らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1228

砥石城の福沢出丸・金剛寺峠の番所・砥石城の番城  

◆米山城の里「金剛寺」集落の史跡③◆

食べログと間違われそうなトップページのラーメン写真に違和感を覚える方も多いと思う。

そのうち飽きて元に戻るので、今しばらくお付き合い願いたい・・(別に店から宣伝料を貰っている訳ではない・・笑)

元祖ニュータンタンメン本舗上田店
元祖ニュータンタンメン本舗上田店「ニュータンタンメン大辛700円」(上田市神畑)見た目よりは辛く無い。カプサイシンダイエットにもなるので一石二鳥である。4段階の辛さが選べる。病みつきになる旨さは保証しますよ!(笑)

さて、このまま続けると「金剛寺編」で年越しになりそうなので、禁断の3枚抜き・・(汗)

例のマップを参考に見て頂くと地理的関係は分かり易いと思われる。

金剛寺周辺マップ

【福沢出丸】

天文十年(1541)、村上・武田連合軍が海野平合戦で勝利し敗北した海野氏は上州へ逃亡。(※この時の武田家当主は信虎)海野氏の領有していた金剛寺集落も村上の支配するところとなり、その時築かれた砦で松代へ通じる街道を監視したという。村上氏の重臣福沢氏が拠ったので「福沢出丸(福沢砦)」と伝承されたようだ。

金剛寺集落 (8)
場所は松代街道を金剛寺峠に進む途中の右側にあるという。

伝承では、戸石城の北方搦め手の奥の沢が矢出沢川に突き出る崖状にあったとされる。
それらしき場所の対岸には説明板があるが特定できていないようだ。

福沢出丸 (3)
本気度の高い看板(汗)。川を渡った右側の崖の上あたりと書かれている(推定)

福沢出丸 (5)
アイスバーンの急斜面を登る勇気がなく「やーめーたあー」(笑)

福沢出丸 (2)
対岸の台地から見た推定場所。

宮坂武男氏は神なので踏査されたようだが、「全く捉えようがない」と仰せられている。
なので、凡人の小生の出番では無い・・・(ってか言い訳・・汗)

金剛寺集落北①
宮坂氏が気にとめたのは出丸推定場所の西に張り出した場所にある削平地であった。

福沢出丸 (7)
街道の物見砦としては最適な場所で防御力も高そうだ(対岸から撮影)

福沢出丸の脇の沢は水が沁み出ているので、矢出沢川を含めた戸石城の搦め手の水の手を守っていた可能性もありそうだ。


【番所】

福沢出丸を過ぎてしばらく歩くと分岐点に差し掛かる。馬頭観音の石仏は分かったのだが「峠の湯跡」??

金剛寺集落 (25)
その昔ここに湯屋でもあったのだろうか?

この松代道は松代藩士の佐久間象山(さくまぞうざん)が若かりし頃に向学心に燃えて、上田の岩門の大日堂に住む活文禅師(かつもん)の教えを乞うために馬で通った道でもある。(17歳の時に1年間通ったという)上田と松代は片道約30km以上の距離である。
※活文禅師の岩門の大日堂は岩門城を参照願います。

金剛寺番城 (1)
V字部分が金剛寺峠。先は長そうだ(汗)

金剛寺番城 (2)
峠道を振り返ると柏山城が見える。戸石城の西側を守る砦として重要視されたのが分かる位置にある。

氷点下に近い外気温の中を登って行くと、右側に石積みの立派な敷地がある。番所跡かと思ったが近代の構築物のようだ。

金剛寺番城 (4)
その昔は立派な建物があったのろうか。

金剛寺の区誌によれば、峠の手前に番所があったとされるが、それが戦国時代における村上の番所なのか、真田の番所なのか、ハタマタ上田藩時代の口留番所なのかはっきりしない。
現地を見ても削平されたような場所など無く、峠の地蔵のある場所でもないようだ。

金剛寺番城 (6)
この辺りらしいのだが・・(汗)

金剛寺番城 (13)
峠のお地蔵さんに聞いても答えてくれなかった・・(笑)

金剛寺番城 (9)
金剛寺峠。残念ながら堀切に見える人は病気の疑いがあります・・(爆)

「そんなに松代道って重要な街道だったのかしら?」と思う方がいても不思議じゃありません。

今じゃ当たり前のように上田市と隣接する坂城町は国道18号線が通過していますが、北国街道の整備された江戸時代よりも前の上田と坂城町は完全に遮断されていて、往来するには以下のルートしかなかった。
①千曲川右岸の室賀峠を越える
②屏風のような険しい虚空蔵山の尾根を縦走する(又は和合城の先にある菖蒲平を越える)
③大叡山を越えて松代道に下り真田経由

