らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0526

腹が減っては戦(いくさ)も出来ず?  

◆庶民の胃袋を掴んで離さない地元の食堂はありがたい◆

全く関係無いのだが、先日、湯田中温泉駅の近くの「食堂みかさ」で昼飯を食べることになった。全くの一元である(汗)

「ベトコンラーメン???」とメニューにあったが、初めて聞くラーメンの名前である・・・。

べとべとコーンラーメンの略?(ってなんじゃそりゃ) ベトナムと何か関係あるラーメン?、ベトコラーゲン入り?

お店の方に聞かずに注文するのが、真の戦国武将であろう・・・(ってか何の関係もないでしょ!・・笑)

ベトコンラーメン①
解説版ベトコンラーメン。700円也。

馬飼った旨かったゾ!!(笑)

ちなみに帰ってからネットで検索したら中京圏が発祥で人気だとか。台湾ラーメンのベトナム版って感じかしら・・(笑)

やはり名前の由来はベトナム戦争時におけるベトコン(南ベトナム解放戦線)の活躍に由来しているようだが、戦争賛美とも取られかねないので、「ベスト コンディション ラーメン」という無理強いをしたらしい。(そっちのネーミングのが道灌えても無理がある・・・汗)

庶民的な地元の食堂ならではのメニューでおすすめなのが「大盛りラーメン600円」(二人前のボリューム)
※ふつうのラーメンは500円なので、腹が減って死にそうな人には胃袋にもお財布にも優しい。

大盛ラーメン①

このお店、夜の居酒屋がメインみたいですが、なんでもありの大衆食堂・・がっちり胃袋掴まれましたヨ・・・(笑)

【今宵の軍師 官兵衛のハイライト】

スノーモンキー②

決して村重の奥さんと官兵衛の奥さんと演技を比較してはならぬ・・・・・・・はっ!!
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/26 Mon. 12:00 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 大岩城 (須坂市日滝)  |  山田高梨居館 »

コメント

こんばんは。
官兵衛の奥さん、私まともに演技を見るのが初めてなんだけれど、お上手ですねぇ!
驚きました。
村重の奥さんは、美しければ良いんですよ(笑)
そうそう、万見殿あっけなく死んでしまいましたね。
私としては、信長公に 「せ・仙千代 (涙)」 くらいはやってもらいたかったわ。
次はいよいよ、らんまる様の出番ですね。

万見仙千代 #- | URL | 2014/05/26 19:25 * edit *

Re: 万見仙千代 様へ

TBSのドラマ「仁(JIN)」からイッキに中谷さんのファンになったでありんす(笑)、またあの時の内野聖陽の竜馬役も最高でしたネ。福山ファンには怒られるけど、現実の竜馬って泥臭くて人間味のある感じで表現した凄い役者さんでした。

仙千代さん、あっけない最期でした。もう少しセリフがあっても良かったのに・・・(汗)
で、いよいよイケメン真打蘭丸の登場ですか・・・(笑)

森家は甲州征伐の後、川中島四郡の所領を与えられ海津城に転封されたので、信州とは縁がありますネ。
小生も「らんまる」を名乗るものの、森長可が本能寺の変後の撤退に際して地侍の人質を皆殺しにした仕打ちは惨いと思っております。なので小牧長久手の戦いで討死したのは自業自得なのだと思ってしまいます・・。

らんまる #- | URL | 2014/05/26 20:18 * edit *

こんばんは。
美味しそうなラーメン…夜中に危険な画像。
二枚目の…レンゲ、小さいですね。くすくす。

信長様能楽ご鑑賞の場面の黒式尉は野村万蔵先生で、嬉しくて私も小躍り。能楽師の先生方がふつーにキャストでクレジットされててびっくりでした。

つねまる #- | URL | 2014/05/27 01:12 * edit *

Re: つねまる様へ

信州=ソバと思いきや、小さなラーメン屋が犇めき合う戦国時代で他府県よりもスクラップ&ビルドが激しいかと・・(汗)
そんな中でも地元の昔からある老舗食堂はさすがに貫禄があるし万人向けの胃袋の掴み方を心得ております(笑)

そうなんですか、有名な先生がさらりと演じておられたのですね。江口さんの渋い顔ばかりがアップされよく見ておりませなんだ・・。録画してあるのでしっかり見るようにしますw

らんまる #- | URL | 2014/05/27 06:28 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/604-e16532a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top