らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1014

坂城神社の狛犬 (埴科郡坂城町坂城)  

◆狛犬が好きな方にお勧めの神社◆

昨日は‘月9‘初の時代劇という触れ込みの「信長協奏曲」を見てしまった・・・(汗)

小栗ルパンは金を出してまで見る映画では無いと思っているが、小栗信長は面白かった。柳楽優弥の織田信行は鬼気迫るものがあった。カンヌ国際映画祭の最年少男優賞は伊達では無かったし一話限りとは惜しい気がした・・・。

歴史に興味が持てない方でも楽しめるドラマであり、案外史実も似たようなものだろうと思ったのは拙者だけではあるまい・・・(笑)次回以降の展開も目が離せないので最終回まで見ようと思った次第である。

さて、今回は番外編(いつもの寄り道・・汗)として、坂城神社(さかきじんじゃ)の個性的な狛犬をご紹介したい。

オフシーズン葛尾城2014 (45)
坂城神社の参道。

【坂城神社の由緒】

創祀年代は不詳。式内社・坂城神社に比定されている古社。
口碑によると、景行天皇四十年、日本武尊が東征のおり、碓氷峠から埴科の県に来られた時、当地日野の里(日名)で住民と共に祖神を祀ったのが起源。
その後、天武二年(673)、この地で治国平天下を祈念して社殿を奉建したのが当社の創祀であるという。
坂城郷の郷社として、中世以降は坂城大宮と称された大社。
境内地は、五里ケ峯(1094m)の南麓にあるが五里ケ峯には戦国武将の村上氏居城・葛尾城などがあり、境内の近くには村上氏館跡・満泉寺がある。

天文二十二年(1553)、城主・村上義清が、武田晴信の攻略にあい越後へ走った際、兵火にかかって社殿が焼失し、古記録等も焼失した。その後、武田晴信によって社領が寄進され復興したという。

明治四年に郷社に列格し、昭和十二年十一月県社に昇格した。

境内左手には厳島神社、境内右手には、「甲子」や猿田彦大神などの石碑。天満宮、蚕国神社、子安神社、古峯神社などが祀られている。

※テキストは玄松子の記憶様のHPより引用させていただきました。

オフシーズン葛尾城2014 (62)

小生の同盟国であらせられる「戦国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い旅行」の管理人の「つねまる」様は自他共に認める無類の狛犬フリークで、その熱意は南極の氷も溶かす程ではないかと推定されているが、どうであろうか・・(笑)

また、偶然ではあるが、坂城町出身の「美しすぎる銅版画家」(最近やたらと使われるこの語句は嫌いだが・・)として注目を集めている小松美和さんもプロフィールには「狛犬研究」とある。
※小松美羽オフィシャルサイト⇒http://miwa-komatsu.jp/

オフシーズン葛尾城2014 (51)
屋根付きの狛犬ってのもあまり見かけませんが、どうなんでしょうかねえ・・。


【坂城神社の狛犬】 坂城町指定文化財(種別:彫刻)

天和二年(1682)、石川市左衛門義孝奉納の銘が刻まれてる。寄進者は、天和二年(1682)~元禄十六年(1703)までの二十二年間坂木に陣屋を置いていた坂木藩板倉氏の家臣である。

狛犬の容姿は、板状台付き一石彫成、全体小型であるが胴はよくしまり、胸の張りも広く引き締まった姿をしてる。頭の後ろに処理されている巻き毛の作りも丁寧である。獅子の独特な面相を持ち、前方を睨んで神社を守護する風格がある。造形的にみて中世の面影が認められる。
製作は江戸時代中期頃で、町内の石造物としての狛犬では古い方になる。

オフシーズン葛尾城2014 (54)
胸板熱い暑い・・・

オフシーズン葛尾城2014 (55)
狛犬選手権を制して頂点に立つ日も近いとか・・・

オフシーズン葛尾城2014 (57)
顎の割れるようなイイ男は、本当に顎が割れてしまった・・・(汗)

オフシーズン葛尾城2014 (49)
どうせなら「登り竜」の刺青が良かったのに・・・

オフシーズン葛尾城2014 (50)
背中の巻き毛は貴方だけに見せてあげるわ・・・(笑)

オフシーズン葛尾城2014 (59)
狛犬のメッカ(巡礼地)になれるのか??

