らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0730

懺悔の五周忌だ!  

◆死して屍拾うもの無し・・・・◆

正確に云えば2009年の5月3日にブログを開設したのだが、FC2ブログに引っ越してきたのが7月なので今月末で6年目に突入というのが「らんまる攻城戦記」における「お疲れ山 肉体疲労寺」の公式文書である・・(笑)

まあ、今でも赤面するぐらい最初の頃の記事は酷い・・・(汗)

さりとて、「驕るらんまる久しからず」と思い、戒めの意味を含めて削除しないようにしている・・・(爆)

須坂動物園②
須坂市動物園で最近生まれたカピバラの赤ちゃん。チヤホヤされるのは今だけであろうか・・(汗)

意気揚々と始めたまでは良かったが、初心者の語る「戦国の城」など相手にされるはずもなく閲覧者も「0」行進。

とうとう2010年の1月は一回の掲載で終わり 、「もう止めようか・・・・・・・・・」 弱気になっていた。

中山城②元ネタ
上田市武石にある中山城の巨大な主郭背後の二重堀切。これぞ戦国の城という荒々しさが満載でお気に入りの城だ。

ブログを始めた目的は何だったの? 人に見てもらって「うわべだけの賛辞を貰うこと?」 葛藤は続いた。

そんな時に宮坂武男氏の「図解 山城探訪」に出逢い、凄まじい衝撃を受けた。

「宮坂氏の探し当てた信州の城をデジタル化して全国の人に発信してみよう!」

中山城2(上田市上武石) (44)
写真に落書きを入れる不届きな冒険もやってみたが、結構受け入れて頂いたような気がする・・(笑)

五年かけてやっと500弱の掲載。

スローペースですが有名な城もゴミのような砦も小生には思い入れがあって、スタンプラリーには出来ない。

全国を股に掛け、ゆうに千を超える城を掲載する諸先輩から見れば、信州にこだわる奇人変人の類であろうか。

大島城 (81)
南信濃を代表する伊那大島城の二重三日月堀。国指定の史跡に昇格が望まれる貴重な遺構である。

まあ、せっかくの五回忌なので、お付き合い(リンク)頂いている奇特な皆さまのブログやHPを紹介しましょうネ。
(プリントスクリーンではなく画面を写真で撮影しているので乱反射があります、ご容赦願います)
気になったかたは、小生のブログのリンク先から覗いてネ。


【城と古戦場】

知らない人はモグリろいっても過言ではない戦国の城の第一人者である。
管理人のマサハレ殿には、ブログ立ち上げ時に色々と指南頂き信州の山城の醍醐味を教えて頂いた。
いつかご一緒したいと願う恩人の一人であります。

5周年スペシャルご紹介 (1)

【北緯36度付近の中世城郭】

ご存知「ヤブレンジャー」のあおれんじゃあ様のHPとブログ。現在のお住まいは茨城県ですが、実家が長野市ということもあり、信州の山城にも造詣が深い。何度かご一緒させていただきました。
押しかけ弟子として勝手に師匠と呼ばせて頂いておりますが、その博識と遭難覚悟冒険心は憧れでございますw

5周年スペシャルご紹介 (2)

【春の夜の夢】

管理人atenza23z様の日々更新される全国の戦国の城のブログです。
村上連珠砦群として虚空蔵山に眠る村上関連の山城を掲載された時からのお付き合いでございます。
沖縄まで出掛ける(沖縄の城跡はグスクという)その行動力には脱帽です。しかも毎日の更新は凄すぎます・・。
城や城主・城歴も徹底した調査です。見習わないといけませんが、小生には無理かも・・。

5周年スペシャルご紹介 (3)

【武蔵の五遁、あっちへ こっちへ】

五遁さんは、年がら年中、季節を問わず城跡へ出掛けている「やじきた道中膝栗毛」的な方で、そのパワフルな行動力には恐れ多く脱帽です。何度かご一緒させていただきましたが、戦国の城に対する情熱は小生の数万倍でしょう。
独創的な鳥瞰図(立体図)は他の追従を許さないもので、城跡に行けなくともその高低差がわかる優れものでございます。

5周年スペシャルご紹介 (4)

【長野県の歴史を探し求めて】

管理人のていぴすさんは、小生のブログの写真に度々ご登場いただいております。まだお若いのだが、戦国の城を中心とした中世への造詣は深くキャリアも長い。かなりの勤勉家で小生など足元にも及ばない。信濃先方衆としてご一緒させていただく機会が多くありがたいことでございます。

