らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1116

西通山城 (北安曇郡白馬村西通)  

◆水運と街道の謎を知っていたはずの砦◆

山城の位置を地図上にプロットしていくと、往時の古道が見えてくる。時として、集落から離れた険しい山奥にひっそりと眠る砦もあるが、よくよく辿ると廃れた間道の脇だったりする。

山国ゆえに陸路ばかりが注目されるが、千曲川、天竜川、木曽川などの河川を利用した水路(水運)について、江戸時代以前はどうだったのであろうか?
信濃の戦国時代の謎.を解くヒントがそこにまだ眠っているような気がしないでもない・・・(笑)

青鬼の城峯・西通山城201409 (94)
西通山城の脇を流れる姫川。城域は河川によって浸食された可能性がある。

今回ご紹介するのは、青鬼の城峯から北北西700mの姫川沿いにある「西通山城」(にしかようやまじょう)

【立地】

姫川の左岸にあり西通集落(にしかよいしゅうらく)の北400m。国道148号線と姫川の間に位置する。西側から張り出した山塊を姫川が削り取り、中州のような形で取り残された岩盤に作られた物見である。国道の改修工事と除雪基地の設置で城域の西側は見る影も無いが、ここだけ破壊されずに残ったのは奇跡に近い。

西通山城見取図①
こんな山奥で河川沿いの砦とは珍しい。スケールは小さいが連郭式になっている。

青鬼の城峯・西通山城201409 (74)
城域の西側には横堀址が確認出来る。往時は水堀だったのだろうか?

【城主・城歴】

「長野県町村誌」にも記載が無く、史実・伝承等は全く不明の城なのだが、白馬村誌には「北方1kmの河岸にあった、小谷村川内下(壊滅)と連携するものであろう」とあるようだ。現地に立てば塩島城との連携は考えられるので、蒼鬼の城峯とともに街道と海運を見張る砦と考えるのが良さそうである。

青鬼の城峯・西通山城201409 (81)
郭2から見下ろした郭4。

青鬼の城峯・西通山城201409 (83)
郭2。

青鬼の城峯・西通山城201409 (84)
郭1に立つ石碑(水神碑)

青鬼の城峯・西通山城201409 (86)
郭1(21×13)。しっかり平削された郭には驚く。

【城跡】

ミニチュアながら四つの郭を持つ砦で、人工的な手が加えられているのがハッキリと分かる。
近世城郭であれば縄張りに川を取り入れて防御を強化するのだが、この砦にはそういう意図など無く、東側は自然の摂理で壊されてしまったと見るべきであろう。

青鬼の城峯・西通山城201409 (88)
切岸に施された土留めの石積み。

青鬼の城峯・西通山城201409 (92)
北側から見た郭3.藪の中にいるのは毎度お馴染みの「ていぴす」さん。

国道として改修される前の千国街道(ちくにかいどう)がどの辺りを通過していたのか興味深いところである。四ヵ庄平(しかじょうだいら 白馬の中心盆地)から小谷への出入りを監視したのであろう。
経歴は不明だが、大事に残して欲しい砦跡である。

≪西通山城≫ (にしかようやまじょう)

標高:626m 比高:20m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:北安曇郡白馬村西通
攻城日:2014年9月27日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:歩いて5分 駐車場:国道148号線除雪ステーション
見どころ:堀切、郭
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑦安曇・木曽編 宮坂武男著」
付近の城址:塩島城、青鬼の城峯など

青鬼の城峯・西通山城201409 (89)
主郭から見た姫川。高さ約20mはあろうか。

スポンサーサイト

Posted on 2014/11/16 Sun. 07:12 [edit]

CM: 6
TB: 0

« スマホがもたらす山城踏査の革命  |  青鬼の城峯 (北安曇郡白馬村青鬼) »

コメント

らんまるさま、お疲れ様です。
このような狭隘な場所に砦を築くとは、先人のご苦労を察するに余りまりますね。
私もこの横の国道を通ったことがありますが、完全にスルーでした。
ここに要害を設けた古人の判断を知りたいものです。
あと、ここにも古い石碑があるようですね。
各地の城跡にも古びた碑がありますけど、地元の方が口伝に基づいて置くのでしょうか?

