らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1202

鉄砲隊の恐怖  

◆山の中で一番出逢いたくないのは人間だいう現実◆

昨日は、信濃先方衆「悪あがき同盟」の盟友である「ていぴす」殿と再び佐久を徘徊するが、三ヶ所を攻めて「ジ・エンド」。

当初の予定では志賀城(小生は二度目なのでていぴす殿のアテンド)、高棚城、笠原城、と回るはずが、高棚城で登城ルートを間違えてロッククライミングをする羽目となる過酷な攻城戦に及び「お疲れ山肉体疲労寺(おつかれさんにくたいひろうじ)」。最後は笠原城を諦めて内山城の馬場見学と相成り申した・・・(笑)

yama (1)
志賀城の麓にある雲耕寺から見た五本松城。数週間前、あの場所に我々は立っていたのだ・・(汗)

【志賀城】

詳細は小生の以前の記事である志賀城を参照願いたい。
志賀城、高棚城、笠原城、五本松城の四城は笠原氏の持ち城とされ、中心の城が志賀城だったという。笠原城は未踏であるが、他の城と比較すれば志賀城が本城であったというのは合点がゆく。

志賀城2 (52)
本郭南側の石積みと切岸。

志賀城2 (45)
志賀城の東端の堀切。何度見ても背筋に寒さを覚える。逃げられない搦め手というのは覚悟がいる。

【高棚城】

楽勝で行けると踏んだのだが、高棚神社の参道が途中から不明瞭になり仕方なく直登を試みて岩壁に阻まれて万事休すかと思われた・・・(汗)
獣道を強引によじ登って何とか城跡へ。回り道などしたくないが、これも人生である・・(笑)

高棚城 (108)
昔は参拝者が絶えなかったと思われるが、最近では訪れる人も減り、山頂付近の境内は荒れ放題だった。

高棚城 (104)
帰りは神社経由で下山。崩れ落ちそうな建物と踏み跡の消えた参道がもの悲しかった。

高棚城 (24)
高棚城の主郭。古いタイプの城で詰め城、逃げ込み城に属する部類であろうか。

この日は、城攻めの前に麓の車道で鉄砲隊とすれ違っていたので、この時期特有の嫌な予感がしていた。

志賀城では北の沢沿い付近で銃声が響いていたので、あまり危機感は無かったが、ここでは城跡のある尾根の下から話声、猟犬の鳴き声、至近距離での銃声。こちらの位置を知らせるために大声で呼びかけ誤射されないようにしたのだが、聞こえていないらしい・・・(汗)

残念だが、慎重に尾根を伝って郭の調査もそこそこに撤収という判断となった。最近の鉄砲隊は高齢化が進み仲間内でさえ誤射騒ぎが多いらしい。こんな場所で熊と間違えられて死ぬ訳にはいかない・・(泣)

ねぶた城 (2)
北側のねぶた城から見た高棚城。

狩猟期間は短いのでハンターの皆さんも待ちに待ったトップシーズンである。文句を言われる筋合いは無いだろう。
が、我々のような山城ヲタクのシーズンも短い。

戦国時代の鉄砲隊なら間違って当たる確率は低いが、現代の鉄砲隊はライフルスコープの精度も向上し、2km先の獲物も斃すという。誤射される可能性は否定出来ないのである。

最近は害獣駆除の名目であれば年間を通じて銃の使用が許可される傾向にある。
鉄砲隊の音が聞こえたら、無理をせずにさっさと撤収するのが安全である。無駄死になど愚の骨頂であろう。

高棚城 (48)
高棚城から見た「ねぶた城」と高坂東地集落。


【内山城の馬場】

武田時代は佐久地方を統治するための拠点として整備され、城も大幅に改修が施され小山田備中が城代となり城下町も形成されたと言う。諏訪郡代の置かれた上原城を思い浮かべて頂ければ良いかと思われる。

内山城3 (7)
内山城の南尾根の通称「馬場の平」(ばばのたいら)

ここまで馬を連れてくるのはさぞかし大変だったと思うのは余計なお世話である・・(笑)
籠城時における物資の貯蔵倉庫などが置かれていたようにも思える。

内山城3 (9)
東側の土塁は登り石垣の様相を呈している。塩田城、塩崎城と類似している遺構だ。

この城に登ると毎度の事ながら凄まじい銃声に脅かされる。この音は確かに鉄砲隊の銃声だが、沢を挟んだ北西にある「佐久国際射撃場」からの音であり、玉は間違っても飛んでこないので心配は御無用である・・・(笑)

内山城は志賀城と共に佐久を代表する見応えのある山城である。比較的比高も低いし道もハッキリしているので、全ての尾根の遺構を見て頂きたく小生のイチオシである。北の井戸跡も見学してもらいたい。

内山城201411 (26)
井戸のある北斜面に展開する石積みの防塁。

信州の山城というと、どうしても甲越紛争の激戦地であった川中島周辺から北信濃に人気が偏ってしまう。
ましてや松代周辺は石積みを多用した独特の縄張りを持つ城が多いので無理からぬ事ではある。