5周年スペシャルご紹介 (5)

【飛騨の山猿大王】

小生が苦しい時期に支えて頂いた全国区の有名人でございます。
最近は田舎にリタイヤされて城跡訪問も時々の頻度となりましたが、解説は相変わらず素敵です。いつかご一緒願えればと思っております。

5周年スペシャルご紹介 (6)

【古城の風景】

管理人の馬念さんも全国区でしょう。縄張り図の現地での読み方を教えていただいたり、色々と各地のお城の情報を教えていただいたり感謝でございます。最近はご一緒する機会が少ないのですが、またご一緒願えればと思っております。
全国を飛び回る体力と気力には脱帽ですね。

5周年スペシャルご紹介 (7)

【Happpppy Tomorrow】

小生が開設しているもう一つのブログ(現在休眠中・・?)からのお付き合いでございます。音楽ジャンルで色々と楽しませていただいております。シュールな語り口が素敵です。

5周年スペシャルご紹介 (8)

【信玄を捜す旅】

武田信玄・勝頼父子の軌跡を扱ったHPではピカイチでしょう。理路整然とした文章、写真も一級品で、城跡への行き方なども丁寧に書いてあるので困った時にはここへ来るのがベスト。管理人のShigeさんは趣味が高じてプロになるために日本史専攻の大学へ入ったほどの兵で、小生も尊敬しております。
最近HPの記事追加を再開されましたので、これからも楽しみですね。

5周年スペシャルご紹介 (9)

【余湖くんのお城のページ】

もはや説明抜きで通用する中世城郭研究の第一人者でしょう。
昨年ご一緒させていただきましたが、繊細な観察力と強靭な体力をお持ちの方で、同年代の小生など足元にも及びません・・(汗)多芸多趣味なので、戦国の城以外でも才能を発揮しているものと推察しております。
足手まといにならぬよう、またご一緒出来るといいなあーなんて思ってます。

5周年スペシャルご紹介 (10)

【坂道散歩】

明治以前の街道について参考になるブログを探していたら辿り着きました。実際に旧道を歩いて走破されているのにはビックリしました。小生も真似してみましたが、歩くという事がいかに現代では大変な運動になってしまったのか実感出来ました・・(汗)
写真に添えられたシュールなコメントがニヒルで恰好いい(笑)
最近あんまり訪問出来ず、申し訳なく感じております。

5周年スペシャルご紹介 (11)

【日本の名城100選】

二年前に馬念様と一緒に麻績城や高鳥屋城をご案内差し上げました。しばらくHPの更新は途絶えているようですが2,000を超す攻城数は金字塔だと思います。
「らんまるさん、あなた文章の才能があるみたいだから、紀行文形式で書いたらイイと思うよ。」
ありがたいお言葉を頂戴しながら、まだ書けずに青二才のままです(笑)
もう一度お逢いしたいですね。

5周年スペシャルご紹介 (12)

【ひらさんのhighトレッキング ブログ編】

里山~3000m級のアルプスまで登山家である管理人ひらさんのブログです。信州の山城は結構高い所にあるので、時として登山家の皆さんのルート解説や写真が大変参考になります。
長野市の枡形城や保科の霜台城は、ひらさんのブログに書かれた記事とルートを参考に無事辿り着きました。基本的に山登りは嫌いですが、登らないと辿りつけないジレンマにあって、いつも助けて頂いております。感謝感謝(笑)

5周年スペシャルご紹介 (13)

【flat top ride】

更新回数か少ないのですが、時々良い情報を提供していただいております。
いつかご一緒出来ればと思っておりますが、中々その機会がありません・・(汗)
これからも御贔屓にお願いしますw

5周年スペシャルご紹介 (14)

【~未知なる城を求めて~城郭研究ノート】

城郭研究家として有名な竹井英文様のブログです。現在は仙台在住だとか。専門家としての立場で解説される中世の城郭は、我々のようなシロウトが説明するのとやはり格が違います・・・(汗)
山城にも造詣が深いので、今後の掲載が楽しみですね。

5周年スペシャルご紹介 (15)