まさはれ #- | URL | 2014/11/16 17:47 * edit *

Re: まさはれ様へ

小生も訪ねてビックリの場所にありました。現在の国道よりも低い場所にあるので思わず素通りしてしまいますが、往時は街道を取り込んだ関所のような縄張りだったのかもしれませんネ。

城跡に立つ石碑で一番多いのはやはり秋葉社の祠でしょうか。
長野市の松代にある寺尾城には「寺尾氏の墓」なんて冗談みたいなものがありますが、きっと祖先の系図が流行った頃に子孫と名乗る方が建立したんでしょうねえ(笑)
城跡は大抵山の上の見晴らしの良い場所にあるし、地べたも平削されてるので神様を祀る祠や社を建てるには優良な物件ですよね!!(爆)

らんまる #- | URL | 2014/11/16 19:16 * edit *

大きさ比較

おはようございます、らんまるせんせ。

ていぴす殿、大丈夫でござるか!?

と言いつつ、なんとありがたい場所に。なるほど、遠目には小振りに見えても、人に対しては充分な大きさなのですね。

いくら川の湾曲した内側とはいえ、大雨の時はドキドキしたでしょうねぇ。お水は大事だけど時には敵。
さすが信州の川はきれいで。いいなあ。そして除雪ステーションなるものにびびっております。らんまるせんせ、遭難しないで下さいませ。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2014/11/17 04:29 * edit *

Re: つねまる様へ

蒲生氏郷の記事、良かったですね。彼の故郷にもいつか云ってみたいと思いました。

川のほとりにあるのですが、何故か山城(笑)こんなとこ本気で調査している我らはビョーキ(汗)
堀や土塁、郭の大きさは数値で表してポンとその場所の写真を載せてももピンときませんが、人物を写し込むと実態が掴みやすくなりますよね。
といって単独行動の時に三脚立ててセルフタイマーっちゅうのは中々出来ません(笑)

冬将軍がすぐそこまで来ていますね。お互い風邪などひかぬように用心したいものです。

らんまる #- | URL | 2014/11/17 07:23 * edit *

長野県・・信濃というと山城の宝庫ってイメージです^^

自分、本業研究は肥前なんですが、肥前には山城と平城の両方あります^^
平城だと防御は?ってなると思いますが、縦横に走った河川のクリークを利用した自然の要害で総面積が広いです。

つまり河川の満潮時に浸水してくると、各廓が小島のように独立した状態になり、干潮で水が引くと城周囲は多量の水分を含む物凄い湿地帯に早変わりで、一般に攻めづらいのが肥前の平城の特徴です。

千曲川・・・曲って名前が入るなら、河川の蛇行が多いか細かい支流が多かったかな~っと感じました。
となると、梅雨や台風シーズンは洪水が多かったはずです。

肥前の場合でしたら、江戸初期に水運利用があれば、前時代に萌芽は必ずあります。
河川周辺に湊関連の地名があるとか、治水関連の神社が集中してるとかで、割と探しやすいんです。
でも信濃だと、地理条件が違うだろうから・・・一概には言えないかも~(-ω-;)ウーン

恥ずかしながら、堀切とか石垣がない土塁の跡って、自分は写真で見ても全く見分けがつかないんです^^;
歩いた時に他の地面の感触とか土の色?が違ったりするんですしょうか?^^;
うんちくしたあとの最後でオバカな質問ですいません^^;
ホントに知らない事は赤ん坊なみにトコトン知らないんです^^;

拍手(ぽち)

時乃栞 #- | URL | 2014/11/21 00:57 * edit *

Re: 時乃栞様へ

はじめまして。リンク頂き恐悦至極でござりまするw
小生も古文書が読めたらいいなーとは思っておりますが、ソフトよりは体力勝負のハード(城巡り)がお似合いなんだろうと自負しております(笑)
さりとて古文書ワークを専門とする方もいらっしゃらないと、中世は語れない訳で・・(汗)

中世の城の変遷は山城⇒平山城⇒平城ではなく、その領地の地形、動員出来る兵士数、徴収出来る税金の額、投入できる土木工事量なんかが複雑に絡んでいます。領地に山が無ければ山城など作れないし、山があっても動員出来る人足が足りなければ比較的作り易い河岸段丘を利用するしかない。信州は険しく技巧的な縄張りを持つ山城が多いイメージがありますが、色々なタイプの城が混在するので興味が尽きず病み付きでございますネ(爆)

水運と城や居館の関係はこれからのテーマですかね。
広く浅く全国の事を取り上げるよりも、狭く深く地域を限定して徹底的に調べつくす。貴殿の九州の歴史に対する想いをこれからも熱く語って下され。小生は地元の信州をモグラのように掘っておりますので・・(笑)

何のことやらわからなくなりましたが、また遊びにいらして下さいませ。

らんまる #- | URL | 2014/11/21 07:41 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/659-2c733ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top