らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1223

金剛寺 西山城砦群  

◆米山城の里「金剛寺」集落の史跡①◆

本文とは全く関係無いのだが、クリスマスイブイブの今日は軽井沢方面に出掛けてみた。

平林城 (4)
平林城(中央の黒い森)。天正壬午の乱で佐久へ攻め込んできた北条氏が築城したという見どころ満載の城らしい。

ゴルフをやりに来たのではなく、お目当ての軍事構築物の下調べなのだが、やはりゴルフ場の一部と化していた。シーズン終了なので門は固く閉ざされ、おまけに高圧電流の電線が周回している。
南は湯川に面した断崖絶壁なのでよじ登って入れるレベルでは無い・・(ってか犯罪行為は止めましょう・・汗)

春になったら許可取って調べましょう。調査中にゴルフボールを打ち込まれそうで怖い場所だ・・・(笑)

さて、今回から少しの間は「おらが上田市自慢の戸石米山城の城下町・金剛寺」の城跡関連の史跡をご紹介します。

金剛寺周辺マップ
この図を見て「ピン」と来る方もいるかと・・・(笑)散策のご参考になれば・・

【金剛寺とは?】(こんごうじ)

以下は大雑把ならんまるの解説・・(汗)違っていても大目に見てね(笑)

江戸時代上田藩にも金剛寺村として記載がある南北に細長い集落で、東太郎山の支脈の東端の尾根に築かれた戸石米山城の西側を流れる矢出沢川(やでさわがわ)の流域に位置する。
金剛寺の名前は集落のお寺に由来するものとされ「金剛山 玉蔵寺(こんごうさんぎょくぞうじ)」の山号と寺名を合成し仙石上田藩時代の命名という。※玉蔵寺は明治42年に焼失

金剛寺白山城 (18)集落の北の白山城(推定)付近から撮影した現在の金剛寺集落。

海野氏配下の小宮山氏が長島の堀の内に居館を構え、その詰めの城として米山城(小宮山城)を築いたという。
その後、海野平合戦で海野氏が村上義清・武田信虎の連合軍に敗れ上州に去ると、周辺は村上氏の支配下となり戸石城が新たに築城され、金剛寺は城代や将兵の屋敷が置かれ城下町として発展したという。(城代屋敷という字名もある)

その後、城の主が村上氏から真田氏に替わり、昌幸の居城時代に戸石城の大手口は東の伊勢山側に変更となり城下町も伊勢山集落へ移ったらしい。(あくまでも推定の話です)

【西山城砦群】

西山城砦群①

地元の説明板には以下の記載がある(参考程度)

立地:金剛寺集落の西側の南北の尾根(西山)にある三つのコブ。

城歴:1330年代に海野氏が西の村上氏に備えたものとされ、築城年代も戸石城より古いと伝わる。南から西山城、中の城、花見城(けみじょう)と名前がついている。

金剛寺西山城砦群 (1)
鞍部に看板があるのには驚いた。尾根先からでもいいが集落からも登り道がある。

金剛寺西山城砦群 (6)
途中には堀っぽい沢があるが自然地形だろう。

●西山城(標高:644.8m)

微かに何段か段差のあり頂部には三峰社がある。最近立てられた説明板にも二度びっくり(笑)

金剛寺西山城砦群 (14)
西山城の頂部。地山にしか見えない。

金剛寺西山城砦群 (10)
手前には段郭らしき削平地?

●中の城(標高:647m)

西山城から50mほど下って登ると再びコブの頂点がある。しかし看板は無い。予算が無くなったのか?(汗)

金剛寺西山城砦群 (23)
やはりただの地山にしか見えない。

●小屋掛け跡のような場所(畑跡)

見るべき城跡の痕跡も無く「年の瀬にこんな場所に居ても良いものだろうか?」という自責の念に駆られる(笑)
ようやく削平された小屋掛け跡のような場所を発見しホッとする。

金剛寺西山城砦群 (30)
畑の跡らしいが小屋掛けした匂いがする・・(どんな嗅覚してるんだろう・・)

金剛寺西山城砦群 (37)
しかも段郭だし。

金剛寺西山城砦群 (32)
畑の排水溝は竪掘に見える・・(汗)

金剛寺西山城砦群 (34)
東斜面から見ると郭っぽい。

●花見城(けみじょう 標高:658m)

最終のコブだが、やはり地山にしか見えない。老眼だろうか。しかも嗅覚も全く反応しない・・(笑)
この先は柏山城に続いている。最初から柏山城があれば全て事足りるのでこの程度の物見はいらないはずだが。

