らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0112

2015年の城攻めは甲斐侵攻でスタート  

◆天正壬午の乱における徳川VS北条の最前線を訪ねて◆

「そうだ、野辺山高原超えて甲斐へ行こう!!」

いつもの思いつきである。

前日の作戦会議では勝沼町攻めだったが、当日の出陣前に北杜・韮崎攻めに変更とあいなった・・(汗)

んで、昨日の攻防戦のダイジェスト。

【朝日之塁】 (北杜市高根町)

天正壬午の乱で佐久へ進出した北条氏は大門峠を越えて諏訪領に入り、甲斐の覇権を狙って若神子城・谷戸城を改修し旭山(朝日山)にも大規模な陣城を築城し徳川軍に対抗した。それが「朝日山之塁」(あさひやまのるい)である。
主郭を見れば分かる通り、築城途中で放棄された陣城である。

朝日山之累 (22)
立派な石柱が建ち遊歩道コースとして地元の皆さんが整備しています。ありがたいが訪れる方はほとんどいない。

朝日山之累 (26)
主郭と二の郭との間の堀切。

舗装された林道が城跡まで通じているのでありがたい。


【若神子城 北城】 (わかみこじょう)

公園化された古城は行ったのだが、周囲の断崖も陣城の跡が残ると聞き訪問してみた。
「甲斐源氏発祥の地」という事で新羅義光と義清父子に関連付けられるが、この若神子城は武田晴信(信玄)の信州出征時の拠点であり、その後天正壬午の乱で北条軍が甲斐侵攻時の拠点として修築し陣城を築いている。

若神子城北城 (5)
城域北側の土塁には城門が置かれたのであろうか。

若神子城北城 (12)
西側に土塁の跡が確認出来るが、全長450m巾約80mの巨大な平地。

若神子城北城 (31)
城域の南端には秋葉社がある。こちらが大手道か?

北条氏が陣城として修築する途中で放棄されたようだ。

【若神子城 南城】

古城の甲川を挟んだ対岸の南側になる。発掘調査も行われる事無く宗教施設の建設で遺構は壊滅。あったはずの標柱も朽ち果て、ここが城跡と知る人は少ない。

若神子城南城 (3)
何も残っておりません(汗)

若神子城南城 (7)
見晴らし最高。世界遺産の富士山最高!(笑)


【能見城防塁】

新府城の北側に作られた長大な防御ラインで、能見城(のうけんじょう)を中心として七里岩を東西に遮断し北からの敵に備えている。

大切なポイントとしては「見どころは能見城では無い!」と言う事(笑)

巨大な箱掘が七里岩を這うように貫通し、三ヶ所の枡形を途中に置き、要所要所に砦を構えた迎撃システムで全長約1.5kmぐらいはあるだろうか。

能見城2北枡形曲輪 (1)
北枡形郭に接続する竪掘。辰ノ口御門という地名が残る場所の交差点の上に遺構が残る。

能見城2黒駒砦・堂坂砦 (41)
黒駒砦(御名方神社)に北斜面には二重堀切が確認出来る。

能見城2黒駒砦・堂坂砦 (26)
堂坂砦跡。武田遺臣は徳川方の支援でこの砦に立て篭もり、黒駒合戦で北条方を打ち破ったという。

能見城2黒駒砦・堂坂砦 (31)
堂坂砦から見た北条方の拠点の若神子城。まさに「天正壬午の乱」における最前線の砦である。

能見城防御ラインの構築については、武田勝頼が新府城を築城した時と同時進行で工事が進められたと思われる。
その後天正壬午の乱が勃発し、徳川軍が新府城を本拠として北条方と対陣し、能見城防塁も徳川により手が加えられたと思われるが、基本的には武田の造作物をそのまま使ったと思われる。

北条方の圧倒的な動員兵数であれば、若神子城の改修も獅子吼城の改修も、朝日之塁の新築も可能だが、徳川軍にそんな余裕など無かったと見るのが通常だ。

能見城2黒駒砦・堂坂砦 (61)
西側から見た黒駒砦。

武田勝頼の新府城築城については世間一般に「暴挙」とか「悪あがき」とかの言葉をよく耳にするが、新府城と能見城の防衛ラインについては徳川軍が北条軍との戦いでその実効性を証明したのである。

