らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0105

鳥屋城(上田市武石鳥屋)の史跡整備の近況について  

◆城跡の整備事業は、地域住民の愛情が無ければ成就しないのです◆

2016年の元旦から城跡に登るのもどうか?とは思ったが、上田市武石鳥屋(うえだしたけしとや)の近くを通りかかったので、散歩がてらに鳥屋城を何年かぶりに登ってみた。

武石鳥屋地区からの城の大手の登城口の道路脇に新しい看板が立っているのを発見し車を止めて観察。以前は手作りのものだったが、最近どうやら立派な看板を制作されたようである・・・。

鳥屋城201601 (1)
二年前に看板を新調されたようです。

実は、鳥屋城保存会の皆様とはご縁があって、小生のヘッポコブログで鳥屋城の記事を掲載したときから「影のスポンサー」となっていただいておりました。(もちろん精神的な支援と声援だけでございます・・・笑)

大手の登り口には、新調された縄張図、宮坂先生の「信濃の山城と館③」の紹介、そして何故かまだ採用されている小生の縄張図が手作り感満載で掲示されております・・(汗)

鳥屋城201601 (11)
鳥屋城の大手の登り口。害獣除けのフェンスに手作り説明チラシが掲示してあります。

鳥屋城201601 (9)
宮坂武男氏の縄張図が新調した説明版に何故採用されなかったのかチョッと疑問を持っております・・・

鳥屋城201601 (10)
そろそろ「お役御免」となりたい小生の恥ずかしい縄張図。

「鳥屋城保存会」の皆様は、自治体の補助金を申請利用するにあたり名称を「鳥屋史跡保存会」に変更されたようです。中世の山城の整備事業だけでなく、地元に残る史跡や遺跡を保存し後世に伝え残していきたいという趣旨なんでしょうネ。

首長の某市長は観光事業の充実と称し架空の人物である「真田十勇士」に我ら市民の税金をつぎ込み費用対効果の怪しい政策を実行してる。それよりはよっぽど地元の皆さんの活動のが実利があるように思えるがどうであろうか。

鳥屋城201601 (2)
西尾根の鞍部にも新しい看板発見。ここから鳥屋山砦は確かに尾根続きだが、道は整備したのだろうか?

以前、鳥屋城保存会の方が「鞍部手前まで四駆なら登れますよ」とおっしゃっていたが、現在はかなり凸凹が酷く害獣フェンスからは歩いて鞍部に登るのが良いと思う。ゆっくり15分も歩けば森林浴にもなるだろう(笑)

さて、嘗ての大手筋の西尾根の途中からは三才山トンネル有料道路を経由して松本に通じる国道254号線が眼下に見え、対岸には街道を抑えた「水の手城」が見える。

鳥屋城201601 (4)
昨年リベンジに成功した水の手城。しかし険しい攻城戦の途中で足を負傷してしまい再びリタイヤを覚悟したが何とか制覇した。

鳥屋城は今回で4回目だ。一番最初は小屋坂峠からの険しい尾根を登り、二回目は大手から単独。三回目は馬念さんのアテンドで再度大手から。
以前はキツイと思ったが、回を重ねたせいか藪漕ぎ体験を重ねた成果か楽な山城となりました・・・。

鳥屋城201601 (5)
主郭に新設された縄張図の看板。物見台は階段が腐食し割れていて危ないので登らない方がよいと思われる。

鳥屋城201601 (6)
宮坂氏の縄張図と鳥瞰図を採用する城跡保存会が多いのに、なぜ??宮坂氏が拒絶したとは思えないし・・・

まあ、余計な詮索はやめて、この城の北側の尾根の四連堀切と南尾根の二重堀切は相変わらず凄い。
近世城郭ヲタクが鬼の金棒で殴られる瞬間があるとしたら、この堀切であろう・・・(笑)

鳥屋城201601 (7)
この四連の堀切は結構インパクトが強い。

鳥屋城201601 (8)
南尾根の二重堀切は結構古めかしいオーソドックスな作りである。

国指定を除けば、県指定だろうが市指定史跡、町や村の指定史跡にされても破壊を免れただけで本当の意味の史跡整備には程遠いというのが現状であろう。

でも、史跡保存会とか、山城保存会ってのは地元住民の直属部隊なのでこれは強力な助っ人であり、山城にとってはよき理解者ですよね。鳥屋城も地元の皆さんの継続した絶え間ない整備活動が実に素晴らしい。
定期的に地元の皆さんが講師を招いて故郷の歴史をみんなで勉強するなんてすごい事です。小生の地元を含めて地域の皆さんには是非見習って欲しいものですw

鳥屋城201601 (12)

ようやく市民権を得つつある中世の山城ですが、皆さんの啓蒙活動を継続していかないと、一過性のブームで終わってしまいます。

全国に情報発信すると共に、地元の保存整備事業にも積極的に関わって行こうではありませんか!!







