013/11/28 Thu. 21:28 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 霊泉寺城山砦 (上田市平井霊泉寺)  |  猿ごや (松本市金山町) »

コメント

ご返事 ありがとうございます。

数多の城郭遺構を有する信濃は三浦水軍衆にはただただ羨ましい限りです。 争乱期の信濃は現中央アジアやミンダナオ情勢と共通性を感じております、電撃作戦で都市・平野部を制圧しても、その後に苦戦が待っていたと・・・当時の国人連合軍(除く小笠原氏かな?)は現代の山岳軽歩兵部隊を組織していたのでは?と妄想しています(笑、平野の民兵には歯がたたないですよね) 武田氏も侵攻に時と労力を使いすぎたようで・・・得たものは何だったのでしょうか?利より名かな? それでは、お言葉に甘え時々コメントさせて頂きたいと思いますので宜しくお願いいたします、今後もスゴい(笑)物件のレポート楽しみにしております、失礼します。

Butch #- | URL | 2013/11/29 17:00 * edit *

楽しそうだねえ

写真と記事から、熱意が伝わってきます。
しかし、ごつい山城が林立、羨ましい限り。
尼飾城・・・懐かしいですわ。善光寺平の光景もすんばらしいですね。

この手のビョーニンには、ここは緩和療法に最適の地ですね。
いや、ホスピスかいなあ?
くれぐれもご無事で。

あおれんじゃあ #- | URL | 2013/11/29 18:15 * edit *

Re: Butch様へ

不動産業が本業ではありませんが、極めて不便で借り手もいないような山村の物件の御案内はお任せ下さい(笑)

信州においては現代の地図から鉄道を取り払い、主要な平野部の国道を排除し千曲川、犀川、木曽川、天竜川沿いの道を撤去すると往時の山間部主体の街道が見えてきます。
兵隊も民衆も平地よりも山を移動したほうが早かったんでしょうね。
貴殿のご推察の通り、戦国時代の信濃は山岳ゲリラの戦いだったんだと思いますよ。
でなければ、あんな比高の高い場所に砦など必要ありませんもの(汗)

らんまる #- | URL | 2013/11/29 21:27 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、ビョーニンには刺激的すぎる山城でございます。
「今なら娑婆に戻るにはまだ間に合うかもしれない」という希望的観測を打ち砕くには充分です(笑)

一段落したらお声掛け下さい。
信濃先方衆は心より「お・も・て・で・ろ」(?)じゃなかった「お・も・て・な・し」を尽くすべくお待ちしております。

らんまる #- | URL | 2013/11/29 21:53 * edit *

不思議です。

「お・も・て・な・し」お疲れ様でした。関東の精鋭である五遁殿も苦戦したようで、
信濃の山城はほんに難儀します。

千見は何度も落城してるのが不思議です。落城経験から弱点の補強はそれな
りにすると思われ、内応者でもいない限り攻略は出来ないのではと。
やはり、普通の城攻めのイメージで考えてはいけないのでしょうね。
どのようなゲリラ戦(?)で攻略したのか興味があります。
そんな事を考えると病気が進行しそうですが・・・・。

のら #- | URL | 2013/11/30 09:37 * edit *

有難うございました!

らんまる様 お邪魔させて頂きます。

 過日は貴重なお時間を賜り、私の念願の城を2つとも御案内いただき、誠にありがとうございました。

 千見城は、上杉が攻めた時はこっちからかな? 小笠原が攻めた時はこっちからかな?と妄想が広がり、縄張りオタク愉悦の時を過ごさせて頂きました。

 尼厳城は、ただただその俊険さに圧倒されました。

 楽しく充実した時を提供頂き、感謝に堪えません。

 昼食のお蕎麦も最高でした。

 関東へお越しの際は、先鋒を務めさせていただきますので、何なりと御下知を!

武蔵の五遁 #- | URL | 2013/11/30 11:29 * edit *

Re:のら様へ

先日はお目にかかれず残念でしたが、お元気そうで何よりでございます。

千見城は守備兵が少ない時に隙を突いて攻められ落城しているケースが多いようです。
水の手(出城)、旧大手、現大手、搦め手と尾根が別れ指向性も定めていないので、ある程度の守備兵がいないと分散して攻めてくるゲリラ戦では厳しいと思われます。
完成度の高い城故に守備範囲を広げ過ぎてコンパクトさに欠けた事が弱点になったようにも思えます・・(汗)

らんまる #- | URL | 2013/11/30 17:17 * edit *

Re:武蔵の五遁様へ

満足のいくアテンドだったか反省しきりですが、満喫頂けて何よりです。

千見城は1年ぶり、尼厳城は4年ぶりでしたので小職も新たな発見や訪問当初の感動が甦り楽しい時間を過ごさせていただきました。
井の中の蛙のように信州ばかり徘徊しておりますが、飽きたら関東へ気まま旅に出るときがあるかもしれません。その時は宜しくお願いしますネ(笑)

らんまる #- | URL | 2013/11/30 17:23 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/529-6d5eda50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top