らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1221

下畑下の城 (南佐久郡佐久穂町下畑)  

◆改修されつつ使用されたであろう「元祖・下畑城」◆

昨日、上田市周辺の里山は真っ白の雪景色なのだが、市街地は雨という変な天気。

午前中は長野市に仕事で向かうが「ボタン雪」に見舞われ幹線道路は大渋滞・・(汗)

年内は根雪になりそうなので、この三連休で個人の山城納め(仕事納め)を敢行するつもりが微妙な感じとなる。

んで、今回ご紹介するのは下畑城に隣接する「下畑下の城」(しもはたしものじょう)

下畑下の城見取図①
隣接している尾根なので縄張りも似ているが、城域は尾根先端の唐沢川の急崖で終わっているし小ぶりな作りである。

【立地】

下畑城の隣150mに隣接しているので、そちらを参照願いたい。尾根の先が唐沢川なので築城は下畑城より古いように思える。

下畑下の城(佐久穂町) (3)
堀切㋐。下畑城では搦め手の最終堀切として記載している。

下畑下の城(佐久穂町) (6)
郭6。削平の不完全な地山だが、搦め手の防御には捨て置く事も出来なかったようだ。

【城歴】

下畑城の城主は何となく特定できそうだが、似て非なる下の城は砦として先に築城されていた事が考えられるので、下畑城の城歴とイコールとは考えないのがよさそうである。
「在地土豪の築いた城であろう」と書くと西股氏に叱られそうなので「城主は不明」としておく(笑)

下畑下の城(佐久穂町) (13)
郭6の背後の処理。二段の切岸+二重堀切という縄張りは下畑城と共に受けた最終の改修と考えても良さそうである。

下畑下の城(佐久穂町) (15)
二重堀切の南側の堀切㋒(上巾10m、東方向)

下畑下の城(佐久穂町) (32)
主郭背後の土塁から見た堀切㋓と土塁と堀切㋒。二重堀切に見えるように補助線を挿入してみた。

【城跡】

広大な下畑城に比べると小さな砦で、3つの郭と馬出し(郭4)を備えた連郭式である。
唐沢川に落ちる尾根を利用しているので、当初はこの城だけが存在し、武田が制圧するに及んで連続する南尾根の高台に新たに築城したと見たいがどうでしょうか?
下の城も放棄される事無く本城の出丸として整備され緊急時に備えたように思える。

下畑下の城(佐久穂町) (34)
郭1と背後の土塁。

下畑下の城(佐久穂町) (41)
郭1をL字で囲む腰郭。

下畑下の城(佐久穂町) (44)
削平の甘い郭2。

下畑下の城(佐久穂町) (50)
緩い傾斜のついた郭3。

郭を並べて堀切を穿つオーソドックスな縄張りで防御の工夫などあまり感じられない。
主郭背後の防御システムは明らかに武田統治時代のものであり、その前の時代は郭を並べただけの物見だったらしい。

下畑下の城(佐久穂町) (55)
埋もれつつある堀切㋔。

下畑下の城(佐久穂町) (57)
鉄塔とその先の削平地(4)は城内でも広く馬出しだったようだ。

下畑下の城(佐久穂町) (66)
結構な広さのある郭4(馬出しか?)

城を二つも接続するほど重要な場所だったのか?と疑う方もいると思う。

現在の国道141号線(佐久甲州街道)と国道299号線(武州街道)が交差する佐久穂町海瀬は、信濃から関東方面へ通じる交通の要衝であり、戦国時代においては余地峠(よじとうげ)越えが一般的で、武田軍の上野侵攻も甲斐から佐久に入りこのルートを使用していた。(現在の武州街道は十石峠を越えるルートである)

海瀬付近分布図
城が密集しているのは重要な街道が通っているという証なのだ。

下畑下の城(佐久穂町) (74)
下の城から見た余地峠方面。

さて、話を縄張りに戻そう。

郭4の先端は方堀らしき址(堀切㋕)で終わり、その先の岩場は地山であろう。嘗ての大手はこの間の斜面にあったようで、下畑の集落に繋がっている。

下畑下の城(佐久穂町) (69)
堀切㋕。斜面を抉った程度のもの。

下畑下の城(佐久穂町) (71)
郭5方面。この途中を右に折れる道が大手か?

武田信玄は佐久を平定しその後信濃一国をほぼ手中にすると、ここから上野へ進軍していったのであろうか。

そしてその百戦錬磨の後ろ姿を、このちっぽけな小城も見たのであろうか。

≪下畑下の城≫ (しもはたしものじょう)

標高:828m 比高:65m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:南佐久郡佐久穂町下畑
攻城日:2013年12月8日 
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:10分 駐車場:道路脇の下畑城の堀切に駐車。
見どころ:堀切、土塁、連接する下畑城とセットで。
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館①佐久編 宮坂武男著」
付近の城址:沢山ありますよ

下畑下の城(佐久穂町) (83)
千曲川に架かる下畑橋から見た下の城遠景。



スポンサーサイト

Posted on 2013/12/21 Sat. 11:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 信濃の山城と館➑水内・高井・補遺編  |  下畑城 (南佐久郡佐久穂町下畑) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/537-b080df8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top