スポンサーサイト

Posted on 2016/01/05 Tue. 22:36 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 北条城 (飯山市豊田)  |  小泉上の城2 (リテイク 上田市小泉) »

コメント

こんばんは。
『中世の山城の整備事業が主目的では、上田市の補助金助成が難しい』
そうだとしたら、何故なんでしょうね?
山城整備ではダメなんでしょうか。
佐久にいるからハッキリとは分からないのですが、上田は真田・真田で大変なことでしょう。
TVでこれだけ宣伝しているんだもの。
もっと、ひっそりと存在している山城を大切にしてもらいたいですね。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2016/01/05 22:46 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

「上田市魅力アップ応援事業」というのは母袋市長の鳴り物入りの政策の一環で、各自治会から地域振興のための申請があれば申請内容を検討して合格すれば年間120万円を市が負担して支出するというものです。地域の歴史絡みであれば比較的受理されやすいということもあり、小生の住む自治会も天白山神社の参道石段の補修の整備を申請して承認となりました。(実は天白山は上田原合戦の時の村上義清の本陣が置かれた須々貴城と伝わっています)

まあ、市民の税金で補助金を出すのですから審査は厳しいのはわかりますが、真田十勇士の支出の件は上田市民からすればいまだに納得できないものがあります。
それに、今回真田丸関連でオープンする「大河ドラマ館」だって、某国営放送局の子会社が権利を握っているので、二千万円以上の設備投資を上田市が行っても回収出来るめどなど全く立っていません。その事実を知っている市民はほとんどいないでしょう。

真田丸のドラマは小生も期待しています。

でも、それとは関係の無いところで商売の権益のドロドロが渦巻くのはなんとなく許せません。
大河ドラマを誘致してやった報酬の見返りが上田市民の税金ですか。そんな裏事情を知ると悲しいですね・・(怒)

らんまる #- | URL | 2016/01/05 23:17 * edit *

はーい。

こんにちは、らんまるせんせ。素晴らしいお話ですね。
土のお城は「ここがこれで」と説明してもらわないと素人にはわからないですもの。あっという間に破壊される脆さが怖いです。
真田十勇士って、一昔前の流行のような気がしますが。まぁ、九度山ですら同じですから、もにょもにょ。
大河ドラマ館は、権利を持つ人が勝手にやればよくて。
地元は自分達が持つものを活用すればいいのになぁ。地元に残る本物の前ではドラマで使った装束なんて、色褪せて見えるものです。
らんまるせんせと愉快なお仲間達様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2016/01/06 18:23 * edit *

Re: つねまる様へ

結局のところ、大河ドラマの誘致放映が決定すると「取らぬタヌキの皮算用」という算出根拠のない経済効果を期待しちゃう訳ですよ。関東圏からだったら日帰りで来れる上田市に果たして観光客が散在するのか?上田市にお金落としてってもらわにゃ何の意味も無いわけですよ。数千万円の税金を投入して「大河ドラマ館」が17日にオープンしますが、入館料を含めたその収益のほとんどが国営放送局の○○○オンデマンドの収益で上田市にはビタ一文入らない。そんな事実を知っている市民はほとんどいないし行政側も箝口令を敷いている有様・・・馬鹿らしい。

ドラマの進行で関ケ原が終わったら九度山や京都・大坂が繁盛して最小限の投資で「濡れ手にアワ」・・上田市は閑古鳥が鳴きまくる・・(笑)

そんな事書いてると非国民の誹りを受けそうなので、ザビエルヨロシク山城の伝道師として地味に努力しますw

らんまる #- | URL | 2016/01/06 18:59 * edit *

今日から真田丸ですね^^
今からワクワクしてます^^

拍手

時乃栞 #- | URL | 2016/01/10 12:08 * edit *

Re: 時乃★栞様へ

ご返事が遅くなり申し訳ありません。

まさかこの大河ドラマで武田勝頼の名誉回復が行われるとは思いませんでした。さすがは時代考証の平山先生、いい仕事してます。平岳大さんも素晴らしい演技でした。のぼうの城の長束正家も名演技でしたよね。いい俳優です。
小山田温水信茂の行為は主家を裏切る行為で、信長からも罵声を浴びて死罪にされるし後世の評判も芳しくないのは当然の報いと言われておりますが、彼もまた知行地の領民が戦争に巻き込まれるのを避けたかったという思いだったに違いありません。しかし目先の誘惑と信長の性格を甘く見て判断を誤ったんでしょうね。

第二回目の放送、平山先生曰く「最高に泣ける盛り上がり」だとか。
小生も日曜日が待ち遠しいですw

らんまる #- | URL | 2016/01/12 21:03 * edit *

転進

何年か前、小屋坂峠からここ狙ったんですよね。
でも、冬場の午後、帰りの時間帯がビミョウで、180℃反対方向の根羽城に転進したんだよなあ。
やはりよさげな城でしたねえ。

↑の書き込みもそうですが、大河、勝頼さんが高評価で勝頼ファンとしてはうれしい限りです。
後世にねつ造された姿を、少しでも修正して欲しいものです。
しかし、優秀だったけど、運というものがなかった人でしたねえ。
上田はお祭り騒ぎ?かな。
まあ、にぎやかならそれもよし・・かな。

あおれんじゃあ #- | URL | 2016/01/13 18:44 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

この城、小生も初回は搦め手から攻め上りましたが岩場が連続し結構しんどかった記憶があります。
現在は大手道が整備されているので鳥屋地区から安心して登れます。信州の山城初心者にもお勧めですね。

勝頼さんの汚名挽回、時間がかかりそうですが、こういうドラマをキッカケにして見直しされるといいですね。
平岳大さん、良かった。どことなく父ちゃんに似てます。
上田は確かに盛り上がってます。大河ドラマの前にも小和田センセと歴ドルの小日向ネーちゃん、上田市長が特番組んで解説してましたよ。でもいつまで続くんでしょう?
ブラタモリ+釣瓶の家族に乾杯の番組でも「上田に真田丸関連の見どころなんてない」ってのが露見しちゃいましたもの(汗)

らんまる #- | URL | 2016/01/13 20:04 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/763-02b60797
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top