それはそれで仕方が無いにしても、我ら信濃先方衆の評価とすると、佐久の城は実にマニアックなのである。
天正壬午の乱では徳川さんも後北条さんも佐久に侵略してきているので、場所によっては戦国末期まで改修されている。

佐久を極めるなど、まだまだ先の話であろうか・・・(爆)

閼伽流山城 (86)
高棚城と志賀城の間の山麓の水田の中に鎮座する笠原新三郎清繁の塚(推定)。

冬眠するクーさんよりも怖いのは、人間なのだと改めて感じた次第でございます。

遠路はるばるお越し頂く方は、くれぐれも鉄砲隊にご用心下され・・・・(汗)

スポンサーサイト

Posted on 2014/12/02 Tue. 22:21 [edit]

CM: 12
TB: 0

« 飯縄山城 (小県郡青木村当郷)  |  北郷古城 (長野市浅川北郷) »

コメント

鉄砲隊って、どっかの緩い町おこしイベントかと思ったら、ガチの話でしたか(@@)
今まで訪問してた山城関連ブロガーさまには無かった「危険な話」で驚きました^^;

>登城ルートを間違えてロッククライミング
結果的に戦国時代の(敵側からの)攻城ルートだったりするかも?^^

>天正壬午の乱では徳川さんも後北条さんも佐久に侵略
実は平山優先生の「天正壬午の乱」を購入してたんですが、未だに殆ど読んでないil||li _| ̄|○ il||l
黒田先生の北条氏年表は関東関連の逸話やドラマと読み見比べてニヤニヤすることに使ってます(爆
もともと自分は国人領主全般のファンなんですが、なかでも信濃は素晴らしく魅力的なエリアだと思います^^
(趣味の段階だったとき「九州の国衆を一通り調べ終わったら、次は信濃の国衆を調べる」つもりだったので、リサーチ前予備知識として竹井氏の新説とか関東関連の本を購入してたんです^^;)

>場所によっては戦国末期まで改修
てことは、中世から戦国末期までの城郭史の変遷が見れる遺構もあるって事でしょうか。
一口に信濃と言っても、地域によって城郭に特色があるんですね^^

城郭だけでなく、こちら方面の戦国史も好きなだけで基礎知識がないので、ヘンテコなコメントだったらすいませんm(__)m
比高のこと、勉強になります。ありがとうございました^^

時乃栞 #- | URL | 2014/12/02 23:36 * edit *

Re: 時乃栞様へ

熊、猿、猪、野ウサギ、カモシカ、鹿、蛇・・・色々と野生動物には遭遇しますが、一番怖いのは人間。ハンターはもちろんですが、山の持ち主にも時々遭遇します。相手もビックリしますネ(汗)

往時もここら辺の城攻めはゲリラ戦が基本だったと思われるので、未開のルートを攻めるのは貴重な体験ですが一歩間違えると滑落するので命懸けでございます。
平山先生の著書「武田遺領を巡る動乱と秀吉の野望」は、甲斐・信濃の天正壬午の乱とその後について信濃の豪族と北条・徳川・上杉・豊臣の大勢力との関わりが分かり易く解説されているのでお勧めします。

最近はチマチマとブログを記載するのが面倒になってアップも遅れてますが・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2014/12/03 07:35 * edit *

こんばんは。
佐久にいらしてたんですか。
以前、志賀城にいらっしゃると読んで、(あわよくば、連れて行ってもらおう)などと不逞なことを考えていたんですが、これを読むと私なんて真っ先に討ち死にですね。
それどころか、同盟軍のお荷物になって全滅の危機にだったかも。
笠原城、一度登ってみようと足を踏み入れたら、ものすごい数の犬たちがチラッと見え、全員揃って私たちを見て大騒ぎ(汗)
あれは一体何でしょう?
高棚神社、全く知りませんでした。
佐久は奥深いですねぇ。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2014/12/03 19:19 * edit *

怖かった~

お疲れさまです。
鉄砲攻めされる気持ちがよくわかりました。でもできるなら攻める方になりたいものです。
弱きものは滅びる、昔も今も城攻めは命がけです。

ていぴす #- | URL | 2014/12/03 19:34 * edit *

てっぽうたい

てっぽう隊はどこでも恐怖の的ですなあ。
藪の中からポインターが出てきた時はお尻から中身が出そうでした。
ハンターのおっさんはだいたいは紳士の人ですが、中には「キ」違いに鉄砲という人もいるとか?
やたら撃ちたい人も・・・気をつけたいですねえ。
内山城、志賀城は行きましたが、評判とおり「すげえ」城ですね。
戦国の匂い、プンプン。
ちゃんとした登城路ある城はありがたいですね。
岩登り、藪こきはやっぱ、やりたくないねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2014/12/03 20:25 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

そう言えばそのような戯言を申しておりましたネ。春先に実現したいと思いますので、しばしお待ち下され(汗)