その辺の詳しい考察については、そのうち・・・・(ってか、いつになる?汗)

能見城(韮崎市) (9)
現地を見て、とてもガッカリした方が多い能見城・・・(笑) 北の斜面にこそお楽しみがあったのだ。



スポンサーサイト

Posted on 2015/01/12 Mon. 20:05 [edit]

CM: 10
TB: 0

« 宇賀山砦 (小諸市滋野甲芝生田)  |  芝生田館 (小諸市滋野甲) »

コメント

らんまるさま、お疲れ様です。
さっそくの訪問記アップ、さすがです!
性急なツイッターも良いですが、じっくり拝見できるブログには敵わないと思っています(^^;
「武田勝頼の新府城築城については世間一般に「暴挙」とか「悪あがき」とかの言葉をよく耳にするが、新府城と能見城の防衛ラインについては徳川軍が北条軍との戦いでその実効性を証明したのである。」
とても興味を持っております。
勝頼ぼっちゃんですが、なぜこの地に遷都したのか、よく分かりません。でもあれだけの新府城を築くというのは、すごいですね。
勝頼公の復権のためにも、ぜひ御自説を拝見させてくださいv-8

まさはれ #iXQNhkLY | URL | 2015/01/12 22:32 * edit *

Re: まさはれ様へ

リアルタイムの現況報告がツイッターの最大のメリットで、読み返す事がありえないという難点。なのでテキトーに書いても気にされない・・・(笑)
ブログも過去記事はリンク表示しなければあまり検索されることもないが、開示した記事は確実に読み込まれるし記録に確実に残るのでテキトーな事は言えないしふざけた写真も掲載出来ない。なので毎日更新するのは苦痛。

新府城を囲む防御ラインはシンプルで、信濃方面からの敵に対して能見城の防御ライン、対岸の相模方面からの敵には渡航地点を抑える白山城の防御ラインのたった二本。で、これが凄い。
その辺の記事、いつになるんでしょう(笑)

らんまる #- | URL | 2015/01/13 07:24 * edit *

お邪魔します

こんにちは、旭山塁は以前よりも良い状態になっているようですね! 若神子城は以前の公園とは様子が違うようですね?
それにしても天正壬午の乱の北条って・・・当初は数に物を言わせての快進撃が その後の芸の無さったら・・・ 弱いし(苦笑)
当時 北条家には信玄の孫が何人もいたはずなのに・・・何れかに武田を名乗らせ武田菱を押し立てれば旧臣達をもっと上手いこと操れただろうに、結局 諏訪、佐久どころか郡内まで徳川にあげちゃうとは・・・なんともトホホに感じてしまいます。
冬季には是非雪のない武蔵方面に御出陣され 北条の緩さの根源をつついて下さい(笑)
それでは 失礼いたします。

Butch #- | URL | 2015/01/13 18:57 * edit *

Re: Butch様へ

若神子城の北城は公園化されている復元烽火台のある古城ではなく、その北の舌状台地でテニスコート付きのホテルの隣の広大な雑木林です。小生もここに城の遺構があるとは知りませんでした・・(汗)

北条さん、関東の盟主を語る「驕り」の心が全てだったのでしょうか。城を改修したり新築したり余裕です。
そこらへん、徳川さんの必死さとは対照的ですネ。

関東方面も移動時間を考えると日帰りでは厳しいし、冬場の限られた時間(16:00撤収)では泊まりで余裕をもって行くべきでしょう。金銭的な余裕も欲しいところですが・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2015/01/13 20:44 * edit *

現場第一♪

こんばんは、らんまるせんせ。はっ。せんせのコメントが心に痛いっ。ふざけた画像にとっちらかした文章っ。わたしだー。
ツイッターを拝見して、きっとものすごい速さで歩いてはるんやなぁ…と、尊敬致しました。
阿波一宮城で、大きな山城デビューしましたー。入口から本丸まで500m、比高120mだとか。私にはとても大きな山城。すごいなぁ、面白いなぁ、っと楽しんでいたら3時間滞在。らんまるせんせの画像と同じようなものが目の前に現れて感動しました。
突然藪からおっちゃんが現れ。大声をあげてしまいまして。善良な愛好家さん、変な汗かきながら、藪の奥にあったものを説明してくれました。申し訳ない事しました。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2015/01/14 19:16 * edit *

