らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1015

野尻城(信濃町)  

◆時代と共に改造され変化した古城◆

野尻湖の北岸の峰にある野尻城。
この城は南北朝時代に築城されたといわれ、戦国時代に大幅な改修を受けたものと見られる。

nojiri01.jpg
↑松澤芳宏氏による野尻城の縄張図

野尻城と呼ばれた城は諸説があり、この城の対岸で野尻湖に浮かぶ琵琶島とも、飯山口方面の割ヶ岳城とも云われるが定かでは無い。

城の登り口にはお洒落なイタリアンレストランがあるのだが、食事もせずに敷地に入るのは気が引けたので道路脇の斜面を忍者の如く登ると直ぐに城域に入ります。

nojiri022.jpg
↑東先端の土塁と空堀。埋もれかけているので、郭の形状から丸馬出ではないかという説もあるが信じ難い。

笹と雑木林に覆われた約20m×100mの広大な平坦地。前回掲載した土橋城の作りに似ていて兵の駐屯地として意識した造りです。

nojiri021.jpg

ホントに城跡なの?
山城のせまい曲郭に慣れてしまっているので不安になります。

nojiri023.jpg

ようやくあまり深く無い堀切を発見し少しホッとする(笑)

nojiri024.jpg
↑二の郭と思われる手前の堀切は僅かな石積みが残る。

nojiri02025.jpg
↑本郭とおぼしき手前にある上巾4mの堀切

長方形の郭の向こうにはきっともっと深い堀切で遮断してるんだろうナ・・・

密かな期待は、その通りになったので何か嬉しい(単純思考)

nojiri2027.jpg
城域の最高地点にある郭。んーん、写真だと草木で良く分らないのが残念。

nojiri2029.jpg
↑東側の尾根を断ち切るこの城域最大の堀切。上巾7m以上あるだろうか。

もともとは単純な造りだったと思われるが、戦国時代にかなり手を加えて実戦向きに改造された跡がわかります。

背後が湖という安心感の割には、北側が切岸だけの防禦では守り切れなかったのかもしれませんネ。

nojiri2030.jpg

場所:上水内郡信濃町野尻字城ヶ入
攻城日:2010年10月11日
お勧め度:★★★☆☆
見どころ:切岸、土塁、堀切
詳細:国道18号線の野尻湖信号機を右折して湖岸道路沿いを進みリゾートハウススピンネーカ―付近
その他:散歩がてらに登れます。晩秋から冬にかけて藪の少ない時期が良いかと思います。

スポンサーサイト

Posted on 2010/10/15 Fri. 07:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 琵琶島城(信濃町)  |  土橋城(信濃町) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/73-cb94dca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top