らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0728

大月城 (長野市信州新町中牧)  

◆在地土豪の見張り砦◆

基本的に小生の記事は唯我独尊(??・・・または天の邪鬼とも・・)なので、人さまとカブろうが、WEB公開初であろうが、定説と真逆を唱えようが意にかえさない事をモットーとしております・・・(笑)
奇人・変人?・・そうとも云いますネエ~(汗)

須坂動物園①
軍師官兵衛も前半のハイライトでございますw 「岡田くん、お主も仮面を被った悪(ワル)がお似合いですなあ」

今回ご紹介する大月城は、ご多聞に漏れず城跡が中牧神社となっている。それだけなら珍しくもないが、七年に一度の御柱(おんばしら)が行われる由緒正しき神社なれど、あまりに酷い現在の状況に危惧を感じて、過去記事をWEBで探してみた。案の定、こんなゴミのような砦を取り上げていたのは北緯36度付近の中世城郭の管理人あおれんじゃあ様ぐらいであった・・(失礼)

大月城(長野市大岡中牧) (1)
麻績村と信州新町を結ぶ県道12号線の信州新町中牧地区を左に入る。(脇道は軽自動車なら何とか入れる)

大月城(長野市大岡中牧) (2)
大岡小学校中牧分校跡(現在は分校記念公園)。車はここに駐車すると良いでしょう。

【立地】

砦山城(大岡城)と牧之島城の中間地点にあり、台地が犀川方面にせり出すような部分の大月山の頂にある。
台地を下った西北1km先に中牧城、南東2kmに蟻ヶ城があり、それぞれ連携の確認出来る位置にある。

大月城(長野市大岡中牧) (9)
分校の記念公園の下の林道を北へ向かうと石仏と経塚の石碑に辿り着く。ここが神社への分岐点になっている。

大月城見取図①
今回は全くやる気の感じられない縄張図・・(笑)

【城主・城歴】

文献・史料も無く不明である。中牧地区の領主である中牧氏の中牧城の詰め城的な位置にあるが、断定は出来ない。
長野県町村誌によれば「村の亥の方にあり、大月山の嶺上に平地をなし、東西五十間 南北十間 東に堀切二ヶ所あり 、堀切二ヶ所の間三間、各長さ十五間許、西は岩壁、南北は峻険、各高五丈許、東に追手あり、某の居城たりしか不詳」とある。

大月城(長野市大岡中牧) (37)
分岐を過ぎて城域手前から見える風景。こんな場所(失礼)にも生活の場(集落)があるとは驚きとともに感動すら覚える。

大月城(長野市大岡中牧) (12)
林道を結構歩いて奥へ進むので、本当にこの道で良いのか不安になるが標柱を見て安堵する・・(汗)

【城跡】

中牧神社の社殿の建つ場所が主郭で、石段を下った先にある大鳥居の場所が二の郭だという。砦跡へ神社を建立した為に改変されているが、縄張は往時のままかもしれない。
御柱祭の行われる伝統を継承する神社で御柱も社殿の前に奉納されているが、限界集落による人手不足なのか管理状況は思わしく無く、2016年(平成28年)の御柱祭はどうなるのだろう?と心配になった。

大月城(長野市大岡中牧) (14)
防御特性は南で大手方面も南。混乱するので神社の向きは考慮しないのが良い。

大月城(長野市大岡中牧) (16)
ヘタな模擬天守より城郭っぽい社殿(笑)

大月城(長野市大岡中牧) (24)
次回の御柱祭で再び柱が建つのだろうか?(北側より撮影。緩い傾斜が続く)

城跡に勧進した神社なのだが、大鳥居までの参道は背後から回り込む変則的な作りで、ゴルゴ13だったら絶対に許さないと思う。(俺の後ろに立つな!、的な発想である・・・笑)

大月城(長野市大岡中牧) (25)
参道の石段を下りたら、帰りは登るしかない。これが結構キツイ。

大月城(長野市大岡中牧) (29)
大鳥居のある場所が二の郭。腰の高さまである雑草は伸び放題。大丈夫なのか?この神社?