こんばんは。

甲斐だ 甲斐だ!
甲斐と聞くと胸が迫るのは、勝頼殿の哀れな最期を思い起こすからでしょうか。
それとも、私の中にも流れる甲斐の血のせいでしょうか。
若御子城とか能見城とか、新府城を捨てて落ちてゆく勝頼一行の道筋を地図で探した時、読んだ気がします。
甲斐にどんどん攻め込んで、上野原辺りまで行ってくださるとうれしいんですが。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2015/01/14 19:42 * edit *

甲斐侵攻ですかい

信州のおお山は雪だもんなあ。
異国のお城も特徴があって面白いですね。
甲斐は抗争の地ではなかったので、殺気のある城は少ないですが、徳川VS北条の戦いの城はその中でも雰囲気ありますね。でも、武田さんが対織田・徳川用に整備した城を運用し、有効性を実証したのが徳川さんというのも皮肉ですなあ。
そういえば、武田さんが対上杉用に整備した海津外郭城砦群も実際に運用したのは上杉軍でしたねえ。こっちも皮肉なもんですなあ。いずれも相手が北条さんというのも偶然かいなあ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2015/01/14 20:53 * edit *

Re: つねまる様へ

一瞬で記憶の彼方に消え去るツイッターの一言一句など全く気にしておりません。お気に入り登録しても見るんでしょうか?「私見てますよ」の社交辞令でしょう(笑)

そうですか、山城デビューしましたか。おめでとうございます。
せっかく苦労して挙句の果てに延々と三時間も滞在するのですから、事前に縄張図とか現地説明図を入手するか「○○の城ベスト50」なる参考図書を持って城攻めするとかなり満足出来ますよ。
そのうち目が肥えてくると、「この人はここを堀切と認識しているけど、私には切岸にしか見えない」という意見の相違が生じてくるので、それも含めて「城は奥が深い」

それにしても乙女が一人で山城を巡り歩くのは危険極まりない。ケガ、転落、害獣との遭遇、急病のリスク等々。平地の神社仏閣巡りとは格段に違うので、最初は同好会などの城巡りツアーで「慣らし運転」をお勧めします。マジで(笑)

らんまる #- | URL | 2015/01/14 21:39 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

「海道一の弓取り」として信長は勝頼を賞讃しています。信長ほどの武将がお世辞など言わないので、心底から思った通りの発言なのでしょう。

偉大な信玄の後継者というレッテルに臆することなく、信玄を越えた版図を領有した勝頼ですが、後世の評価は残念ながら「オヤジの財産を食い潰した放蕩息子」のまま。
今回、天目山までの勝頼の辿ったルートも候補でしたが、新府城の築城と防御ラインの検証についての下調べに変更しました。
歴史にIFはありませんが、仮に武田軍団の結束が崩れずに織田軍を迎え撃った場合の勝敗の行方は「?」だったと思うんです。

勝頼さんの名誉回復にお役に立ちたいと思うのですが、果たしてどこまでゆけるやら・・(笑)

らんまる #- | URL | 2015/01/14 22:00 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、そういえばツイッターで繋がったウモさんが、師匠のブログに感銘を受けた記事を載せてましたよ。
ガキの頃になりたかった夢など実現出来るのはホンの一握りで、奇跡に近い確率ですよね。

甲斐に攻め入るには大門峠越えか野辺山越えが貧乏人のセオリーですが、今年は路面凍結の危険度が例年以上に高いので難儀しております。んで、遠いし・・・(汗)

毎回思うのですが、「勝頼さんは決して凡庸じゃなかった。少なくとも北条氏康よりは・・・」(笑)関八州の盟主の北条さん、初代の早雲が生きていたら子孫には「百叩きの刑」で望むとおもいます・・・(爆)

らんまる #- | URL | 2015/01/14 22:34 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/676-eaa94253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top