らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0217

洞頭城・陣原 (下伊那郡高森町牛牧)  

◆上野北本城の座光寺氏に備えた城館と松岡軍団の集合場所か?◆

先週末からの大雪で旧武田領の甲斐と信濃は陸の孤島となり、上野国の南牧村は孤立無援で危ういと聞き及ぶ(汗)

ここは安倍総理の迅速な決断と行動力に期待しているのだが、国民の期待を裏切らないで欲しいものである・・。

さて、今回ご紹介するのは、とりあえず「松岡城の支城巡り」の最終回として「洞頭城(ほらがしらじょう)」と「陣原(じんばら)」の禁断の2枚抜き。遺構が少ないので2in1でご勘弁頂こう(笑)

洞頭城・陣原 周辺見取図
南大島川が松岡領と座光寺領の境界で大下砦(おおしもとりで)と陣原は境目の城ということになり、その中枢は洞頭城が仕切っていたと考えたいが、どうであろうか?


【洞頭城】

●立地

南大島川の境にある大下砦から東200mに位置し、松岡南城への入口となる台地の西側にある。
松岡南城の西の沢にある黒沢川の洞の入口で頭の部分の場所にあることから「洞頭」という命名なのだという。

洞頭城 (1)
南信州フルーツラインの牛牧南交差点の角が城跡である。


①城主・城歴(洞頭城)

史料棟も無くハッキリした事はわからないが、立地からして松岡城も近く、松岡氏発祥の地とされる古城も至近にあることから、松岡氏に関わる人が居住したことは間違いないであろう。
松岡八十騎と称する家臣団を従えた伊那谷屈強の大豪族松岡氏は、城持ちの家臣も多くいた事が考えられ、牛牧氏もその一人と思われ、牛牧氏に関わるものか検証も必要であろう。

洞頭城 (2)
標柱だけでは良く分かりません(汗)

②城跡(洞頭城)

道路拡張工事に伴い発掘調査を行い、南東部と北東部に堀形が検出されたらしい。
方形の館とそれを囲む堀形が想定され、内部には土塁もあったと考えられるが痕跡も無く想像の域を出ない。

洞頭城 (3)
交差点の北側の道路は堀切だったようだ。

洞頭城 (5)
北側から見た洞頭城の主郭付近。

方形の館であることから鎌倉時代の造営ではないか?と推定される方もあるが、「方形館=鎌倉時代」という固定概念は当てはまらず、周辺に副郭もあったのではないか?と思われるが断定出来ない。

洞頭城 (8)
道路の南側から見た洞頭城。


【陣原】

●立地

牛牧の宮沢集落の南台地上に陣原の地名が残っている。この台地は、西側は南大島川の谷になり東側は黒沢川の谷でその間に尾根状に張り出した所で、その西側は急斜面で先端部は細尾根になって下段の段丘へ続いている。
また、陣原の台地の基部には洞頭城(ほらがしらじょう)があり、西側の台地の先端部には大下砦、東側の台地先端部には松岡南城がある。

陣原 (1)
陣原と呼ばれる段丘の先端は牛牧浄化センターがあり、これといった遺構を確認することは出来ない。

陣原 (2)
陣原の大半は公園化されている。

●由来・その他

地名の由来は不明。一説には松岡氏が出陣に際しては以下の兵を集めて陣立をしたところであるというものと、織田氏が伊那谷へ侵攻して来て、松岡城攻略の陣を敷いたところとするものまど諸説あってはっきりしない。

陣原 (3)
公園の西側から見た大下砦。

松岡城に近く、要害の地であり、松岡氏の本拠地の防衛上重要な場所であることから、松岡氏にかかわる何らかの事件があり、陣原の地名が残ったと思われるが、史料・伝承等なく不明。
ただ、西側の南大島川の谷は座光寺氏との境界になり大下砦が松岡城の西の構えと云われている事と関連はありそうである。