金剛寺西山城砦群 (43)
頂上に軍事的な要素は無い。

金剛寺西山城砦群 (41)
熱意と伝承だけでは断定出来ないような気もしますが・・。

金剛寺西山城砦群 (42)
イザ柏山城へ(今回は遠慮しました)

●総括

海野氏時代の物見としても「何で三ヶ所?だんご三兄弟じゃあるまいし・・」

堀切無いから軍事構築物じゃない!とは言わないまでも物見が置かれたという説明では地理上の説得力に欠ける。

この場所からは村上さんの動向は全く見えないのである。

柏山城は村上時代に戸石城への繋ぎとして堀切を伴った砦に変貌を遂げているのだから、この砦の存在価値に??である

宮坂武男氏もかなり苦労して解説して(というか、かなり無理して)いるが、なんで急に「第8集の補遺」として追記したのか疑問に思っている。

余計な詮索はともかく、神が今年の三月にこの地を訪れているので、神の足跡を辿る事が出来て嬉しかった・・(涙)

≪金剛寺 西山城砦群≫ (こんごうじにしやまじょうさいぐん)

標高:658m 比高:62m (花見城) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市住吉
攻城日:2013年12月22日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:10分 駐車場:金剛寺公民館借用
見どころ:畑跡は雰囲気と堀っぽいのがお勧め
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井・補遺編 宮坂武男著」
付近の城址:柏山城(上・下)、白山城、福沢出丸、城代屋敷、戸石城、米山城、長島堀の内など

戸石城2013 (128)
米山城から見た西山城砦群と柏山城。小生の意見の根拠がご理解いただけるかと思います。



スポンサーサイト

Posted on 2013/12/23 Mon. 21:12 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 金剛寺 白山城(上田市住吉)  |  信濃の山城と館➑水内・高井・補遺編 »

コメント

この年末に!

同じ日に250㎞離れたところで同じようなことやっている人間もいるんだねえ。
余程、暇なのか、ビョーキなのか?
そんなことしているんだったら年賀状書け!大掃除しろ!ってか。

山の尾根伝いに存在していた街道の休憩所、茶屋、悪天候時の避難小屋がみんな城なんでしょうか?
畑が妙に怪しいですね?
本当にただの畑なんでしょうかね。

あおれんじゃあ #- | URL | 2013/12/23 22:23 * edit *

退却しました

今晩わ、軽井沢の平林城!碓氷峠を越え攻めこみましたが・・・是非も無し。
いつの日かチャンスがあれば是非訪れたい物件であります!
北条軍のキャンプであったのか?甲斐の旭山砦的な縄張り、興味津々!
行きたい!
それでは失礼いたします。

Butch #- | URL | 2013/12/23 22:24 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、前日に年賀状書いて投函して大掃除もやりましたよ。
その程度の事が出来ないと、市中引き廻しの上、磔獄門の処刑です・・(汗)

砥石米山城跡保存会の皆さんの活動の一環のようですが、「ちと やりすぎ」の感もあります。
金剛寺村誌を盲目に信用しているのはどうでしょうか?
宮坂氏も「上田市わがまち魅力アップ応援事業」に協賛したのでしょうか?????

「補遺編」として最終号に載せるのも抵抗があったように思いますが・・・・・。

らんまる #- | URL | 2013/12/23 22:44 * edit *

Re: Butch様へ

攻め込まれましたか!しかしゴルフ場も守りは鉄壁です(笑)
コースの人口池の向こうに太い堀切が見えるんですが、もどかしいですねえ。
破壊されないことを祈るばかりです・・(汗)

らんまる #- | URL | 2013/12/24 07:13 * edit *

早いですね

お疲れ様です。
さすがらんまるさんもう行かれましたか。
福沢出丸と共に気にはなっていたんですが中々行けなかった場所です。
しかし、自然地形で微妙ですね。
柏山城との繋ぎにしても3つもいらないし、物見てしてはなおいらない。。。。
伝承=本当とはかぎらないという場所でしょうか。

ていぴす #- | URL | 2013/12/24 23:39 * edit *

Re:ていぴす様へ

近所なんで速攻(笑)
恐らく金剛寺集落の方からは不審者扱い(汗)

福沢砦も砥石城築城前の松代街道監視小屋だったように思います。
言い伝えが必ずしも史実とは言えないような気もしますが、郷土愛って事で・・(笑)

らんまる #- | URL | 2013/12/25 07:26 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/539-ac9c8172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top