らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1204

十石城 (小諸市平原)  

◆城館+農耕地という発想◆

少子高齢化という言語に慣れてしまったが、日本の人口が1億人を突破したのは昭和四十二年(1967)なので、つい最近の事である。

明治五年(1982)の日本の総人口は3480万人で、江戸時代の最初は約2000万人だったらしい(汗)

僅か100年間で人口三倍というのは世界的にも珍しい事例で、平成十五年(2005)にはピークの12,760万人。
それがいいか悪いかは人口の増減では語れないにしても、均衡のとれたバランスを考えると「あるべき姿」に回帰しつつあるというのが事実の認識であろう。

さりとて「死にたくとも死ねない医療の進歩」は弊害であり「長生きのリスク」という弊害を生み出している。
皮肉なものである(汗)

十石城 (7)国道18号線の十石坂付近にある城跡への入口。

冒頭で日本の人口の話をしたのは、戦国時代における「戦い」(合戦)における動員兵力の推察の為である。

川中島の戦いも長篠設楽ヶ原の合戦も、関ヶ原の戦いも大阪の陣も、語り継がれた人数の凡そ1/10と思えば合点がいくのは小生だけであろうか・(笑)

余計な話はそれぐらいにして、今回ご紹介するのは中世城郭のメジャーブログやHPでは絶対掲載しないであろう「十石城」(じっこくじょう)

十石城見取図①

「え~っ、また小諸なる古城のほとりの続編になるの?」

苦情はイチイチご尤もなのだが、信玄公も信濃のゴミのような山城を各個撃破しているので、それをお手本に頑張ります・・(汗)

十石城 (12)郭1から撮影した堀切㋐。

【立地】

往時はともかく現代における小諸市と御代田町の国道18号線の境目の城である(笑)。
北側を平原用水、南を繰矢川に挟まれたこの地域特有の田切地形でかなり広い城域だ。今でこそ国道18号線が城に隣接するように走っているが、戦国時代の北国街道~碓氷峠へは城域より北側の浅間山の山麓を通っていたので、平原城の支城として上州からの侵入者の見張りも担っていたのであろうか。

十石城 (11)郭1。農耕地といえどもかなり広い。

十石城 (15)主郭北側の堀切㋑。平原用水に接続しているので堀切㋐と共に水堀だった可能性もある。

【城歴】

詳細は全く不明で平原城の平原氏(依田系)関連の支城とされるがそれも確証は無い。

十石城 (40)城域の西を流れる平原用水を外堀として1・23の郭が中枢部だったようだ。

【城跡】

佐久や小諸地域に多く見られる崖淵地形を利用したデカイ砦。そんなに兵士がいる訳ないならコンパクトに作れば良さそうだが、城内に農耕地を取り込んでいたのだろうか?
険しい山城は辿り着くまでに疲れるが、遺構を見ると疲れが吹き飛ぶ。しかし田切地形の城は歩きまわるだけでくたびれてしまい、達成感が感じられないのが難点かもしれない・・(笑)

十石城 (18)郭3。整地され過ぎているようにも見える。

十石城 (23)埋没した堀切㋓。

十石城 (31)東隣りの郭5から見下ろした郭4.小学校の校庭ぐらいの広さがある。

カンカン照りの炎天下の中を歩きながら思ったのは「こんなデカイ城、戦争を想定して作った訳が無いだろう」

用水を引きこんだ肥沃の地として領主の特権を生かして農作物を栽培していたとしか思えない・・(汗)夜盗や隣接する豪族からの襲撃に備えて申し訳程度に掘りを穿ったのであろう。

十石城 (33)郭4から一段上がった鉄塔の刺さった場所に郭5がある。藪茫々で詳細は不明。サイロ跡が櫓跡のような高土塁になっている。

針木沢城 (17)郭5と郭6の間の堀切㋔。

針木沢城 (18)堀切㋕を最終として針木沢城に続く。

実は十石城は針木沢(はりきさわじょう)と連結する複合城で境目もハッキリしていない。

一粒で二度美味しいグリコなら大歓迎だが、デカイだけが取り柄の城域は歩きまわるのが大変でロクな遺構もないので「くたびれ損の骨折り儲け」のみであろう(汗)

針木沢城 (14)郭6.鉄塔付近は郭5.

十石城 (36)右側は十石城の城域で、正面は浅間山。

国土地理院の地図を片手にカメラを片手に持ち田畑のあぜ道を徘徊している姿は、まさに不審者そのものだ(笑)

≪十石城≫ (じっこくじょう)

標高:793m 比高:30m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:小諸市平原十石(御代田町)
攻城日:2013年8月18日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡の周回所要時間:40分 駐車場:国道18号線道路脇空き地に路駐
見どころ:郭、堀など
注意事項:耕作地には入らない事
参考文献:「信濃の山城と館①佐久編 宮坂武男著」
付近の城址:針木沢城、上三田原城、宮崎城

十石城 (2)南を通る国道18号線道路脇から見た遠景。





スポンサーサイト

Posted on 2013/12/04 Wed. 21:41 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 針木沢城  |  霊泉寺城山砦 (上田市平井霊泉寺) »

コメント

おつかれさまです

十石城ってそうなっていたんですね。
実家への帰省の為に良く通過するので、針木沢城とその周辺の城には行ったんですが、
十石城は入り口が分からずにウロウロするだけで行くことが出来ていませんでした。
広大な郭に申し訳程度の堀切、戦闘より地域を統治する為の館城って所でしょうかね。
らんまるさんの記事を参考に年末の帰省時に行ってみたいと思います。

ていぴす #- | URL | 2013/12/05 19:08 * edit *

Re:ていぴす様へ

夏場に無理強いしたので藪茫々でした・・(笑)堀切㋐も鬱蒼とした藪で下りるのも躊躇しましたが・・(汗)
それでも見たいのはビョーニンしかいません。お大事にして下さい。
針木沢城では農作業中の方に不審者と間違われそうでドキドキものでした。
何か言われたら「地質学者で、調査中です」と真面目に答えるように準備してましたが・・(爆)

らんまる #- | URL | 2013/12/05 20:42 * edit *

不審者おつかれ!

いつぞや、前を通って、結局、無視した城です。
あの付近、城は沢山ありますが、遺構があいまいな感じの物件も多いですが、堀が確認できましたか?

炎天下、地図とカメラを持ってねえ・・・どことなく、後ろめたいですね。
何も悪いことはしていないのですが。怪しそうで。
畑道では、精々野菜ドロの疑い?
まだ、学校跡の城址よりはマシですが。

いっそう、人がほとんどいない山城の方が気がねないですね。
熊さんとお会いしそうですけど。

あおれんじゃあ #- | URL | 2013/12/05 22:19 * edit *

Re:あおれんじゃあ様へ

師匠ひどいなあー、それでも平地の城館に対するストーカー行為はまだ警告されたことがありません(汗)
そのうち「半径5km以内は接近禁止」とか言われたら切ないなあー(笑)

先祖代々の農耕地・・・そんな感じですね。
大は小を兼ねるという考え方は中世の軍事工作物には当てはまりません。守備人数に相応したコンパクトな城でなければ生き残れませんよ(笑)

らんまる #- | URL | 2013/12/05 22:47 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/531-ffca5436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top