らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0704

木曾義仲伝承の地巡り① 鳥居峠 (木曾郡木祖村)/腰越地区 (上田市腰越)  

◆木曾宮ノ腰から府中を経て義仲が辿り着いた依田窪の地◆

最近はブログを書きかけて、気が付くと椅子で爆睡している。晩酌しながら記事を書くのは体に良くない・・(笑)

さて、熱病に冒されるが如く東信濃にまつわる義仲伝説の続きをご案内しよう。

中原兼遠居館 (51)
木曾町宮ノ腰の南宮神社。挙兵した義仲は居館近くに勧進したこの神社にも戦勝を祈願し東信濃へ向けて軍勢を進めたという。


【挙兵後の依田城入城までの経路】

治承四年(1180)四月、以仁王の平氏追討の令旨を発すると、八月に伊豆で頼朝が挙兵し、それに遅れる事半月の九月に木曾宮ノ腰(宮ノ越とも)義仲が挙兵する。軍勢は鳥居峠を越え、国府のあった深志に入り、武石峠経由で依田窪の腰越に入ったと伝わる。(その後依田氏の居館に逗留)

木曾義仲 032
義仲のもとに四天王が終結し挙兵。(作者:田屋幸男氏 木曾町義仲館に展示)

藪原砦(鳥居峠) (1)
藪原宿側の鳥居峠登り口。中山道最大の難所と云われ、途中までは石畳が残る。

現在は旧中山道の鳥居峠自然道として整備され、藪原宿から峠を越えて奈良井宿まで歩けるが、やはり中山道最大の難所と云われただけあって現代人でもかなりしんどい。入口から峠の頂上まで約20分ぐらいだ。

藪原砦(鳥居峠) (9)
鳥居峠より見た藪原宿方面。

藪原砦(鳥居峠) (47)
峠の頂上にある御嶽遙拝所。御嶽山の眺望の良い場所に御嶽神社を勧進したもの。義仲が戦勝祈願の願文を奉納したという。

藪原砦(鳥居峠) (26)
御嶽遙拝所(御嶽神社)の石仏群。

藪原砦(鳥居峠) (21)
「義仲硯水」。義仲が戦勝祈願の願文を奉納するために、右筆である大夫房覚明(たゆうぼうかくめい)にしたためさせた時に使用した硯の水と伝わる。

奈良井宿 (1)
奈良井宿(塩尻市)より見た鳥居峠方面。ちなみに峠山は戦国時代の烽火台跡と伝わる。


【腰越周辺の義仲にまつわる史跡】

東信濃と中信濃・南信濃を結ぶ通路としては、古くからは保福寺峠を経由する東山道がメインだが、和田峠や大門峠、武石峠に通じる依田川沿いの道(現在の国道152号線付周辺)も大事な道であった。

●腰越橋

依田川と国道152号線が交わる場所にあり、古来よりの要衝であったとされる。現在の橋は平成5年に架け替えが実施され、丸子地区が義仲ゆかりの地となっているため、景観を義仲テーマにしたという。

丸子良存館 (5)
現在も諏訪方面への主要道として交通量の多い腰越橋(こしごえばし)

丸子良存館 (3)
木曾義仲のレリーフが施されているのを知ったのは最近・・・(汗)

丸子良存館 (4)
腰越橋より見た依田川の深い渓谷。




●岡森諏訪神社

義仲の開基と伝わる蓮乗寺(丸子良存館)の依田川を挟んだ対岸にあり、義仲が戦勝を祈願したと伝わる。

岡森諏訪神社 (8)

岡森諏訪神社 (3)
嘗ては賑わったのであろうが、社殿はかなり傷み修復が必要かと。

岡森諏訪神社 (5)
対岸の蓮乗寺と丸子城。



●一本木諏訪神社

蓮乗寺から500m西の腰越一本木地籍にあることから一本木諏訪神社と云われ、義仲が戦勝を祈願したと伝わる。

一本木諏訪神社①

一本木諏訪神社②
地元の方に大切にされてきた神社である。



いずれも伝承の史跡なので真偽のほどは判らないが、判らないから良いのである。

800年前に思いを馳せる・・・そんな瞬間がまたイイのである・・・続く。
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/04 Sat. 10:40 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 横田城 (長野市篠ノ井)  |  丸子良存館 (上田市腰越) »

コメント

晩酌なしの更新なんて

こんばんは、らんまるせんせ。面白いですー。
こうして現地の雰囲気を感じながら、大好きな義仲の足跡を知り、せんせにお話。晩酌なくして何が楽しみだというのでしょー。
南宮神社の重厚な鳥居には寄進された方々の誇りを感じますし、御嶽神社の石仏群には修験道の歴史を思いつつ、願文は前の日に用意しなさいよーっとつっこみ。
岡森諏訪神社の覆屋が危険だわ、氏子さん、過疎化?とか、一本木諏訪神社はお寺の建物だろうか、とか、注連縄が関西と逆だわ、とか、楽しいです。
そして、せんせに教えて戴いた事から、道すがらあちこちの神社へ戦勝祈願をした狙いは、手勢を増やしていくことだったのかなー?とも思いました。
今夜も酒がうまいです。

