らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0527

百瀬陣屋 (松本市寿豊丘)  

◆旗本諏訪氏の代官所跡◆

「旗本」の定義を50字以内で簡略に説明せよ・・・・

「大名もしくは大名と同等の扱いを受ける者以外で、石高が1万石未満であり将軍に謁見する家格を持つ者の総称」
 (我ながら素晴らしい・・・拍手・・・笑)

現代の感覚では「○○藩の大名=お殿様」といイメージが強いが、1,000石以上の知行を持つ旗本も往時は立派な「お殿様」でした。

今回ご紹介するのは、諏訪高島藩から分知され旗本となった諏訪氏の代官屋敷跡である。

旗本というと常に江戸屋敷に詰めているように思うのだが、実際は交代寄合の身分を持つ旗本は参勤交代が許され知行地に陣屋を構え帰る事も許されていた。もちろん、他の旗本も陣屋を設置し代官を置くことは許されていたらしい。

IMG_1327.jpg
百瀬陣屋跡に立つ説明版。

【立地】

松本市の寿豊丘地区に百瀬集落がある。陣屋はここの集落の北端に位置し、背後には小河川が水堀の役割を果たしていたというが、現在は北側にマンションが建ち往時面影は無い。陣屋の西側もアパートが建てられ陣屋跡の東側に僅かにその面影を残すのみである。

百瀬陣屋跡①
史跡とはいえ、消滅するのは時間の問題であろう。

【城主・城歴】

現地の案内板には次の記載がある。

「江戸時代この地は諏訪高島領の東五千石に属していたが、明暦三年(1657)領主の弟に、内田、赤木、の千石余の地を分地しこれが旗本諏訪氏百瀬陣屋のはじめとなった。

当初は内田に代官所がおかれていたが、寛文十一年(1671)赤木山の入会の山論(村と村の境界線争い)が起こったので所領を変更し、内田・赤木の代りに、瀬黒村、竹渕村、白川村、と百瀬村の一部を知行所とし、ここに代官所がおかれた。

IMG_1328.jpg
今も残る陣屋の門。

当初の代官は三井氏が、享保(1916)の初年より、萩原氏と近藤氏が交代で代官をするようになりその後近藤氏が御用人格兼代官となり明治維新まで続いた。

明治維新、全国の幕府領は朝廷のものとなったので、旗本領であった百瀬代官所も廃された。

IMG_1329.jpg
門とその周辺には往時の面影が残る。


【陣屋跡】

往時の陣屋は間口五間、奥行三間で茅葺屋根であったが、近年に至って瓦葺に改められた。建築年代は不明であるが江戸時代中期以降と推定される屋敷地は土居と枡形に囲まれ旧態を存している。
(昭和五十三年七月 松本市教育委員会)

IMG_1330.jpg
東西に走る道路脇に残る土塀跡。

宅地化の進む市街地のど真ん中でこれだけの遺構が残っているのは奇跡的である。所有者である近藤様には感謝申し上げたい。

個人の所有物なので、いずれ取り壊されるにしてもキチンと記録を残しておいて欲しいと切に願うばかりです。


≪百瀬陣屋≫ (ももせじんや 市史跡)

標高:622m 比高:- 
築城年代:1671年
築城・居住者:諏訪氏
場所:松本市寿豊丘
攻城日:2015年3月16日
お勧め度:★☆☆☆☆ 
所要時間:-
駐車場:無し
見どころ:土塀、門、陣屋建物など
参考文献:「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」(2013年 宮坂武男著 戎光祥出版)
注意事項:個人住宅なのでプライバシーには充分注意の事
付近の城跡:中山砦、埴原城、赤木北城、赤木南城など




スポンサーサイト

Posted on 2016/05/27 Fri. 00:50 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 静間館 (飯山市静間)  |  水番城 (松本市入山辺) »

コメント

こんばんは。
門と陣屋の建物、これは昔の儘でしょうか。
残しておいて欲しいものですが、無理なんでしょうかね。
つい最近、佐久でも法華堂の門が無くなってしまい愕然。
仕方ないこととはいえ、残念です。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2016/05/28 22:02 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

自治体に文化財指定されても、所有者が個人のままだと修繕などの維持管理費が大変なようです。
木曽の妻籠宿や馬篭宿なども住民の方の景観維持に対しての協力が無ければ成り立たず、私たちが往時のままの街並みを堪能できるのは地元の方々の努力の賜物なんですね。
さりとて文化財を国や自治体が全て取得するのも無理でしょう。
悩ましい問題です・・・。

らんまる #- | URL | 2016/05/29 07:08 * edit *

こんにちは。
個人所有だと自治体から助成金出るのかな?
いずれにしても維持管理は大変だと思います。
既に周囲が住宅街だと、文化財指定されても景観は諦めるしかなぁ^^;
少しでも良い状態で残って欲しいですね。

蛇足ですが、子供の頃は本陣(参勤交代で殿さまが泊まる方)と陣屋をゴチャ混ぜで覚えてました^^;

時乃★栞 #- | URL | 2016/05/29 13:16 * edit *

陣屋~♪

こんばんは、らんまるせんせ。やっと本来の気温に戻り、ほっとしております。五月に夏日はきつかったです。
宅地の真ん中によくぞこれほど残して下さっていましたね。陣屋の価値はなかなかうまく言えないですが、往時の生活と役場の両方を知ることが出来て、とても貴重だと思います。
こちらでは大きいものは道の駅が併設されたり、資料館等になっていますが、他は所有者さんの善意で保たれている状況です。こちらと同じですね。
保存しなければならんとは言えませんので、残して下さってありがとうございます、ですね。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2016/05/29 19:36 * edit *

Re: 時乃★栞様へ

都市部でこのような遺構が残っているのは珍しい事です。
でも、残念ながら周囲はアパートやマンションが林立。かなり特殊な空間になっておりました。
そのうち「在りし日の百瀬陣屋」という写真付きの看板に替わるのも時間の問題かもしれません。

らんまる #- | URL | 2016/05/30 07:35 * edit *

Re: つねまる様へ

もはや草茫々の山に行っても虚しいだけなので、昨日は長野市立博物館の企画展を見学しておりました。
古文書読めたら面白いのだろうなあーなどと思いつつ、「よって件の如し」の部分しかわかりません・・(笑)

夏場は平地の居館や陣屋、宿場町など巡るのも風情があっていいですよね。
今年はテーマを「峠」にしようかなんて考えていますが、山城の過剰在庫も記事にしないと記憶が薄れていきます・・・(汗)

らんまる #- | URL | 2016/05/30 07:46 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/796-268c5e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top