らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0105

式部城(佐久市布施)  

◆主郭背後の堀切が魅力的な監視砦◆

佐久方面は既に85の山城と館城を掲載しているが終点が見えない。

既に踏査済みの在庫も22城抱えているがアップの目処も立っていない・・・・・・(汗)

もっとも宮坂武男氏の「佐久編」は総数232城なので、半分にも到達していないから当たり前なのだが・・(笑)

ゾロメーター①
攻城数も大事だが、我が?代目の営業車がゾロ目に到達した記念すべき瞬間(ってかメーターパネル磨けよ!・・笑)

今回ご紹介するのは、マニア推奨の隠れた佐久の名城として浸透しつつある「式部城」(しきぶじょう)とその居館。

【立地】

蓼科山の山塊が北に伸びる裾野で鹿曲川(かくまがわ)と布施川(ふせがわ)に浸食された台地上の尾根を利用している。北2.5kmに望月城、北西2kmに天神城、南西2kmに春日城があり、佐久臼田からの望月へ抜ける裏街道の途中に位置している。

式部城(佐久市) (4)
道路脇から尾根の墓地の参道を適当に登ると横堀㋐が出現するが、この堀の意味の無いテキトーさに空しさを覚えた(笑)

実はこの式部城、最近注目されていて関係者(ヲタク)の間では「赤丸急上昇」らしい(表現がちと古いかのお・・笑)

小生は敢えて前張り前知識無しでトライして見た。

先に記事を掲載している武蔵の五遁さんは現地で地主さんのアテンドを受けてしまったようだ。麓の墓場付近に人影を発見したので、避けるように「ホフクゼンシン」・・(爆)

式部城見取図①(佐久市)

堀切㋐を越えてだらだらと坂を登ると、戦中・戦後に耕作された痕跡が残る。

綺麗に削平され整地された土地が、耕作地なのか中世城館の帯郭の7遺構なのか全く区別が出来ない。

式部城(佐久市) (5)
墓地の上から城域になると思われるが、往時の削平技術とは思えない土木施工。

式部城(佐久市) (7)
郭3周囲の切岸。戸石城の本城の曲輪群に匹敵する加工度の高い処理だが、往時のものとは断定し難いのも事実だ。

ケチをつける訳ではないが、この先ご覧頂く郭1(主郭)周辺の切岸と、郭2以下の番数の郭の切岸の加工度合いが違うのである。

「やっちまったのかなあー??」 

専門家の指導に基づく整備保存であれば問題ないが、これ以上の疑念を避けるためにも佐久市は発掘調査すべきであろう。

式部城(佐久市) (8)
郭3(奥に見えるのは郭2の切岸)

式部城(佐久市) (11)
郭2の切岸。完成度の高さには違和感を覚えるが・・。


【城歴】

全く不明で、山麓に居館を構えていたとされる式部氏の城または北500mにある布施城の詰めの城と推定する説もあるが、そもそも式部氏自体が何者か不明であり、布施氏と同一と見るのが最近の定説のようだ。
武田時代には北東2km先の天神城と共に北2.5kmに位置する望月城の支城として臼田方面からの裏街道を監視したのだろうか。
至近距離の南東2kmに日向城があり、縄張りも似ているので年代も近いように思われる。
戦国末期まで機能していたように思えるが確証は無い。

式部城(佐久市) (16)
郭2はコの字型で本郭を囲んでいるが、削平が3.4.5に比べると雑で往時のままの姿だと思われる。

式部城(佐久市) (18)
郭2の西側L字部分。本郭の周囲の上部には土留めの石積みが全周していたらしく石が崩落している。城域の土は柔らかいので加工し易い反面崩れやすかったのだろう。

式部城(佐久市) (29)
郭1(30×15)。背後を巨大な土塁で守られている。


【城跡】

大手に横堀を置き、城正面の尾根を段郭で重ね背後を堀切で断ち切る縄張りはオーソドックスな手法だが、この城の特徴は主郭背後の土手付き四重堀切の処理の独自さであろうか。
見取図の㋑・㋒・㋓・㋔の四本の主郭背後の堀切は東側の尾根に対して3本に集約され、その後は傾斜の緩さに対する防衛として1本の長い竪掘りへ集約されている。
この高度な技術をこんな小さな規模の城に採用しているのには驚く。

式部城(佐久市) (36)
主郭の土手から東方面の堀切撮影

式部城(佐久市) (38)
城域主要部を遮断するように東斜面に作られた土手(土塁)

