らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0805

樺沢城(南魚沼市)  

★上杉軍VS北条軍の修羅場★

こんばんは。

謙信公の死因は酒の飲みすぎによる卒中と云われています。
当時の記録によると戦国時代の越後の日本酒のアルコール度数は3%~5%だったとか。
相当飲んだんでしょうね。でもそれじゃタダの酒飲み。イメージダウンですw

軍神と呼ばれた謙信公が第三のビール程度の度数で脳溢血になるというのは心外。
でも最近の調査で、豊臣秀吉の「かっけ」というのは真実味があって結構頷ける・・・(笑)

天地人09 001
↑上田庄の入り口でもある樺沢城は上野国と隣接する三国峠を抑える要衝の地
■冬将軍はいつの時代も無敵という真実■

ナポレオンも、第二次世界大戦のヒトラーも冬将軍の前には全戦全敗。

「御館の乱」で景虎の援軍として侵入した北条軍も、破竹の勢いで上田庄の樺沢城を奪取し坂戸城に迫るが一進一退の戦闘を繰り返し冬を迎える。

甲相同盟により武田勝頼まで景虎の援軍として動員に成功し戦局を有利に進めた北条軍は、上杉家家臣で景虎方に付いた北条高広(きたじょうたかひろ~後北条家とは血縁ではない)と北条氏邦(ほうじょううじくに~氏康の四男で名胡桃城事件の張本人)を樺沢城に残し一時撤退する。

天地人09 057
↑樺沢城入り口の御館の乱追悼碑。

窮地に立った景勝側は海津城に来ていた武田勝頼に対して、北信濃割譲と軍資金の献金を和睦の条件として交渉し、勝頼はこれを受け入れ、更に妹を景勝に輿入れさせ甲越同盟が成立。(このことが武田家滅亡の遠因といわれる)

天地人09 014
↑乱立する説明看板・・・もう雰囲気台無し!

戦況を有利に進めていた景虎方はこの同盟により形勢がイッキに逆転する羽目となる。味方していた諸城は相次いで落城し、相次ぐ武将の離反はどうすることも出来なかった。

天地人09 029
二の郭横にある胞衣塚(えなづか) 景勝の産着を埋めたと云われる。安産祈願の聖地?

後顧の憂いを絶った景勝軍は、樺沢城の北条軍を打ち破り奪取に成功する。武田軍に牽制された上野国の北条軍は身動きが取れないまま撤退を余儀なくされる。

天地人09 039
本郭跡。南魚沼の市街地が一望できます

御館を脱出して鮫ヶ尾城へ落ち延びた景虎は実家である相模の国への逃亡を図るが、城主である堀江宗親の寝返りにより妻子ともども自刃して果てる。(享年26才)

ezu1.jpg
↑城の鳥瞰図。樺沢城跡保存会のWEBよりお借りしました。

歴史にIFはありませんが、上杉景虎がこの戦に勝利していたらどうなっていたのでしょうか?
実家の北条家と共に関東甲信越を支配し徳川家康や豊臣秀吉に充分対抗出来る勢力になっていたのかもしれません。

賄賂という前代未聞の一か八かの大勝負に賭けた上杉景勝。家名存続を賭して宿敵上杉と同盟を結ぶという判断をし結果として滅亡した武田勝頼。徳川家康を最後の砦として縁者になり時代の趨勢を見誤った北条家。

判断と決断を瞬時に求められる経営センスとは、いつの時代も変わらないという鉄則なんですね。

天地人09 062
↑樺沢城入り口にある滝澤寺


場所:新潟県南魚沼市
お勧め度:★★★★
遺構:空堀、土塁、竪堀  山城の魅力満載!
散策時間:20分もあれば一回り出来ます。
諸注意:雨上がりの後は地面が滑りやすいので注意しましょう。普段着でOKですが、靴の基本はトレッキングシューズ。

天地人09 004
仙桃院(謙信公の実姉)のお花畑跡。高島礼子が出てきそうで、ドキドキしちゃいますw(笑)

スポンサーサイト

Posted on 2009/08/05 Wed. 00:07 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 与板城(長岡市)  |  坂戸城(南魚沼市) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/6-82e2cfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top