貴女が見たのは猟犬かもしれません。狩猟シーズンは11/15空/15までの3ヶ月間ですが、その都度「害獣駆除の申請」をすれば鉄砲隊は年間活躍出来てしかも鹿一頭殺戮すると?00000円という懸賞金まで出ます。
銃規制が世界一厳しい日本で猟銃免許を取りスポーツとしてハンティングを行うのはやはり難しく、競技人口は高齢化しサバゲー好きの若者もモノホンは遠慮するようです。

群馬県との国境に位置する志賀・内山の諸城は、関東管領との関わりも深くその険しい地形から「反武田」の先鋒となったものの、逆らう者は各個撃破の方針を貫く信玄の前には無謀な戦だったと思われます。

高棚神社は小生も初見でございました。地元の方が大事にされてきた神社が高齢化により改修もままならない現状には歯痒い想いです。崩れかけた社殿に飾ってあった1998年の慶事の写真が最後にならない事を心より願っております。

らんまる #- | URL | 2014/12/03 21:28 * edit *

Re: ていぴす様へ

だからといって、ホラー映画宜しくチェーンソーを振り回すのもどうかと・・(笑)
遠距離の戦いでは圧倒的にハンターが優勢でしょう。その昔にハマったオンラインのミリタリーゲームでは、スナイパー(狙撃手)として外国人のゲーマーをなぎ倒し「快感!」(笑)

佐久の城の評価はイマイチですが、現地の遺構はピカイチですよね。
「どげんかせんといかん」・・・そんな想いで佐久の城の評価アップを狙っております・・(爆)

らんまる #- | URL | 2014/12/03 21:39 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、せっかくの山城巡りが鉄砲隊と遭遇すると
「ダメよ~、ダメダメ」になります。
彼らは、「いいじゃないの~」と申すものの、鉛玉は洒落になりません・・・(汗)

心配なのは、鉄砲撃ちが高齢化により痴呆や惚けた状態でハンティングに興じて暴発となることでしょうか。
自己責任とはいうものの、この趣味の方には行き会いたくありませんネ(笑)
クーさんとなら、話し合いの余地はありそうですよ・・・(爆)

らんまる #- | URL | 2014/12/03 21:53 * edit *

ぶじカエルこむらカエル

こんばんは、らんまるせんせ。
あ。「5本松城」が見えてる(^ー^)
せんせがお疲れ山肉体疲労寺のお坊さんになるくらい大変な登山でしたのねぇ。想像するだけで足がつりまする・・・。
志賀城の堀切はほんまにぞぞっとします。併せて佐久の記事を何ヵ所か拝見して、甲賀の望月さんの故郷は恐ろしいとこだなぁと思いつつ、いつか行くぞぉ!っとおちりから鼻息荒くしております。
鉄砲隊の的にならないようには逃げるが一番なのかぁ。まさに、おうちに帰るまでが城攻めですね。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2014/12/03 22:23 * edit *

Re: つねまる様へ

そうでしたか、滋野一族の望月氏は甲賀にも住み着いていたのですか。東信濃を拠点とした滋野氏は中信濃、上野国まで版図を拡大しましたが、戦国時代に入ると衰退し海野惣領家は信玄のとーちゃんと諏訪氏の連合軍に敗れ歴史上から消えます。この時に海野氏とともに上野国に逃れた真田幸隆は、のちに信玄に仕え活躍しちゃう訳です。
真田氏も名門滋野一族の出自という事になってますが、実に怪しい・・・家系図作ったんでしょうネ(笑)

佐久地方の山城は険しい岩場や断崖絶壁を利用した城が多く人を寄せ付けない厳しさがあります。攻め入るだけでも大変なのに鉄砲隊に背後を遮断されては逃げられません(汗)命がいくつあっても足りません・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2014/12/04 07:26 * edit *

最強の動物は人間!

山城に行くために山中に分け入って、野生動物に出くわしていると、地上最強の動物はホモ・サピエンスだということがよくわかりますね。人間が恐れている動物達(熊・猪・鹿・・・)は、みんな人間見てパニクって突撃してくるわけですから。
山の中で人と出くわすのもビックリします。動物の動きは予測できますが、人間は何考えているかわかりません。おまけにそれが猟銃持ってたら、なおさら恐怖ですね。近くで鉄砲音が聞こえて、早々に立ち去ったことが私も何度もあります。

アテンザ23Z #/9hBKkrU | URL | 2014/12/11 01:05 * edit *

Re: アテンザ23Z様へ

その通りですね。
以前に奥深い山の中で夕方近くに地主さんらしき方と遭遇したときは腰が抜けるほど驚きました(汗)
向こうもかなり驚いておりましたが・・。

やはり鉄砲隊はヤバイです。お年寄りが多くなっているので尚更誤射される可能性が高いです。
「せっかくここまで来たのに・・」という思いもありますが、死んではいけません(笑)
しかし城巡りはある意味で「命懸けの趣味」かもしれません(汗)

らんまる #- | URL | 2014/12/11 07:39 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/664-6c6ffd24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top