らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0830

夏の終わりの戸隠紀行  

◆去りゆく夏と鬼無里・戸隠の風景◆

「そうだ、戸隠へ行こう!」

いつもの事である・・(笑) 何度彷徨っても飽きない場所だ。

せっかくなので信濃先方衆の相棒「ていぴす」殿を誘ったまでは良かったが、前日の夕方から雨・・・・朝も雨・・・・

基本我々、雨男ではないので、「なんとかなるさ」で出発進行!!

IMG_3308.jpg
雨に煙る鬼無里集落。

ていぴす殿は鬼無里・戸隠は未訪との事だったので、ちょっと寄り道&アテンド。


【古城】 (長野市鬼無里上新倉)

ここは二度目なので既に記事にもしている。⇒古城
残念な事に、昨年11月22日に発生した白馬村神城の地震は白馬だけでなく、周辺の小川村、鬼無里、戸隠、中条にも甚大な損害を与えた。
古城の隣にある宿泊施設「ふるさとの館」は地震により建物倒壊の危険があり閉鎖となった。城跡に建っている模擬天主も壁に亀裂が入り入城禁止となっていた。

IMG_3306.jpg
傘さして長靴履いて。

IMG_3300.jpg
立ち入り禁止となった天主。地震で倒木もあり城跡は荒れ放題。

ふと見ると、模擬天主の隣のゴミ置き場に何やら動く黒い物体・・・・・「もしやクーさん!?」(汗)

一目散に立ち入り禁止の天主建物に逃げ込み(鍵してなかった・・・)籠城戦を覚悟。

恐る恐る1階の窓から確認すると、そこには脚を負傷し失ったカモシカ殿が・・・

IMG_3299.jpg

角も一本欠け、満身創痍。縄張り争いに敗れたのであろうか。それとも人間の仕掛けた害獣除けの罠で受けた傷だろうか。

彼の行く末を案じながら、我々は城を後にした・・・・。


【大日方左門の館】 (長野市鬼無里上新倉)

ここも二度ほど来ている。

小川村と鬼無里を治めていた国人大日方氏が武田氏の侵略を受け、降伏するかどうか兄弟で意見が分かれてしまい、武田氏への抵抗を頑強に主張していた当主大日方金吾直経を呼び出し、その弟の佐門と共に誅殺したという。
殺された佐門の屋敷跡がここだと伝わる。

IMG_3309.jpg
画面中央の荒倉神社あたりが居館跡らしい。


【追通の栗田屋敷】 (長野市戸隠栃原)

栗田氏は北信濃に大きな勢力を持った国人で、善光寺の別当を「里栗田」、戸隠神社の別当を「山栗田」と呼ばれた。
ここは山栗田氏が当初屋敷を構えた場所で、1659年に戸隠二条に居館を移すまで住んでいたと伝わる。

追通の栗田屋敷 (7)
中屋敷

屋敷地の背後の山には追通城(今回は雨で登城断念)があり詰め城だったと思われる。詳細はいずれまた。


【上祖山城】 (長野市戸隠祖山)

裾花川の右岸に位置し、川沿いの監視とともに川中島から陣場平を越える地蔵峠や虫倉山の岩井堂峠を越える山道に対する見張り砦と考えられている。

上祖山城 (1)
城跡からの景色。今回から攻城のお供となった愛馬「らんまるジムニー号」と祖山集落。険しい。

上祖山城 (32)
主郭の北側の横堀。


【中尾城】 (長野市戸隠中尾)

詳細は不明で、福平城の支城とも。二子山と呼ばれる山の二つの峰に遺構が確認出来る。
大昌寺山城と追通城の中間にあるため烽火台だった可能性も否定できないがどうであろう。

中尾城 (64)
中尾城の登り口。墓地の奥の丘陵ともう一つ奥にも遺構がある。

中尾城 (18)
切岸も丁寧に造作されており古さは感じない。

むさ苦しい我ら二人がウロウロしていると、怪しいと思われたらしく近所のご老人に尋問される(汗)

その方も郷土の歴史を勉強しているらしく地名やこの辺の山城跡についての伝承を教えてくれた。有り難い事ですw


【五十城】 (長野市戸隠栃原)

「いかづちじょう」と読む。五十集落の高台にあり、円光館や福平城への入口に当たる。
城というよりは集落を見下ろして監視する屋敷が置かれていたと考えられる。

遺構は墓地になっており、登城口には古い稲荷社がある。

五十土城 (4)
五十城から見た大昌寺山城。

【福平城】 (長野市戸隠栃原)

個人的には北信濃を代表する名城の一つだと確信しております。
山城フリークを自認される方には是非訪れて欲しい山城でございますw

詳しくは⇒福平城をご覧ください。

IMG_3323.jpg
軽自動車なら本郭まで入れますが、かなり狭いので慎重に。

IMG_3325.jpg
主郭背後の堀切(箱堀)を見下ろす。堀底を歩くていぴす殿がゴミのようです(笑)