在地土豪の見張り砦として、大岡経由で麻績へ通じる街道と、川中島へ通じる信更町方面を見張ったのであろうか。
武田統治下では牧之島城の衛星として、そして天正壬午の乱では対小笠原貞慶との境目の城として築かれた蟻ヶ城との連絡に活躍したように思われる。(あくまで個人的な推測であるが・・)

大月城(長野市大岡中牧) (32)
「天国への階段」のような本郭への石段。誰かエスカレーター付けておくれ!(笑)

大月城(長野市大岡中牧) (34)
南側の林道部分には主郭の手前に堀切が二条あった痕跡が確認出来る。

大月城(長野市大岡中牧) (17)
犀川を挟んで小川村の立屋城まで見渡せるロケーションは圧巻である。

大月城(長野市大岡中牧) (18)
遠く仁科三湖を臨む。山の名を覚えなければ斥候も務まらない時代だった。

在地土豪の中牧氏は、古くからの在地土豪として牧城の周辺にも屋敷と領地があったようだが、牧之島城の築城工事に伴い移転したという。

中牧城も攻め落とすべく場所を特定出来たまでは良かったが、「猪の罠を設置しているので注意」の看板で万事休す。
腰まで伸びた雑草で罠を見つけるには難しい。
次回のお楽しみになってしまった・・・(汗)

中牧城(長野市大岡) (15)
標柱の場所に惑わされた中牧城。次回のお楽しみである。

≪大月城≫ (おおつきじょう)

標高:769m 比高170m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:長野市信州新町中牧
攻城日:2014年7月12日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要:分校記念公園から歩いて10分
見どころ:ロケーション
付近の城跡:牧之島城、中牧城、蟻ヶ城、和田之城、砦山城など
注意事項:藪が酷いので長袖長ズボンは必須
参考文献:「信州の山城と館②「更埴・長野編 宮坂武男著」

中牧城(長野市大岡) (12)
中牧地区から見た大月城遠景。







スポンサーサイト

Posted on 2014/07/28 Mon. 23:00 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 懺悔の五周忌だ!  |  牧之島城2 (長野市信州新町牧野島 リテイク) »

コメント

呼んだあ?

ここまで来ましたか?
しかし、草がひどいねえ。
多分、ほとんど人は行かないんでしょうね。

由緒ある神社ですが、地域の過疎を体現してますね。
俺が行ったのは昨年5月でしたが、草もなくすっきりしていましたわ。

まあ、小さいもんですね。
中牧城から尾根が続いており、いい尾根道がここまで延びていましたので、多分、中牧城の詰めの城なんでしょう。

ここより、中牧分校跡地に妙に感銘を受けました。
学校跡から見る雪の残った北アルプスと桜の木、なぜか、ジーンときました。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/07/29 21:51 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

こんなとこ記事にしている物好きなどいないだろう、と思ってましたが流石ですネ(笑)

この辺りも巷で云うところの「限界集落」でしょうか。
前回の御柱は他の地区から応援が来て何とか出来たようですが、次回はどうなんでしょう。
山梨県と長野県は「空き家率」で全国の1位と2位。(約30%)ヤバイです(汗)
小学校、中学校も統合され今じゃ高校の廃校も珍しく無いんで、そのうち母校が消えて涙目になるのでしょうか・・。

らんまる #- | URL | 2014/07/30 06:11 * edit *

地元のものです

本日御柱祭開催しますよ。
神社までの道やお宮の廻りもきれいにされました。廻りの木も切って見晴らし良くなりました。数ヶ月前から準備もしてきて、いよいよという感じです。限界集落もまだまだ頑張ってますよ(^-^)v

しまねこ #- | URL | 2016/04/23 11:11 * edit *

Re: しまねこ様へ

御柱祭りの開催、おめでとうございます!!
よそ者が好き勝手な事を書いて余計な心配までして、お詫びのしようもありません・・・・(汗)

そうでしたか、まだまだこの先も引き続き祭りを担っていただき、地元の伝統を守っていってくださいませ。
「限界集落」という言葉も吹き飛ばして欲しいものです。
きれいに手入れされた神社にまた寄らせていただきたいと思いますw

情報ありがとうございました。

らんまる #- | URL | 2016/04/23 14:17 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/628-e86456bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top