らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1206

千束城南東尾根砦 (南安曇郡小谷村中小谷)  

◆千束城の烽火台か?◆

北信濃の山城=雪に覆われ見学期間が短い・・・というのは確かにそうだが、プラス「藪との戦い」でもある。

小谷・白馬地方は特に藪椿(ヤブツバキ)の自生地が多く、誰かが意図的に我ら城探訪者に意地悪をするために植えたのか?と疑いたくなるほどである・・・(笑)

今回ご紹介するのは、その名の通り前回ご紹介した千束城の南東の尾根にある「千束城南東尾根砦」(中ドヤ)である。

IMG_1978.jpg
信濃先方衆の我らに「敵前逃亡」とか「戦わずして退却」はあり得ない。前進あるのみ。

【立地】

千束城(北ドヤ)から南東に張り出した尾根の中断に位置し、この砦から千束城まで比高約140mある。登り口は池原集落より林道を登り脇の休耕地から斜面に取り付くのが無難。千束城から縦走して下るのも良いが藪漕ぎ必死なので覚悟が必要だ。

千束城南東尾根砦 (4)比高144mを藪漕ぎで下るのは大変。ようやく辿り着いた砦の遺構。

南東尾根砦見取図 001加工度はそれなりだが、なんともヘンテコリンな形の砦である。宮坂氏は西半分が崩落した可能性も推定されている。

千束城南東尾根砦 (6)西から東へ弧を描くように巡る堀切㋓。

千束城南東尾根砦 (9)西崖側の堀切㋓。

【城主・城歴】

千束城同様に不明。小谷村誌では「北ドヤ」を千束城と推定していて、「南ドヤ」については「池原の須合地籍南側にあたり、姫川に張り出した尾根上に構えられた城である。」として「昔城があったとされる中ドヤの確認も急がれる」としている。
宮坂武男氏は北ドヤを千束城、南ドヤを鳥居城と特定できたとするなら、この南東尾根砦は北ドヤと南ドヤの中間に位置するのだから、ここを「中ドヤ」ととみてもようさそうだ、としている。

小谷村誌では、千束城の築城主体を北西の石坂集落としているので、この場合わざわざ物見として南東尾根砦を築く意味が見当たらない。考え方とすれば、北側勢力がが守りから攻撃支配へと転じ出城を築く必要性に迫られたものと解釈できるであろうか。

千束城南東尾根砦 (11)堀切㋓と段差付きの二重堀切(横堀)を構成する堀切㋒の西側の出口付近。

【城跡】

千束城と同じく藪椿が城跡一面を覆い尽くしてしまい、自分が縄張図のどの位置に立っているのかすら判断に悩む。
本城の尾根に対しては段付きの二重堀切を穿ちかなり厳重に警戒している。土塁で囲んだ主要部は窪地も含めて自然地形を利用した跡が認められるが、宮坂氏の指摘のように西側が崩落した可能性は捨てきれない。

千束城南東尾根砦 (13)堀切㋒。

千束城南東尾根砦 (12)残雪が無ければ堀切の撮影は無意味なのもであったかもしれない。

千束城南東尾根砦 (17)砦の主要部。藪に覆われて何が何だか写真ではさっぱり分からないと思われる・・・(汗)

千束城南東尾根砦 (20)比高144mの千束城を見上げる。「もう、行きたくない・・・」(笑)

何処をどうあがいても見渡す限りの「椿祭り」である。
写真を撮るだけ無駄と思いながら、補助線引いて何とかしたいとも思うのである。

千束城南東尾根砦 (21)城域の東側を遮断する堀切㋑。

千束城南東尾根砦 (25)南東斜面の最終の堀切㋐。

IMG_1975.jpg
ここが城の中心部です。そういわれても「♪椿咲く~春なのに~ あなたは帰らない~♪」のヘビーローテーション(笑)

さあ、如何だったでしょうか?

「えっ、これだけなの?」  そうなんです。この先、どんな写真を出そうと椿の春になってしまいますw

何故ここに砦が必要だったのか?