陣原 (5)
公園中心部。この先黒沢川の谷を挟んで松岡南城があるが、現在この場所から見る事は不可能だった。

武田統治時代の松岡氏は信濃先方衆として軍役五十騎(八十騎とも)、座光寺氏は三十騎で、それぞれに軍役が課せられたと伝わる文献史料からは主従関係があったとは思われず、利害の相反する一定の緊張感があったと思われる。

陣原という場所が武田侵略以前の座光寺氏に対する牽制だったのか、天正壬午の乱における徳川氏への密告に対する威嚇の意思表示の場であったかは不明だが、いずれかのものであったと想像されるが、どうであろうか。


≪洞頭城≫ (ほらがしらじょう)

標高:560m 比高:-m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡高森町牛牧
攻城日:2014年2月1日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:有り
見どころ:無し
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑥諏訪・下伊那編 宮坂武男著」
付近の城址:大下砦、上野北城、上野南城、松岡城関連の支城など




≪陣原≫ (じんばら)

標高:560m 比高:-m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡高森町牛牧
攻城日:2014年2月1日 
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:有り
見どころ:無し
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑥諏訪・下伊那編 宮坂武男著」
付近の城址:大下砦、上野北城、上野南城、松岡城関連の支城など

松岡南城 (41)
松岡南城から見た陣原。










スポンサーサイト

Posted on 2014/02/17 Mon. 20:57 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 沼ノ城 (下伊那郡松川町古町)  |  山吹城 (下伊那郡高森町山吹) »

コメント

さすがです

さすがですね。
高森のほとんどの城跡を1日で回ってしまうとは。。。。
洞頭城は松岡氏の一族が居たことは間違いないでしょうね。
一応、文献にもそれらしき人物が出てくるようですし。
松岡氏の城砦は尾根状に張り出した尾根の先端部に構築くされているものが
ほとんどなのに洞頭城は尾根の付け根にあるのは古城と同じ時代に
構築されたものなんでしょうかね。
方形居館は松岡氏の領域では他に見られないですし。
あとは次郎城と茶臼山烽火台と地名だけ残っている古城の3ヶ所で
高森はコンプリートですね。

ていぴす #- | URL | 2014/02/19 15:17 * edit *

Re: ていぴす様へ

いえいえ、伊那谷の城マイスターの貴殿から見ればお茶を濁した程度でございますw
次郎城は最後に回る予定が時間切れ(汗)、比高差のある吉田茶臼山城は捨て置きました(笑)

今思えば二週間前の飯田方面の景色が嘘のように銀世界に染まったとは驚きモモの木サンショウの木でございます。平地の城館ツアーさえ閉ざす今年の気象状況は最悪でございますねえ。
この調子じゃあ、三月の城攻めも期待できそうにありませんネ・・。

らんまる #- | URL | 2014/02/19 20:48 * edit *

冬ショーグン

ここまで耕地化・宅地化が進むと、遺構の確認は難しいですね。
それだけ、開発しやすい場所にあるってことでしょう。

最近の積雪は凄いですね。それに土日は必ず天気が崩れて。
小生も2月はまったく城の徘徊もできず、ストレス溜まるわあ。

そっちも雪が酷いようですね。量も過ぎるとねえ。
ガキの頃ならきっと「カマクラ」造ってたでしょうね。
お山の雪も遅くまで残るでしょうねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/02/19 22:09 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、それでも天竜川沿いの河岸段丘の城砦群がかなり残っているのは奇跡に近くと思いますね。まあ、人口密度も低いので開発されずに残ったという見方もあるでしょうが・・(笑)

会社の駐車場の除雪作業をしていたら残雪が土塁のような方形館になり、通路が外堀となりました・・(爆)
ついでに内枡形を作ろうとしたのですが、それじゃ車が入れなくなるので止めましたが(汗)
まあ、土と雪じゃ重さが違いますが、往時の人々もブツブツ文句を言いながら造成したんでしょうね。
平地ならまだしも、山の上でこんな作業するなんて中世城郭を作らせた奴らはブラック企業に違いない(笑)

らんまる #- | URL | 2014/02/20 19:35 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/566-ecd58034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top