IMG_3327.jpg
巨大な二重堀切は何度見ても感動ものであろう。


【大昌寺山城】

二年前、その大藪に阻まれ断念。今回はリベンジに成功する(笑)

相変わらず藪は酷いが遺構は素晴らしい。単郭の背後を堀切で穿ち、大昌寺側に対して長大な横堀で防御している。
晩秋にもう一度訪れてみたい砦である。

IMG_3320.jpg
主郭背後の堀切。

大昌寺山城 (2)
藪に埋もれた横堀。


【栗田氏館】 (長野市戸隠二条)

最近もきているのだが、不審者と間違われてロクに写真も撮れなかったので再訪。
相変わらずお寺に寄宿している方がこちらに注視しているので気味が悪い・・・(汗)

追通から引っ越してきた栗田氏(山栗田)が1659年ごろに居館を構えたという。中々の要害の地である。

IMG_3332.jpg
史跡として認知されている。

IMG_3331.jpg
屋敷跡は現在水田となっている。


戸隠=神社というイメージが強く、戦国の動乱とは関係無い様に思いがちですが、上越紛争に際しては戸隠神社の争奪を巡り熾烈な「仁義なき戦いが繰り広げられ、防衛の為に強固な砦や城が沢山造られたようです。

まだまだ未訪の地がありますが、何とか制覇したいと思っております。

それよりも、今回、前回、前々回と訪問した場所がいつ記事になるのか・・・あまり期待しないでくださいませ・・・・(汗)

スポンサーサイト

Posted on 2015/08/30 Sun. 12:11 [edit]

CM: 14
TB: 0

« 大昌寺山城 (長野市戸隠栃原)  |  唐崎山城 (千曲市雨宮) »

コメント

雨に煙る・・・雰囲気抜群です^^
足元とか大丈夫でしたか?^^;

カモシカ・・・可哀想ですね。
クーさんは北海道でも目撃情報はニュースで報道されます。
危険と判断されたら、学校は集団登校で大人が付き添ってます。
だんだん人里に近づくのが増えてるのが各自治体で頭痛の種です^^;

全体的に荒れてないですね。
堀切も判るし。
ほんとに藪が酷いところは写真で説明されても何が何だかサッパリ判らない^^;

>堀切(箱堀)を見下ろす
おお!深さが想像できる画像~~素敵!!拍手☆

時乃★栞 #- | URL | 2015/08/30 18:43 * edit *

藪酷いねえ。

Jニーさすがの機動力ですね。
小生も持っていましたが、楽しい車でした。
しかし、燃費がひどかった。
鬼無里、戸隠やっぱ冬でしょう。がさ藪が夏じゃひどいですね。
そういえば、俺、福平城、大昌寺山城など行ってたわ。
記事にしてないのに気が付きましたわ。もう、忘れてるで、ヤベ!

あおれんじゃあ #- | URL | 2015/08/30 21:59 * edit *

Re: 時乃★栞様へ

コメントありがとうございます。

このような趣味を持たなければ、長野県がいくら広いと言ってもこのような場所に訪れる事など無かったと思います。
クーさんの目撃情報については年々エスカレートしていますが、人間による環境破壊もその要因の一つでしょうネ。

おおよそ戦乱と関係の無いような土地ですが、否応なしに巻き込まれていったのでしょうか。
その辺の解明も小生の使命かと・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2015/08/30 22:04 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

いまどき、一ケタの燃費の軽自動車など考えられません・・(笑)
それでも4WDは「どこでもドア」への近道でしょうね。その魔力恐るべし・・・。

戸隠の城砦の記事には栗田氏が欠かせません。
チャンと調べないと記事には出来ないので、中途半端な掲載も出来ずに在庫が増えています(汗)
各個撃破と完全制覇は来年になりそうです・・・。

らんまる #- | URL | 2015/08/30 22:13 * edit *

新型の城攻め兵器の導入おめでとうございます。
別名スズキのクラウン

ところで、塩田の平○○という大型書店の郷土史コーナーに
戸隠の歴史本が売っていました。
(もうご存知でしたかね)

それにしても、真田本がヒートアップしてますね

丸馬出 #- | URL | 2015/08/31 05:42 * edit *

Re: 丸馬出様へ

もっとコンパクトなオフロード車を作ってくれないかなあーと思ってます。
燃費の悪さは仕方ないとしても・・・(笑)

戦国時代の戸隠地方は栗田氏もだいぶ関わっているようなのですが、栗田氏に関する記述書が少ないので図書館の蔵書を探して何とか勉強しています。情報ありがとうございます。
書店へ行くと真田氏関連の特設コーナーが多くなりました。どれも過去本のリニューアルばかりで読む気にはなれません(汗)