考えすぎても夜はぐっすり眠れる自分に乾杯!!・・(笑)


≪千束城南東尾根砦≫ (せんぞくじょうなんとうおねとりで 中ドヤ)

標高:726m 比高:165m(池原の辻より)
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:北安曇郡小谷村中小谷
攻城日:2015年5月2日 
お勧め度:★★☆☆☆  
城跡までの所要時間:100分(千束城経由) 駐車場:特にない。路駐。
見どころ:段付き二重横堀、土塁など
注意事項:特に無いが、藪漕ぎ必死。単独訪問は避けよう。
参考文献:「信濃の山城と館⑦安曇・木曽編」(宮坂武男著 2014年 戎光祥出版)、 小谷村誌
付近の城址:千束城、舘山、平倉城、鳥居城など
Special Thanks:ていぴす様

千束城(小谷村) (60)
池原集落から見た砦。この場所の立地と高さで充分単独物件としての山城の要件を満たしていると思われる。














スポンサーサイト

Posted on 2015/12/06 Sun. 20:22 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 小田草城 (飯山市静間)  |  千束城 (北安曇郡小谷村中小谷) »

コメント

らんまるさま

本日、南ドヤを攻めてきました。病み上がりに直登で、途中30分くらい座り込みました…(その後、復活しました)
水曜日までに日本海へ抜けたいと思います。
でも、らんまるさまに敬意を表して北ドヤ、中ドヤはパスします(笑)

信玄を捜す旅 管理人Shige #fonpFmVM | URL | 2015/12/06 21:16 * edit *

Re: 信玄を捜す管理人 Shige様へ

南ドヤに行かれましたか、お疲れ様でした。既に積雪状態でしょうか?
お体ご自愛ください。山城攻めでドザエモンにはお目にかかりたくありませんもの・・・(笑)

そうですか、Shige様の語る北ドヤ、中ドヤも拝見したかったのですが残念です。
あそこは椿が好きでないと行けない場所です。もう充分堪能したのでしばらくイイです・・(爆)

千国街道を北進中ですね、越後の城も行かれるのでしょうか。お気をつけて。
レポート楽しみにしておりますw

らんまる #- | URL | 2015/12/07 07:21 * edit *

雪国の春

雪国の春は爆発的に来ます。
その様子が写真に出ています。最後の写真はまさに「雪国の春」
特に椿の花と残雪のコラボがいいです。それと青空。
小規模な砦ですが、ちゃんと造られています。
残雪が堀の形をクローズアップさせているのがいいです。

あおれんじゃあ #- | URL | 2015/12/09 22:28 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

椿の枝はしなやかで大量の積雪にも耐えられる事から北信濃に多く自生しているようです。
しかし人間が通るとその枝が凶暴な鞭となりビシバシと叩かれます・・(汗)
城跡の遺構を撮影するにはピーカンの天気は歓迎できませんが風景写真なら物凄く映えるもの事実です。
こんな雪国に砦をいっぱい作らなければならない戦国時代って何だったんだろう・・と時々思います。
そしてこんな場所を探索している我々は何が楽しいのだろう・・とふと我に返る時があります・・(笑)

らんまる #- | URL | 2015/12/10 07:36 * edit *

椿咲くぅ~♪

こんばんは、らんまるせんせ。
残雪のおかげで素人にもわかりやすくて面白いです。とても手の込んだお城なんですね。
西側は、がっぽりと崩れたのですか。何が起きたのかしら。
椿ってこんなにも自生するものなんですね。知らなかったー。
私はまた神話の世界に入り込んでおりますが、地図を見て現地へ行き地形を見ると、確かにここならそんな話が生まれるのも納得だと思う事は多いです。
やはり現地へ赴くのに勝るものなしー。
っと、仁王立ちするのがたまりません。ふふ。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2015/12/10 18:56 * edit *

Re: つねまる様へ

そう、事件は会議室じゃなく現場で起きているんですw

山城探訪も実は同じ事が言えまして、なんでここに城や砦を作ったのかは地図と睨めっこしてもアップップーです。
そこを訪ねて、そしてそこに立ち、そこから見える風景で初めて「なるほど!」と合点承知の助する訳です。
一度訪問しただけでは中々理解できなかったり見落としたりしてしまうので、出来れば二度三度と訪れることで核心に触れるのです。

そうは思いつつ、あんな険しい山城へ二度と行きたくないと思うのも人間なので仕方ありません・・(笑)
腰に手を当てて牛乳をイッキ飲みしながら頑張りましょう!(ってか胃腸の弱い方にはお勧めできません・・)

らんまる #- | URL | 2015/12/10 21:11 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/755-ae16a09d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top