らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1128

北郷古城 (長野市浅川北郷)  

◆善光寺平への侵入を見張る居館城◆

浅間山に三回目の雪が降ったので、古老の言い伝えに従い乗用車の夏タイヤを冬タイヤに交換した。

今年は暖冬になるという予報もあるが、冬将軍様は気まぐれなので用心に越した事は無い・・(汗)

今回ご紹介するのは、北郷の集落の南で北浅川の渓谷に突き出した地形の北郷古城。谷を挟んで北郷本城がある。
現在残る遺構は改変されてしまい居館城の形式は辛うじて読み取る事が出来るが、築城時期は本城も古城もほぼ同時であろうか。

北郷本城・古城 (123)
北側から見上げた主郭の裏側。取付道路の開通で改変が著しいが切岸の処理は往時のままであろう。

【立地】

飯綱高原から善光寺平への入口にあたる北郷の集落の南に位置し、北郷本城とは北浅川渓谷を挟んだ北北西に位置する。

北郷古城見取図①
北浅川の渓谷に突き出る地形を効果的に利用した縄張り。

【城主・城歴】

長野県町村誌の「古城墟」の項に「築城、廃棄、年暦、事蹟不詳。里老の口碑に、初め松井大炊慶林入道なる者居城、後村上氏の幕下小林伊勢守居住し、天文二十二年八月村上氏東国退去の後、弘治二年(1556)武田の将、高坂弾正昌信の居城となり、永禄元年(1558)昌信海津城代に交代せしという。今は耕地となりて其の形跡を存せず。」とある。
史料無くハッキリしないが、上杉との境目に辺り武田の防衛が入ったであろうことは想像に難くない。

北郷本城・古城 (99)
緩い切岸を伴う城域の西方面。(郭3より)

北郷本城・古城 (100)
郭3から見た北郷本城。太鼓や鐘で連絡出来る位置なのが分かる。※ここは民家の軒先なので注意しましょう。

【城跡】

驚いた事に北郷本城とほぼ同じ標高である。(北郷本城は標高748m、北郷古城は740m)耕作地化と道路の開通により往時の縄張りの細部は失われたが、渓谷に張り出した険しい台地を利用した居館城の威容は感じる事が出来る。
主要な郭はプライバシーを伴う住宅地なので、取材には許可が必要だ。

北郷本城・古城 (101)
郭1の石坂氏宅の南側の巨大な土塁。

今回、主郭の所有者である石坂氏に許可を頂き、郭1とその周辺への立ち入りと撮影を行いました。※無断侵入禁止なのは言うまでもない。

北郷本城・古城 (102)
唯一の遺構である主郭南側の高土塁。

北郷本城・古城 (110)
主郭の東側。

北郷本城・古城 (113)
土塁の上から北東方面を撮影。

住宅の建設による改変、集落内の取付道路の開通などにより往時の面影はざっくりとそた感じになってしまったが、北郷集落の入口を守るには中々の要害の地である。

北郷本城・古城 (121)
城域の西側の道路より撮影。

古城の名が示す通り、ここで敵を迎え撃つには貧弱で防御もままならない。甲越戦争において上杉の来襲を意識した武田が対岸に本城を新たに築城したと見るべきであろうか。
このような山間にも戦の緊迫感が漂っていたとは、今の時代からは想像も出来ない。

≪北郷古城≫ (きたごうこじょう 城 城の山)

標高:740m 比高:90m(県道より)
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:長野市浅川北郷
攻城日:2014年11月16日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:-分 駐車場:無し
見どころ:土塁
注意事項:城跡は全て民家なので立ち入りや撮影は必ず許可を得る事。無断侵入は厳禁。
参考文献:「信濃の山城と館② 更埴・長野編 宮坂武男著」
付近の城址:北郷本城

北郷本城・古城 (91)
県道側から見上げた古城。


スポンサーサイト

Posted on 2014/11/28 Fri. 07:38 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 鉄砲隊の恐怖  |  上杉謙信の飯山防衛に対する執念とは・・・ »