【さらさら越え】

長野県佐久市にお住まいの万見仙千代様のブログです。色々なジャンルにご活躍されております。地元の佐久市をこよなく愛されているその郷土愛には脱帽です。(ちなみに北海道のご出身で東京で都会暮らしをされてから長野に引っ越してきたそうです)
ちなみにハンドルネームが信長の小姓繋がりで友好条約締結となりました・・(笑)

5周年スペシャルご紹介 (16)

【戦国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行】

最近リンクさせていただいたパワフルかつ繊細な「面白小町」さんです(笑)
関西系のノリが素晴らしく、お穣さん、御商売間違えたんとちゃうか?って感じです、ハイ。
何事にも真摯に取り組む姿勢は、らんまるも見習わなければなりませんねえー(汗)

5周年スペシャルご紹介 (17)

まあ、以上、リンク先の皆様の許可も得ず、ツラツラと並べて勝手な感想を述べさせてもらいました・・(笑)

あっ、そうそう最近ようやく蝉の声が聞こえるようになりました。

7年間も地中深く生活する蝉の幼虫にとって、5年間なんてまだまだ「甘い!!」んでしょうねえ~(汗)

蝉の抜け殻

「死して屍拾うもの無し・・・」 (時代劇のドラマで使われて流行ったこのセリフ、知ってる人、めっちゃ昭和人ですw)

そんな最期に憧れてますが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(爆)

不定期更新ですが、今後とも御贔屓にお願い致します!


スポンサーサイト

Posted on 2014/07/30 Wed. 21:27 [edit]

CM: 18
TB: 0

« 塩島城 (北安曇郡白馬村北城)  |  大月城 (長野市信州新町中牧) »

コメント

らんまるさまがブログを続けて下さっているお蔭で、こうして巡り合えたんですから深く感謝です。
場違いな私なんぞのブログまで載せていただき、ありがとうございました <(_ _)>

皆さん、どれもこれも興味深いブログで、世の中にはこういうプロ並みの方が大勢いらっしゃるんだと感心するばかり。
一度ご一緒させていただき、山城の遺構の見方を習いたいのですが、あまりに険しい道のりのようで全く自信無しですね。
クマさん怖いし・・・

万見仙千代 #- | URL | 2014/07/30 21:52 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

いえいえ、これも何かのご縁でございます。それよりも勝手掲載、平にご容赦下さい・・(汗)

そうそう、佐久市の志賀城の麓にある雲耕寺様が小生の記事を志賀城の城歴として城跡探訪者に配布するみたいですね、恐れ多いものの、世間のお役に立てることが出来て、有り難い事です。
晩秋には雲耕寺様にお礼に伺う予定ですので、その時にご都合があえば、志賀城をご案内致します。
比高はそれほど無いので、無理なくトレッキング気分で登れます。里に近いので、一応クマよけ鈴を付けていれば大丈夫だと思います。
それよりも、小生の拙い説明がお役に立つのか心配です(笑)興味のあるご友人をお誘い頂いても大丈夫ですよ。大勢のほうが楽しいですから。
またご案内しますネ。

らんまる #- | URL | 2014/07/30 22:29 * edit *

おめでとうございます

六年目突入おめでとうございます。
らんまるさんの楽しい記事と分かりやすい内容に毎回楽しく拝見させていただいております。
思えば自分がブログを始めた頃にらんまるさんが色々ご教授して下さったのがお付き合いの始まりでしたね。
まだ教えていただきたい事もいっぱいありますし、行きたい城跡もありますのでこれからも
どうぞよろしくお願いしま~す。。。!
早く秋が来ないかな~。

ていぴす #- | URL | 2014/07/31 03:12 * edit *

Re: ていぴす様へ

ご丁寧な弔辞をありがとうございます(笑)

いつ途切れるのか?という恐怖と戦いながら5年間何とか持ちました・・・(汗)
小生の拙いブログを見て、「そうだ、戦国の城へ行こう!」という単純思考の方狙いですが世の中甘くありませんネ。
最近は飛騨に凝っておりまして、どーしても行きたい病に取り憑かれております(笑)さりとて遠いので一泊二日の工程じゃないと無理でしょう。ご検討頂ければ幸いです。

らんまる #- | URL | 2014/07/31 06:03 * edit *

五周忌?、そして6年目突入おめでとうございます。
継続は力なり!
もともとは番犬ガルムさんからの長いお付き合いありがとうございます。
中身の薄くなってしまったHPの紹介まで感謝です。
最近はこちらがメインになりつつあるのでよろしければ覗いてみてください。
https://www.facebook.com/will.poetmando

WILL #- | URL | 2014/07/31 10:44 * edit *

おめでとうございます!!