最近は神社が近くにあると必ず「狛犬さん」を見学しに行くように心がけてます。

そうしていると、いつか「狛犬スイッチ」が入るんじゃないかと思っていますが・・・・(笑)

オフシーズン葛尾城2014 (61)
坂城神社の社殿。








スポンサーサイト

Posted on 2014/10/14 Tue. 21:39 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 武石城 (上田市下武石)  |  信濃武士の決断 (長野県立歴史館 企画展) »

コメント

こんにちは。

なかなかガッチリムッチリした狛犬さんですね。
こんな肉厚な狛犬さんを、見たことがない気がします。

色めきたった手前の狛犬さんたちが、可哀想(笑)

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2014/10/15 16:55 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

結構格式高い坂城神社なのですが、最近は廃れた感じをお見受けします。
義清さんもさることながら、信玄さんや息子の勝頼、さらに江戸幕府直轄領で陣屋が置かれた時代も手厚く保護された由緒正しき伝統の神社。地元の皆さんの奮起を願いたいものです。

ここの狛犬さん、個性的でございます。が故に、もう一対の前座として正統派の狛犬が必要だったのでしょうか(笑)

らんまる #- | URL | 2014/10/15 20:56 * edit *

私が振り向いてあげーるー♪

こんばんは、らんまるせんせ。きゃー、狛犬くんだ!
地域によって狛犬くんの姿が全然違うのでご紹介いただいて小躍りしております。

大阪のおかんの如きのびかけパーマの吽くんのふてぶてしさと、敬愛するラオウ兄様の体の阿くん。眺めながら一緒にドスコイってしたいです!

あのこが急に何故か、照れまくったのは、らんまるせーんせぇが見つめるからなのねぇー♪

正面から見たら眼鏡男子なのですね。かわいいなー。胸毛がくるっとしてるのも、ツボります。下からガシッと抱き上げたいなー。腕、折れるかなー。

らんまるせんせが隙間からカメラを入れて下さったおかげで背中の入れ墨まで見えて幸せです。体に刻印した子はあまり見ないです。初めて見たときは何かの呪いかと。

お屋根までつけてもらって、幸せわんこですね!文化財にならないと屋根付こまこまには中々してもらえないようで、砂岩が多い関西の狛犬くん達は剥離してる子が多くて。こうして大切にされてる子達を見ると、とても嬉しいです。

らんまるせんせの狛犬スイッチ、ぽちん。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2014/10/15 20:59 * edit *

Re: つねまる様へ

喜んで頂き何よりです。見る人が見たら垂涎ものの狛犬なのでしょうが、「今日のワンコ」ぐらいの感覚で掲載してしまい、申し訳無い・・(笑)

信玄さんと死闘を繰り広げた村上義清さんの詰め城の葛尾城に登るときは、必ずこのワンコに武運長久を祈るというのが慣例になってます。まあ、ここに限らず、山の城跡の麓には名もなき神社や祠があるので一礼して道中の無事を祈願するので、今までケガする事も無く無事に帰還することが出来ました。有り難い事です。

狛犬フリークにはなれずとも、訪れた先に神社があれば出来るだけ多くのワンコ達を紹介してみようと思いますw

らんまる #- | URL | 2014/10/15 21:22 * edit *

覚えてねえ

「まちぶせ」なんて懐かしいねえ。
ユーミンの最高傑作の1つでしょう。
歌った石川秀美さんは?・・まあ、いっかかわいかったしねえ。

ところで、こげな狛犬さん あったんですかい。
ちっとも記憶にないですわ。
まあ、ほとんど素通り状態だったもんなあ。
武運を祈念しときゃ良かったかなあ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/10/15 22:08 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、石川五衛門じゃなくて石川ひとみでございますw。小生は「くるみ割り人形」が好きでしたが・・・。
秀美さんはしぶがき隊の薬丸さんの奥さんと記憶しております。

坂城神社に文化史跡指定の狛犬があるなんて、地元の人でも知らない方が多いと思いますよ。
それにしても坂城神社から登る有名な葛尾城は文化財指定を受けていないんです(汗)
山の持ち主が改変しても何の問題にもならない定めでございます。長野県は文化財に対して後手後手ですよね。
担当者の好き嫌いで指定されるのではなく、県民にとってどうなのか?という視線で論議されるべき重要な課題です。
神も仏もありゃしない・・そんな人生にならなかっただけでもヨシとしましょう・・(笑)


らんまる #- | URL | 2014/10/15 22:59 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/649-7b94a90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top