らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0710

「信濃をめぐる境目の山城と館 上野編」が発刊  

◆散財を強制する信玄の呪縛は続くのである◆

実は、宮坂武男氏の「図解山城探訪」は第三集までは自費出版で、第四集からは長野日報社により製本化されるも非売品であった。このままでは宮坂氏がライフワークとして踏査してきた信濃の山城の研究成果が廃れると危惧した中世歴史研究家の平山氏と竹井氏の尽力により、2013年に戎光祥出版様より「信濃の山城と館」(全8巻)が復刻版として部数限定で刊行された。

そして「図解山城探訪」の全巻を知る我々の期待を裏切ることなく2015年には同じく戎光祥出版様より、山梨編が「甲斐の山城と館」として上下2巻として発刊された。

上野編①
表紙は富岡市の神成城の鳥瞰図。

そう、宮坂教の狂信徒ならご存知だと思うが、宮坂氏の「図解山城探訪」の付属編には「上野編」 「飛騨編」 「奥三河編」の三部作が存在するのだ。

「まさか、戎光祥出版がいくらなんでも、収支の読めない付属編の三部作を製本化することは無いかもしれない・・・」

いやー、期待を見事裏切って頂いた戎光祥出版様には感謝感激雨あられでしょうか・・・(笑)

拍手喝采ですw

上野編②
上段の縄張図は鷹留城(高崎市)、下段は岩櫃城(東吾妻町)

両手にも満たない上野国の山城訪問数なので、この本の到着以降は毎晩遠征の夢ばかり・・・・ヤバイ・・・(笑)

後閑城(20414) (59)
後閑城。1年前に訪問しているが未だ記事として掲載出来ない・・(汗)

CIMG2738.jpg
岩櫃城は2回程訪問しているが、真面目に調査していないので、再訪は必須であろう・・・。

このあと恐らく「飛騨編」と「奥三河編」が刊行されるのであろう。

片っ端から巡るのは全く苦にならないが、ブログに掲載するのはかなり躊躇し記憶も断片的になると思われる。

まあ、いつもの言い訳には違いない・・・(爆)
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/10 Fri. 22:10 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 信州街道経由で攻め上がった上野国は猛暑日だった・・  |  桜城2 (木曾義仲史跡関連 下諏訪町) »

コメント

神は、やはり神ですね・・・

らんまる様 お邪魔します。
 いや~ 神は、やはり神ですね・・・
 神成城は私が踏査した時はハイキングコース意外、藪だらけで、何が何だか分からない状態でした。あの状態でこの図面を作成できるとは、凄いです。
 それとも刈りはらわれたのかな~?
 裏表紙は、鷹留城と岩櫃城ですね。
 鷹留城の図面は日本城郭体系掲載図よりずっと現状に沿っていますね。
 上野の城たちも、攻城戦記でかわいがってやって下さい!
 よろしくお願いします。
 

武蔵の五遁 #- | URL | 2015/07/12 08:14 * edit *

私も本を早速注文させていただきました。
届くのが楽しみです。

ご覧になられたかことと思いますが、この番組で真田丸をテーマにしていたので
http://www.bs4.jp/hsi/onair/09.html
みてみたら、
平山先生と岡城がでていました!
岡城の丸馬出しが現存していたらよかったんですがねえ

丸馬出 #- | URL | 2015/07/12 16:41 * edit *

Re: 武蔵の五遁様へ

昨日は上野国からのツイートをRTしていただきありがとうございました。
実に久々の信州街道はバイパスが開通していた事に衝撃を受け、浦島太郎の心境でした・・(汗)

城峯城は猛藪で入れず撤収、内山城は主郭まで登るも藪で縄張りが判らず撤退。結局、まともに見れたのは嵩山城と山田城、貴殿が紹介していた潜龍院。まあ、秋口に向けての下調べということで・・・(笑)
信濃も未掲載の城が在庫多数。そこへきて上野国も踏査開始。この先どうなる事やら・・・

それにしても宮坂センセと戎光祥出版・・・そのタイムリーさには一言お怨み申し上げたい・・・(爆)

らんまる #- | URL | 2015/07/13 07:13 * edit *

Re: 丸馬出様へ

ご注文ありがとうございますw
戎光祥出版様にはツイッターでもお世話になっているので助かります・・(笑)

何かと話題の片岡さんの番組、見ましたよ。千田学長も城郭研究の第一人者なので判り易い解説でしたね。平山センセも最近露出が多くなってきたので嬉しいです。平山センセの「天正壬午の乱」の復刻版(ページや写真・付録が増刷したようです)も戎光祥出版より7/10に発売になっていますので、ご確認ください。

しかしなんで岡城の丸馬出しだったんでしょうね。そこを無理に真田の故郷と関連付ける必要があったのでしょうか。

らんまる #- | URL | 2015/07/13 07:24 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/720-ca014396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top