らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0905

矢島城(上田市)  

◆謎の多い神氏とされる矢島氏の居館跡◆

太郎山麓の虚空蔵沢に臨む扇状台地に築かれている。同城は矢島屋敷と通称されるが、北林城とも呼ばれた。この城の防禦の特性は、太郎山三渓水の一つ虚空蔵沢水(滝沢)の懸崖を以って東に備え、南部の断崖と北の大堀切から連続する西面の急斜面とを取り入れるなど、その巧みな選地にあると思われる(上田小県誌より)

yajima01.jpg

城と呼ばれているが、実は要害と居館を兼ね備えた場所だったと推測されます。
この居館の東尾根には牛伏城と詰め城のアラ城があります。

実は、以前この城館の場所が特定出来ずに山麓を彷徨ったのですが、諦めて帰ろうとした際に矢島稲荷大明神を発見して場所を探り当てました。(燈台元暗しとは・・・笑)

yajima02.jpg
↑北側大堀切の土塁脇に建つ矢島稲荷大明神。この南側がかつての屋敷跡。

この地方の城館は比較的大きいので、先入観念が邪魔したようです。

yajima03.jpg
↑北側の堀切。

建武二年(1335年)に諏訪家の神氏であった矢島氏が諏訪より此の地に引き移り、北林城を居城とする北林氏を川中島方面に追放し永禄期まで当地を支配したようです。

yajimao4.jpg
↑北側土塁跡に残る石積み

永禄九年に海野幸義らとともに起請文に名があるので、存在は間違いないようです。

城跡には旅館などの建物が建築され、当時の面影はあまり見られませんが、本郭の脇にある腰郭が段々畑になり流用された石積みは当時の面影を残しています。

yajima05.jpg

≪矢島城≫ (北林城、矢島屋敷とも)
場所:上田市緑が丘 国道18号線上田バイパス緑が丘信号入口付近を北へ入る(標高520m 比高80m)
攻城日:2010年8月13日
お勧め度:★☆☆☆☆
時間:10分程度
見どころ;土塁、堀切、石積み
その他:牛伏城、アラ城とセットでの見学がお勧め。
スポンサーサイト

Posted on 2010/09/05 Sun. 21:40 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 子檀嶺城(青木村)  |  柏山城(上田市) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/62-5c98c885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top