つまり戸石城は村上領の東端の上田における境目の軍事拠点としては最も重要であり、それ故歴代の城代は百戦錬磨の猛将であった。

武田信玄が強引にこの城を攻め「戸石崩れ」なる手痛い敗戦を被ったのも、この城を落とさなければならない理由が明確だったからである。

金剛寺番城 (16)
金剛寺峠からは真田の里が一望である。真田幸隆が旧領を回復しようともその動きは戸石城から全て見渡せるのだ。

峠の北側の小山は地元では「番入道」と呼ばれている砦跡らしいが軍事構築物は発見出来なかった。

金剛寺番城 (19)
番入道。地山にしか見えなかった。


【番城】

金剛寺峠から300mほど稜線を南へ辿ると戸石城の枡形城に入るが、その中間地点の堡塁が「番城」(または菊畑之城)と呼ばれている。戸石城の搦め手側にあたるのだが、堡塁に名前があったとは驚きである・・(汗)

金剛寺番城 (25)
堀切があるわけでもないし。

金剛寺番城 (28)
郭っぽいが特に人工的な加工があるとも思えないし。

塩田城を囲む尾根に築かれた稜線上の橋頭保(堡塁)の類に良く似ていて、同じ手法で施工したのだと思う。

戸石城も「戸石城・本城・枡形城」という小城の名をつけているので、それに倣い堡塁にも名前が付けられた可能性は否定できない。
戸石城の搦め手の出城とも伝わるようだが、それらしき遺構は発見出来なかった。(西側の尾根は未踏査だが)

金剛寺番城 (30)
ある程度加工されているし。

金剛寺番城 (31)
搦め手方面の敵を狙撃する程度の広さしかない。

複合式の山城として全国区の戸石城のお膝元である金剛寺集落。地元特製のパンフレットには「一乗谷(福井県)に比して優るとも劣らない」と宣言している。

朝倉氏の城下町と比較してどうか?という論評は野暮であろう。その郷土愛が大事なのである。

それにしても、この年の瀬にこのような場所を徘徊していて良いのか自責の念に駆られる・・・(爆)


≪戸石城 福沢出丸≫ (といしじょうふくざわでまる)

標高:630m 比高:20m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市住吉
攻城日:2013年12月22日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:-分 駐車場:金剛寺公民館借用
見どころ:特に無し
注意事項:良くわかんないので気を付けてね。
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井・補遺編 宮坂武男著」
付近の城址:柏山城(上・下)、西山城、城代屋敷、戸石城、米山城、長島堀の内など

≪金剛寺峠番所≫ (こんごうじとうげばんしょ)

標高:780m 比高:150m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市住吉
攻城日:2013年12月22日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:30分(金剛寺集落より徒歩) 駐車場:金剛寺公民館借用
見どころ:特に無し
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井・補遺編 宮坂武男著」
付近の城址:柏山城(上・下)、西山城、城代屋敷、戸石城、米山城、長島堀の内など

≪戸石城 番城≫ (といしじょうばんじょう)

標高:808m 比高:180m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市住吉
攻城日:2013年12月22日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:40分(金剛寺集落より徒歩) 駐車場:金剛寺公民館借用
見どころ:特に無し
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井・補遺編 宮坂武男著」
付近の城址:柏山城(上・下)、西山城、城代屋敷、戸石城、米山城、長島堀の内など

金剛寺白山城 (25)
白山城付近から見たそれぞれの場所。


↑地図のメモリ地点は金剛寺峠。




スポンサーサイト

Posted on 2013/12/28 Sat. 21:49 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 金剛寺 城代屋敷・高土手・向ヒ屋敷見張番所  |  金剛寺 白山城(上田市住吉) »

コメント

街道と堀は同じもの?

年末にこんな所を徘徊ですかい?
って、同じ日に福島の田舎で雪山に登ってましたけど。

堀のような街道って、やはりズバリ、堀底道じゃないでしょうかね。
高い場所から低い位置を攻撃できる峠で迎撃するのって、やっぱり合理的ですもんね。
しかし、この付近の遺構、微妙ですねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2013/12/29 16:48 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

金剛寺集落推奨のトレッキングコースを真面目に徘徊したら2時間かかりました・・(汗)
なんだかんだ一日かけて調べてました(笑)

なるほど、やはり堀底を通過させる意図がありましたか、勉強になりました。
年末に城攻めしているビョーニンはそうそういないと思ってましたが、さすがは師匠、しかも福島だし(爆)
まだ年内攻めるつもりですかあ~(笑)

らんまる #- | URL | 2013/12/29 17:36 * edit *

年末もお疲れ様~♪

どれも微妙ですね~(^O^)
峠の切り通し道の両サイド上には削平地はあるのでしょうか?
ご両人のようなビョウニン!?が此処にもおります~( ^o^)ノ
小生は、29日に静岡の諏訪原城に再訪しました!
まあーこれが城納めになりますね(^O^)

黒備え馬賊 #- | URL | 2013/12/31 11:02 * edit *

Re: 黒備え馬賊様へ

氷点下の気温の中で峠調べてるなんて正常じゃありませんね(笑)
柵でもおっ立てて通行止めにすれば迂回出来ない場所なので、わざわざ番所も曲輪も不要でしょう。

そうでしたか、諏訪原城。一日回っても飽きない我らがビョーニンの遊園地ですね(爆)

黒備え馬賊様もどうか良い年をお迎え下さい。
元旦早々の城攻めはご遠慮くだされ・・(笑)

らんまる #- | URL | 2013/12/31 11:15 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/541-a402c70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top