コメント

廓3から本城を見る写真に興奮!!!
ほとんど住宅街ってのが世相というか^^;
標高740m・・・地元付近の山の2倍ってことで標高のイメージできたっす^^

御近所の朝川原神社に寄進の記録か起請文とか残ってないのかな~って思いました。
検索したら中興が永禄11年とあるけど、テコ入れしたのって誰だろう。
そういうのが判れば城郭の来歴ヒントになるんですが・・・

地理音痴なんで位置関係が判らないんですが、本城からみて古城は鬼門とかですか?
もしくは朝川原神社が城からみて鬼門の鎮護になるとか。
郷土史オタなので、城の近所にある神社仏閣が気になります^^

それにしても長野には、城郭放浪記に記載すらない城があるんですね^^
ちなみに、こっち方面で好きな国衆は長野業正です^^

時乃栞 #- | URL | 2014/11/29 01:10 * edit *

Re: 時乃栞様へ

標高で読んでしまうと実際の高さはピンとこないので、山城の高さは「比高」(ひこう)という物差しで測った方が分かり易いと思います。この場所は崖下を走る県道から約90mの高さになります。
戦国期の山城はだいたい比高120m以内の範囲に収まる物件が圧倒的に多いのですが、信州の山城の中には比高600mを超えるものもあります。
中世の城の城主・城歴=地元の有力な土豪として関連付けがされがちですが、必ずしもそうでないケースもあるので難しいところです。城の場所の特定はやはり地名を辿る事ですネ。
コメントありがとうございました。

らんまる #- | URL | 2014/11/29 07:23 * edit *

古城と本城と

こんにちは、らんまるせんせ。
地図がすごい事になっておりまする。山々峰々。それでも、昔から人が入っていたのですね。徒歩で・・・。
個人の所有地に入る時はいかにそれが目指すものであれ、社会的な常識をわきまえなくては。らんまるせんせの注意はそれをしない人がいるから、なのですねぇ。腹立たしい事です。
古城は集落を守ったお城、本城は来襲に備えた攻撃のお城。二つの対比が面白かったです。

来週は冷え込むようですが、被災地の方々の為にも暖冬であるように祈っております。
らんまるせんせも風邪引きさんになりませんように。酒で消毒、とか、私みたいな事を言ってはいけませぬ。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2014/11/29 17:46 * edit *

Re: つねまる様へ

国指定とか県指定であってもよそ様の土地でございます。
ましてや何の指定も受けていない場所であれば、そこが平地であろうと山林であろうと他人の所有地であり、土地所有者の暗黙の承諾が無ければ山城探訪は成立しません。
最低限のマナーを守った節度ある常識の行動をしていただかないと、土地の所有者の反感を買い、山城ヲタクの全員が非常識な輩だと言うレッテルを張られてしまいます。それだけは回避せねばなりませんし、ブログを書く側にも読者を誘導する責任が発生するので、慎重にならざるを得ません(汗)

毎晩アルコール洗浄は貴殿に同じく・・(笑)
このところ毎週お尻から溜め息の連続なので、締りのないオケツに恐れおののいています・・(爆)

らんまる #- | URL | 2014/11/29 21:04 * edit *

山城は別の意味で気楽だけど

山城は山に入っちゃえばそれほど遠慮なく歩き回れるけど、居館などの城館の地はだいたい今も宅地なので、こっちの方がやりにくいですね。
中には「俺の土地、入るんじゃねえ!」と拒否する人もいるし、かと思えば「今清水」さんのようにお土産くれる人もいるし。
とは言え、居館も面白いですね。
平地はだいたい方形館が多くて1パターンだけど、山間の居館は地形を上手く利用していて土木工学の見地からも面白いです。この館もなかなか良いですね。いかにも信州の山間の田舎の雰囲気もGOOです。
しかし、車でも行きにくいですねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/11/30 22:07 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

確かに住宅地へドカドカ入ってウロウロするのはヤバいですネ(汗)それに昔からの言い伝えや土地の名前を知っている方もめっきり少なくなってしまって淋しい限りでございます。
山村の居館は色々な形や工夫があって中々面白い物件が多いですね。不審者として通報されないように楽しみたいものです(笑)

らんまる #- | URL | 2014/12/01 07:12 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/663-21d57fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top