らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0503

高原城 (上高井郡高山村釜山)  

◆上州への間道を監視した砦◆

前回の記事では実にたくさんの方にご覧頂きました。

また、色々と励ましのお言葉や対処方法を「公開・非公開」問わず頂戴し感謝致します。

ネチネチと長野県を締め上げて「真面目に文化財保護に取り組まんかい!」とお灸を据えて参る所存でございます。

しかし、小生の本業は「行政の怠慢を吊るしあげる事」では無く、名も無き城跡を多くの方に知って頂く事なのです。

鴨ヶ岳城・鎌ヶ岳城(中野市) (209)
本日攻め落として来た「鴨ヶ岳城砦群」(山麓の高梨氏居館跡から撮影。花桃が咲き乱れている)

鴨ヶ岳城・鎌ヶ岳城(中野市) (219)
小生の大好きな村下孝蔵の「踊り子」の歌詞に出てくる「リンゴの花が咲く暖かい場所」とはこの町だろうか。


今回ご紹介するのは高山村から上州に通じる奥山田郷の街道を監視した高原城。

高原城見取図(上高井郡高山村)
どこの集落にでもあったであろう簡易な砦仕様である。


【立地】

天神原集落は松川の峡谷に面して、100m余の急崖の上に南面する傾斜地に展開している。奥山田地区は名前の示すように奥まった地域で、東行すれば山田温泉、五色、七味温泉を経て万座峠、山田峠へ通じる古道に沿っている。また、古池峠を越えれば、山ノ内町の寒沢地区や中野市の間山地区へも通じる所で、そうした間道と無縁ではないと思われる。

高原城(上水内郡高山村) (17)
天神原のバス停の奥の丘が城跡。

高原城(上水内郡高山村) (1)
公園化による改変も若干あるとあるだろうが、切岸は往時の加工であろう。


【城主・城歴】

史料無くはっきりしたことは分からない。地元ではこの場所を釜山と呼んでいるが「かまえ(構え)」に通じるものではないかと宮坂武男氏は推察している。バス停脇の石碑には城山の字もある。
この場所に番所または砦のようなものがあったのだろうと、現地に立つと思えるのは確かである。

高原城(上水内郡高山村) (3)
郭1の内部。

高原城(上水内郡高山村) (4)
かつての街道(旧道)が城域の南を通っている。関所の役目を果たしていたと云う推論の根拠である。

高原城(上水内郡高山村) (6)
郭2は通路により分断されているが、長方形の郭だったと思われ、掘立長屋が置かれていたのであろうか?


【城跡】

釜山と呼ばれる27m×15mほどの広さの小山が中心で、西側の墓地と耕作地になっている郭を含めた小さな砦だったようだ。堀形は郭1の背後に認められるようだがどうであろうか?郭2の先には防御用として堀切があったと推定するが、改変が著しいので何とも言えない。

高原城(上水内郡高山村) (9)
城域南側。松川の段丘が天然の切岸になっている。

高原城(上水内郡高山村) (10)
藤沢氏の墓地のある郭2(郭1側)

高原城(上水内郡高山村) (11)
藤沢氏の墓地から郭1を振り返ると、こんな感じだ。

高原城(上水内郡高山村) (14)
郭2の西側から見た城域。この辺りに堀切があったとしても不思議ではないが、想像の域を出ない。

「ああ、桃源郷のようなこんな場所にも、戦禍が災いをもたらしたというのだろうか・・・・」

山田温泉郷に向かう県外ナンバーの車両を見送りつつ、複雑な心境となった次第である。

高原城(上水内郡高山村) (16)
「釜山」という名の郭1。


≪高原城≫ (たかはらじょう 釜山 城山)

標高:810m 比高:8m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上高井郡高山村天神原
攻城日:2014年4月13日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:-分 駐車場:路駐
見どころ:切岸
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井編⑧ 宮坂武男著」
付近の城址:福井城、城山城(高山村)

福井城(上水内郡高山村) (54)
須田氏の本城である大岩城とは、中間に位置する城山城と狼煙を介して連絡出来る位置にある。


スポンサーサイト

Posted on 2014/05/03 Sat. 22:16 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 城山城 (上高井郡高山村荒井原)  |  破壊された三日市場城の復元の為に、皆の声を白馬村役場に届けて下さい! »

コメント

らんまるせんせ、こんばんは。

負けず嫌いのつねまる、土のもこもこのお城を探検してきました!
楽しかったです。すごく面白かったです。

まずはご報告まで。



つねまる #- | URL | 2014/05/04 23:11 * edit *

Re: つねまる様へ

ほほう、それは頼もしいですなあー。
堀切も竪掘は堀底を伝って下りてみると楽しいですのですが、また登るのが苦痛です(笑)
土豪の方が一族と周辺の土民を動員して造った土の軍事要塞ですから、隅々まで見てあげてつかーさい。

小生も本日は山の尾根~峰に築かれた城跡を六ヶ所縦走して4時間30分道無き山で途方に暮れて孤独を楽しんでおりました(汗)今月はもうゲップが出そうなのでしばらく休憩します・・(爆)

らんまる #- | URL | 2014/05/05 17:11 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/593-b2e26548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top