らんまる様、いつもお世話になています。

5年間、素晴らしい記事をありがとうございました。
これからも引き続きの更新、楽しみにしています。

わたしなどは、ものぐさなものですから、ページも簡単な造りにしていますが、らんまる様のブログは、いつも、ものすごく造り込まれていて、感心至極です。

長野への憧憬はまったく和らいでおらず、近いうちに、家族で上高地に行こうか?なんて話もしております。

松本平野、安曇野、そして思い出の中塔城・・・。
うーーん、信州って最高ですね!

城と古戦場 #- | URL | 2014/07/31 20:07 * edit *

Re: WILL様へ

これはこれはご無理な弔辞をお願いしてしまい、ありがとうございます(笑)

facebookも非常に興味があるのですが、優柔不断なので躊躇しております。
面が割れても良いのか?タイガーマスクは仮面を剥いだら普通のおっさんだった・・・(汗)
ガラケーにしがみつきツイッターのアカウントはあるものの、その先に踏み出せない保守的な老人から脱出出来るのでしょうか・・・(爆)
昭和人間の究極の選択となっている今日この頃ではあります・・・

らんまる #- | URL | 2014/07/31 20:13 * edit *

Re: マサハレ様へ

素敵な弔辞をありがとうございますw

なんせ天の邪鬼なものですから、信州限定(最近は甲斐も仲間入りですが)でマニアックな城を掲載してまいりました。貴殿の後押しが無ければ、こんな奇人変人のブログなど続くはずも無かったと思います。
飽きっぽい性格なのに、よくぞ5年間も続いたものと感心しておりますが、さすがに最近食傷気味でございます(汗)
なので、この秋は、「そうだ、飛騨に侵攻しよう!」なんて思ってます(笑)

それはさておき、信州へお越しの際は是非お声掛け下さいネ。心より歓迎したいと存じます。

らんまる #- | URL | 2014/07/31 20:30 * edit *

こんぐらっちゅれーしょーん

おめでとうございます、らんまるせんせ!
リンク戴くだけで感謝感激ですのに、このようなおめでたい席にお呼ばれしまして、諸先輩方と並べて戴くとは、カピバラさんの群に隠れたい心地です。

せんせにも葛藤してた時代があるのですねー。驚きです。まだブログ始めて半年にもならない私は細胞分裂中のたまごですね。でも初期の頃にらんまるせんせに出会えていろいろ教えていただいて、無理しない楽しいブログ生活が送れています。
心より御礼申し上げます。

ひとつのことを継続するってすごいことだなーと、せんせの記事を拝見する度に思います。今後とも何卒ご無理なさらず怪我せず、土のもこもこの素晴らしさをご教授下さいませ。

猛暑で地獄の大阪より。感謝を込めて。

この度はまことにおめでとうございます。

つねまる #- | URL | 2014/07/31 21:14 * edit *

Re:つねまる様へ

素晴らしき弔辞をありがとうございます。

古参であろうが新参者であろうが、小生がリンクさせていただいている皆様は尊敬に値する方々ばかりでございます。戦国の城を専攻される諸先輩方は、皆さん謙虚で何とかこの趣味の底辺を広げたいと思う志を持つ方々です。もっともっと(たけもっと、ではありません・・笑)自分の国の歴史に興味と誇りを持って頂きたいと願うばかり。

公衆電話で片思いの女子(おなご)に思いを伝える時代において、最大の障害は固定電話に最初に出るオヤジ殿でした(笑)。その難関を越えられたものだけが両想いという果報を得た昭和と云う時代でございました(爆)
しかし、その前に敢無く討死した悲話は数知れず・・・・(汗)

大阪は熱帯夜でしょうか?信州も日中は卒倒しそうな暑さです。
お身体ご自愛下さいませ。

らんまる #- | URL | 2014/07/31 21:50 * edit *

謹んでご冥福を・・・

5周忌ですか。
早いものですねえ。いい人でした・・・
じゃ、なくて!