式部城(佐久市) (41)
主郭の土手から西方面の堀切㋑。奥に堀切㋒用の土手が見える。

式部城(佐久市) (45)
上巾14mの長大な堀切㋑は竪掘となって西斜面に落ちている。

式部城(佐久市) (46)
西斜面から見た尾根部分の堀切㋑(左側が郭1方面)

式部城(佐久市) (48)
堀切㋒(上巾9m)

式部城(佐久市) (50)
堀切㋓(上巾7m)

堀切の雰囲気を写真で表現するのは難しい。

どれも同じに見えてしまうからだ。谷底にわざわざ下りて下からのアングルで撮影したり、木に登ったり、堀底に同行者を立たせてその規模を表現したりするが、どれもイマイチで永遠のテーマである(笑)

式部城(佐久市) (51)
補助線を使って三連続堀切を表現してみた(汗)

式部城(佐久市) (61)
西斜面に落ちる最終の堀切㋓(上巾10m)

式部城(佐久市) (67)
三本の堀切を一本に収斂(しゅうれん)させる東斜面の処理(落書きご容赦)

式部城(佐久市) (79)
集約後、東斜面に竪掘となって傾斜の緩い斜面を防御している。

式部城(佐久市) (88)
尾根東側の三連の堀切を撮影


「ええい、ツラツラと写真ばかり連ねおって!!」

お叱りの声が聞こえそうだが、この城のメインはこの四連続の痺れる堀切とその魔術なのである・・(笑)

堀切マニア必見の城である。


≪式部城≫ (しきぶじょう)

標高:805m 比高:80m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:佐久市布施式部
攻城日:2013年11月23日 
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:10分 駐車場:県道脇に適当に路駐。(集落内は狭いので駐車は止めましょう)
見どころ:四重の堀切、土塁、石積み、切岸
注意事項:墓地は荒らさないように
参考文献:「信濃の山城と館①佐久編 宮坂武男著」
付近の城址:春日城、布施城、天神城、望月城、小倉城など

式部屋敷は次回ということで・・(汗)

式部城(佐久市) (113)
県道から見た式部城遠景。

スポンサーサイト

Posted on 2014/01/05 Sun. 11:20 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 式部の館 (佐久市布施)  |  志賀城 (佐久市志賀) »

コメント

城の常識

らんまるさま、今年もよろしくお願い致しますv-8

式部城、私もだいぶ前に行ったことがあります。

城下の郭は、私見では、間違いなく近年のお百姓さんの畑の跡だと思います。

でも本郭とか、その裏とかはいいデキですよね、たぶん昔のままでしょう。

しかし、前から思うのですけど、城を作る土木量って、どれぐらいのものなのでしょうか?
戦国時代なら、サラリーマンのような長い通勤時間も無い訳で、晴耕雨読、地元の若い衆も時間を持て余した日々が多かったと思います。

私なら、暇に任せて、家族を守るための4重の堀切ぐらい掘っちゃうかも知れません。
中世の城址というのは、なかなか分析が難しいものだなと感じておりますv-14

大垂水 #- | URL | 2014/01/05 22:16 * edit *

堀切天国

確かに日向城、そっくりですね。
って、同じ山の形状では城の構造も似るのが必然かもしれませんが。
しかし、見事な堀切群ではあります。
堀切の写真は難しいですね。
目では凄さが分かるのですが、アングルなどを工夫してみても、写真ではなかなかその見事さを伝えられない。
これも頭の痛いところ。
人を配するのもいいかもしれませんけど。
1人じゃねえ・・。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/01/05 23:46 * edit *

Re: 大垂水様へ

ご来訪ありがとうございます。今年も宜しくお願い致します。

我々が思う城の常識とは当時の方から見れば非常識な見解なのかもしれませんね(汗)
群馬県太田市の金山城は2ヵ月工期で完成したと文書に残っているようなので、緊迫した情勢での突貫工事だったようです。
最近は西股総夫氏のように「逃げ込み城など無かった」という持論を展開する方もいらっしゃるので、現在の常識を検証する作業が必要な時が来ているのかもしれません。
「城は尽きない」この一言は奥が深いですねえ。

らんまる #- | URL | 2014/01/06 07:21 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

連続堀切はトレンドだったようですね。
ただ並べるだけでなく集約させる技法を駆使しているところは完成度が高いように思えます。
でも「なんでこの城」だったんでしょうかねえ(笑)

現地で見れば溜め息モノの堀切でも写真で撮るとプアになっちゃいます。
「百聞は一見に如かず」このことですね。

らんまる #- | URL | 2014/01/06 07:27 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/545-c5483e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top