らんまる #- | URL | 2015/08/31 07:24 * edit *

戸隠=神社
私もそれしか知りませんでした。
『戸隠神社の争奪を巡り』ですか。
昔の神社って、それなりの武力を持った一大勢力だったということでしょうか。
鬼無里  長野に来て最初に覚えた難地名です。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2015/08/31 19:50 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

コメントありがとうございますw

戸隠神社と善光寺は北信濃の領民だけでなく、周辺諸国においても信仰のメッカ(聖地)となっていたようです。善光寺とその周辺は比叡山延暦寺の寺社領となっていたようですが、本家とは違い武装した坊主はいなかったようです・・・(汗)
侵略戦争を正当化するには地元の領民を抱き込んでしまえば話は早い訳で、その最たる手段は信仰の厚い神社寺院のお墨付きを得る事でしょう。

信玄が謙信の滅亡と信濃一国の統一を願文として戸隠神社に奉納し受領したことを知った上杉謙信は烈火の如く怒り、戸隠に兵を進め神社を焼き払い甲州兵を追い払いました。こうして戸隠神社の受難の日々が始まり、戦火を避けるために小川村に疎開までする有様でした。
甲越合戦で川中島の支配が一進一退を繰り返す事態となった信玄は、越後の攻略を戸隠経由の山間地越えのゲリラ戦に活路を見出そうと躍起になっていたようです。
そんな背景を思いつつ戸隠を巡ると興味深さも倍増します。

らんまる #- | URL | 2015/08/31 21:30 * edit *

信濃の国に行きたい病

今年の夏は癒しのため神妙にしていますが、このような写真を公開されますと信濃の国に行きたい病がうずいてきます。
大日方さんとこに退避ってとこが興味深いです。養う経済力はあったんでしょうかね。小川村に居ることにより、なんらかの権益を行使できたのでしょうか。
ジムニーは私の母も愛用で、30年にわたり買い換え乗り継いでます。雪国には心強く、ジムニー以外には無いようで、信仰の域です。
転倒のリスクはありますが、バイク、ぐっと奥まで行けますよ。

えいき #- | URL | 2015/08/31 22:06 * edit *

Re: えいき様へ

そうでしたか、北信濃の城跡は心の病を重くする原因とは知りませなんだ・・(笑)

数年前に小川村の大日方氏にハマった時に移転先である奥社・中社・宝光社のある筏ヶ峰を訪ねました。そこを見なければ、大日方氏が戸隠神社の疎開を許可した理由が見えなかったように思えたからだと思います。

小生が思う最強の攻城兵器は、スバルサンバーのスーパーチャージャー付きのディアス4WDにモトクロスバイクを搭載した組合せでしょう。スーパーLOWの4WDレンジがあるのが魅力です。ジムニーのJB23Wはデカいし重たいし燃費も悲惨・・もっと軽くしろよ・・(笑)
晩秋は夜間瀬城に攻め入ろうと思いますが、一緒にどうですか?

らんまる #- | URL | 2015/08/31 23:03 * edit *

宮坂本8-150でしょうか。だとすると「見るからに急峻な山で、(後略)」ってあります。男・女・もちろん遠見もですよね。肩、癒してリハビリしておきます。

えいき #- | URL | 2015/08/31 23:25 * edit *

Re: えいき様へ

過酷な登山になりそうなので、小生も落ちた体力を回復するトレーニングに励みます(笑)
日程はまたご連絡します。

らんまる #- | URL | 2015/09/01 07:07 * edit *

栗田氏館は実家の近くです。
なにせ閉鎖的な場所なもので、見慣れない人がいるとついいらぬことを勘ぐってしまうのかもしれないです…。
私達は「城之内神社」と呼んでいますね。毎年秋に神社の前で獅子舞を奉納しています。

城としては南側・西側が崖になっているので都合が良かったのでしょうね。

木口 #dGKkJFcU | URL | 2015/09/14 00:08 * edit *

Re: 木口様へ

コメントありがとうございます。
ご実家が二条でしたか。戸隠地区で城跡の案内板が出ているのが唯一堀之内城なので、地元でも大切にされているのが分かります。
まあ、カメラと地形図片手に持って集落をウロウロしたら通報されても仕方ない・・(笑)

そうですか、秋祭りに獅子舞が奉納されるのですね。ずっと続けて欲しいものです。
信州のあちらこちらを巡り歩いていると、廃れてしまった神社や祭りの担い手がいなくて行事の出来ない集落がとても多く嘆かわしく思います。「限界集落」という言葉は嫌いですが、現実問題となると避けては通れず廃村になる地区もこの先どんどん増えていくのでしょう。
戸隠は鬼女紅葉伝説を訪ねて何度も彷徨ったのでとても好きな場所ですが、好きと暮らしは別ですよね・・(汗)

らんまる #- | URL | 2015/09/14 07:34 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/733-109ae55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top