いつもお世話さまですねん。
小生の妄想ブログとHPを紹介いただき感謝ですわ。
最近、藪を彷徨し、崖に宙吊状態になっている己の姿を想像すると疑問を覚えますが、似たようなことをしている貴殿がおればこそ続けて行けるようにも思えます。
いい刺激を今後もお願いいたします。

って、ことでご仏前に、弔辞を!安らかに・・・。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/08/01 19:38 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

さすがは師匠、突っ込みが冴えてますねえー(笑)

里山で見知らぬ中高年のドザエモンなんて見かけたらさぞかしショックでしょうし、地元住民や近隣の方の迷惑になるので、それだけは避けたいと思ってます・・・(汗)
年齢を言い訳にしていたら宮坂氏に笑われるし、さりとてクーさんは怖いし命は惜しい・・(笑)

いつまでも小生が永遠に追い越せない輝く師匠でいて下さいませ!

らんまる #- | URL | 2014/08/01 20:52 * edit *

五周年おめでとうございます!

らんまるさま。お邪魔いたします。

 お世話になっております武蔵の五遁です。

 らんまる様の、知られざる遺構を世に発信し続ける信念を尊敬
申し上げております。

 このたびは妄想だらけの「土の城への衝動」を取り上げて頂き
誠にありがとうございます。

 私は最近メジャーな城を取り上げることも多いのですが、必ず
年に数件は日本初レポートに取り組んでいます。

 知られざる遺構を世に発信する回数はらんまる様に及びませ
んが、志はらんまる様に続かんと頑張っております。

 冬になりましたらまたご一緒頂けるとありがたいです。

武蔵の五遁 #- | URL | 2014/08/01 21:33 * edit *

Re: 武蔵の五遁様へ

これはこれは五遁様、弔電かたじけのうございます・・(笑)

やれ石垣だの天守閣などと近世城郭ばかりが持て囃される風潮に喝を入れたくて、奮戦しておられる戦国の土の城の方にエールを送り続けておりますが、一朝一夕に事が運ばないのでモドカシク思っております・・(汗)
なので、独自の世界観を持ち、毎日更新を続けられている貴殿の活躍には過分な期待をかけております。

信州はいささか飽きたので、今秋は飛騨の国を泊りがけで攻めたいと思うておりまするが、ご同行願えれば嬉しゅうござりますが、如何でござろう?

らんまる #- | URL | 2014/08/01 22:09 * edit *

らんまる様 ブログ6年目に突入のこと、祝着に存じ上げます

いつも記事を拝見しては、信州には数多くの城があるものだな...と改めて思ってしまいますし、貴重な遺跡、それにまつわる歴史を興味深く学んでおります。

それでは攻城戦記を今後も楽しみにしてますー

yama #- | URL | 2014/08/02 08:14 * edit *

Re: yama様へ

弔電確かに承りました。ありがとうございますw

城主・城歴など後世の作り話がほとんどで当てにしないのが良い、と仰せられる城郭研究家もいらっしゃいます。
それはそれで筋の通った根拠と論拠をお持ちなので、小生のようなアマチュアが物申す立場ではございません。

近世城郭ではない「戦国の城」

フランシスコ・ザビエルの如く、下心を持ちながら布教に励みたいと思っております・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2014/08/02 20:41 * edit *

お声掛けありがとうございます

らんまるさま。再びお邪魔いたします。

 飛騨遠征へのお声掛けありがとうございます。
 是非とも馳せ参じたいのですが、秋は女房の母の一周忌がありなにかと
ばたばたしていることが予想され、残念ながら今回は・・・

 らんまる様には、紅葉の飛騨を満喫して頂き、私はその記事を拝見する
のを楽しみにさせて頂きます。

 地方が変わると、選地や縄張りが変わり、地域地域で特色があるのも、
お城巡りの楽しみの一つですね。

 飛騨の次は関東へも・・・ お供させて頂きます。

武蔵の五遁 #- | URL | 2014/08/03 06:02 * edit *

Re: 武蔵の五遁様へ

そうでしたか、そのようなご事情があれば、またの機会と致しましょう。

小生も昨日、例の破壊された三日市場城の修復作業について白馬村より助太刀の依頼が来ており忙しくなりそうです。ご先祖様の残してくれた貴重な戦国の城をキチンと直して未来に引き継ぐ大切なお役目でございます。

いずれ関東へ出馬と思っておりますが、貴殿の記事を見て「行った気になっている」のが良いのかもしれませんネ(笑)

らんまる #- | URL | 2014/08/03 07:45 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/629-9390dfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top