らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0611

顔戸館 (飯山市寿顔戸)  

◆尾崎氏分家の顔戸氏の居館跡◆

ここ2年ぐらいの間、飯山地方はとっても好きな街の第一位に君臨している。

そのうち老後には移住しているかもしれない・・(笑) 豊かな自然と何とも言えない素朴な土地柄。イイっすネ!

今回ご案内するのは、飯山の城館シリーズ第四弾の「顔戸館」(ごうどやかた)である。

柏尾館 (27)
柏尾館から見た対岸の顔戸館とその周辺。えいき様には「ジムニー愛」とか言われそうな写真である・・(笑)

【立地】

旧JR飯山線の信濃平駅から越後の平丸峠に向かう県道411号線の寿地区の顔戸集落の東端にあり、東西を小川に挟まれた台地にある。ここからは対岸の野沢温泉方面も良く見渡すことが出来る。北1kmには小境城、平丸峠に向かう北西1.5mの黒岩山には黒岩城があり、飯山と越後を結ぶ交通の要衝を押さえていたものと思われる。

顔戸館 (3)
居館跡の北側道路より撮影した「たてのうち」

顔戸館見取図①
城館の北側は耕地整理により堀の跡に道路が開通してしまい、居館の北側の土塁も破壊されてしまったのかもしれない・・。

【館主・館歴】

室町期に当地方を治めた尾崎氏の分家の顔戸氏(ごうどし)の館跡とされる。「長野県町村誌」の「顔戸氏城墟」の項に、「村の寅の方に在り。東西四十間(72m)、南北二十七間(49m)、東北に空堀(今は田となる)を回し、回字形を為す。永正年間(1504-20)、顔戸勘解由重胤、築きて麓に居る。重胤(しげたね)は尾崎氏の後裔にして奈良沢重直の二男なり。顔戸に別れきたりて顔戸氏と称す。永禄年間より、上杉輝虎に属し、外様十人衆に列る。老衰して病に死す。其子帯刀重敏、継ぎて景勝に勤仕し、慶長三年三月、陸奥国會津に移り、寛永年間(1624-43)朽ちて畑とし、今田となり其塁を存す」とある。

顔戸館 (4)
西側の一段下も郭跡だったようで、嘗ては水田だが現在は休耕地として藪化している。

顔戸館 (6)
館の中心部分は、現在は三枚の水田である。

顔戸館 (7)
館の東端の水田。

【館跡】

「たてのうち」と呼ばれる三枚の水田が館跡で、西、南、東は切岸になる。東側は堀といわれるが、西側にも堀形がある。大手は南で10m余の坂を登ったものと思われる。居館跡の背後には土塁があったと思われるが、今は道路になり分からない。
(「信濃の山城と館⑧」より宮坂武男氏の記述を引用)

顔戸館 (9)
居館の東側の堀跡。

顔戸館 (11)
堀跡(現在は水田)の東側は小川の流れる谷でなので、空堀ではなく水堀だったと思われる。

【小沼・湯滝バイパス関係遺跡発掘調査報告書の記載】

外様地区顔戸(こおど)集落北方の字「館ノ内」(たてのうち)にある館跡である。
図示したのは現在の耕地整理後の略測図であるが、文献5あるいは地元の人によれば、東北および西北に
堀があったと言われる。南西は谷状地であり南東は比高約7mの崖をなしている。堀の推定地内の面積は
現況から判断すると50m四方で2500㎡となる。

小沼湯滝バイパス関係遺跡調査資料① 001 - コピー
調査報告書に記載されている顔戸館の見取図。

顔戸館 (14)
城館跡の南側の「壁(切岸)」

顔戸館 (17)
館跡の南側も堀が巡っていたと推定される。

≪顔戸館≫ (ごうどやかた 館の内)

標高:342m 比高:18m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:飯山市寿顔戸
攻城日:2015年6月5日
お勧め度:★★☆☆☆ 
所要時間:
駐車場:無し、路駐
見どころ:切岸、掘跡など
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井・補遺編」(宮坂武男著 2014年 戎光祥出版)、「小沼・湯滝バイパス関係遺跡発掘調査報告書」(1988年 飯山市教育委員会)
注意事項:耕作地につき無断侵入禁止
付近の城跡:小境城、黒岩城、北条城、五束城など

顔戸館 (19)
居館跡の西側の堀跡。

スポンサーサイト

Posted on 2016/06/11 Sat. 22:51 [edit]

CM: 6
TB: 0

« 若澤寺跡 (松本市波田)  |  柏尾館 (飯山市瑞穂柏尾) »

コメント

こんにちは^^

水堀に囲まれた城って肥前の城みたい^^
水田になってるのが再利用みたいで面白いですね^^

拍手

時乃★栞 #- | URL | 2016/06/12 15:08 * edit *

Re: 時乃★栞様へ

春は桜と菜の花のコントラストが見事な桃源郷ですw

豪雪地帯ゆえに時間の流れが他の地域とは違うように思われます。
案外と裕福な土地柄だったんでしょうね。

らんまる #- | URL | 2016/06/12 17:29 * edit *

鏡湖池

らんまるさんの分身に、もはや私も愛情を抱いています。
水田に写るその姿、金閣寺よりも美しいです。

えいき #- | URL | 2016/06/12 22:03 * edit *

Re: えいき様へ

あはははは・・・お戯れを・・・(笑)

終の棲家は静岡県あたりで・・と考えていましたが、雪に閉ざされる飯山も案外快適かと思った次第。
ならば上越も候補になるかと思うのですが、潮の匂い・・景勝はアリでも小生は「否!」(笑)

晩秋は越後の城跡に繰り出そうと考えております。
ご都合が合えば我が愛馬のジムニー号に同乗とアテンドをお願いします・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2016/06/12 22:19 * edit *

冬は辛い?

こんばんは、らんまるせんせ。いたべおかこーせつさいの応援団になってしまいました。一部ナレで通りすぎた所が惜しかったですが、夢中で視聴しております。

今さらですが、飯山は木島平のそばなんですね。若かりし頃、滑りに行きました。野沢温泉も懐かしい。
普段は段差の少ない平地で暮らし、天気の良いときはお山を散歩。優雅な老後が過ごせそうですねぇ。

飯山、面白いです。昔ながらの田んぼの区割り、大事ですね。

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2016/06/13 20:18 * edit *

Re: つねまる様へ

戦国時代の坊主外交官といえば、今川義元の大原雪斎、毛利家の安国寺恵瓊が有名どころですが、後北条家の板部岡こうせっさいは小生も知りませなんだ・・(汗)前半戦の室賀正武ぐらいの注目度がありますね。さすがは三谷幸喜、マイナーをメジャーに押し上げる味な脚本でございますw
雪国というと閉鎖的なマイナスイメージが先行しがちですが、実は季節を味方につけたディフェンスラインの恩恵は相当なものがあったと思われます。秀吉の命令により上杉景勝は会津に加増され国替えとなりますがそれは表向きの話。頭痛の種だった新発田氏を滅ぼし佐渡をも平定すると、佐渡金山を含めた当時の上杉の実質的な石高は相当なものだったらしく、秀吉はそれを警戒し転封により弱体化を計ったとも云われています。

まあ、そんな事はともかく上田市よりも雪は多い飯山市ですが、冬は「あったかいんだから」というのは事実。
寒いけどピーカン天気の多い上田市と、雪が多く曇天なんだけど零下にはならない飯山市。年齢を重ねると寒さが身体に堪えるので、あったかい街に移住したいと思っております・・・(笑)ホントは静岡あたりに住みたい・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2016/06/13 21:53 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/800-c8d9aee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top