つねまる #n/suoGfY | URL | 2015/07/04 21:02 * edit *

こんばんは。

鳥居峠、学生時代に奈良井側から越えました。
何も知らずにルンルン登ったけれど、あそこも義仲公ゆかりの地だったんですね。
知らないってことは本当に損。
御嶽遥拝所があったのは、記憶に残っています。
それにしても、丸子といえば近くなんですよね。
根井行親といい、この辺りは義仲公と本当に縁が深い。
もっと勉強しなければ!

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2015/07/04 21:22 * edit *

Re: つねまる様へ

もはやアル中に陥った哀れな師弟の戯言でございましょうか・・(笑)

さすがに神社仏閣のプロの見立ては違いますなあー。わたしゃ何見ても鳥居があれば神社だし賽銭箱が無ければお寺だと思うております・・(汗)
義仲が東信濃に滞在したのは僅か2年。それも養和の飢饉が無ければもっと短かったはずで、瞬間最大風速で終わった義仲の伝説は、後の世の創作物として「おひれはひれ」がつけられて装飾されていったのでしょう。
「平家物語」「源平盛衰記」の功績も大きいと思います。

小生も伝説になるべく61歳の11月に補陀落渡海を行い「らんまる上人」になりたいと思うのですが、ピースボートの漂流外国人に間違われて入国拒否の憂き目に遭い、補陀落山の観音浄土には辿りつけないでしょう・・(笑)

今晩も椅子で深い眠りに落ちると思われます・・・(爆)

らんまる #- | URL | 2015/07/04 21:38 * edit *

「最近はブログを書きかけて、気が付くと椅子で爆睡している。晩酌しながら記事を書くのは体に良くない・・(笑)」

小生も呑みながらHPを更新するのが何よりもの幸せであったりします(^^;
ついでにつぶやいたりしますが、誤字・脱字の嵐ですね。

でも、城館を見る趣味に、それをネットにUPです楽しみまで後からあるんですから、城探訪は最高の娯楽だと思っています。v-8

まさはれ #iXQNhkLY | URL | 2015/07/04 21:46 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

いえいえ、うら若き女学生時代に「義仲命」などというTシャツを来て以仁王の令旨を受けて義仲が挙兵した話などされたら引きますよ・・(笑)

佐久の豪族だった根井行親そしてその子の楯親忠は、北陸武士が相次いで離反する中で義仲四天王として最期まで義仲を支え、頼朝が派遣した義経の猛攻に斃れました。
その誠実さがいいんです。世渡りがヘタクソなのがいいんです(笑)

判官贔屓ならぬ朝日将軍贔屓。次回の大河ドラマ採用に向けて北陸諸国と共に頑張りましょう!(大爆笑)

らんまる #- | URL | 2015/07/04 21:59 * edit *

Re: まさはれ様へ

ふと目が覚めると、書きかけの記事が公開されている事もおおく、一瞬にして目が覚めます・・(笑)

ブログもツイッターも所詮自己満足の世界なのでコメントを頂いたり、お気に入り登録頂いたり、リツイートしてもらえるのはグリコのおまけ以上に有り難い事だと感謝しております。
お陰さまでブログも6年目に突入しましたが、いつ更新が途絶えるか心配の種は尽きません・・(汗)

らんまる #- | URL | 2015/07/04 22:09 * edit *

晩酌はしないけどPC前でウトウトしちゃいます^^

義仲のレリーフがカッコイイですね^^
戦勝祈願した神社を辿ると進軍コースが判るでしょうか^^
800年前の硯水が枯れることなく残ってるって、伝承でもロマンチックだと思います^^

拍手☆


時乃★栞 #- | URL | 2015/07/05 20:50 * edit *

Re: 時乃★栞様へ

コメントありがとうございますw

仰せの通り、進軍中に神社に立ち寄り各地の豪族連中に参加を促しながら東信濃の依田城を目指したのだと思われます。
その後、上野の父の旧領である多胡庄に入りそこを拠点とするつもりだったようですが、頼朝との抗争を避け再び信濃に戻っています。

義仲の史跡も半分以上はあとからのコジツケなので「伝承」でしょうか・・(汗)
挙兵して敗死するまで僅か4年。「平家物語」「源平盛衰記」などを通して、彗星の如き彼の人生に共感する民衆は多かったのでしょうネ。

らんまる #- | URL | 2015/07/06 07:08 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/717-9c6d3857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top