らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1120

岩崎城(坂城町)  

◆葛尾城の北信濃攻略前線基地◆

本日の攻城戦のコース
10:50千曲市(旧戸倉町)磯部⇒11:25岩崎城⇒12:00葛尾城⇒12:36姫城⇒13:23葛尾城⇒14:00磯部

別に葛尾城は4回も攻めたしどうでも良かった(笑)のですが、岩崎城は葛尾城の搦め手にあるし、以前に一度行った姫城も再度攻略したかったので、ナント合計3時間も彷徨ったという次第でございますw(爆)

【葛尾城とその支城の位置関係】

葛尾城遠景1
上山田方面からの遠景

以前から磯部にる岩崎城なるものの存在が気になっていたのだが、場所が特定出来ず悶々としてました。
バイブルである「信州の古城」に岩崎城の場所を示した浅野井先生の写真があり、今回の攻城戦となった。

≪岩崎城の登り口≫

iwa01.jpg
↑坂城町の国道18号線を長野市方面に向かい、千曲市磯部交差点を右折
iwa02.jpg
↑踏切を渡りY字路を右に登り20m。

葛尾城の一部とみなされているせいか、坂城町の教育委員会作成の案内図にも姫城の表記はあるが、岩崎城のイの字も見当たらない。

iwa003.jpg

磯部の地元では岩崎城はキチンと伝承されているので、登り口にも立派な案内石塔がある。

iwasaki (5)
比丘尼石は確かに200mだが、城跡はさらに上です。

葛尾城へのルートは
①坂城神社からの大手コースとかなりキツイショートカットコース
②苅屋原からのコース
③和平キャンプ場からの林道コース(軽自動車四駆で城の北側尾根に着く卑怯な戦法?)
④磯部からの尾根伝いコース(今回の攻城ルートで、葛尾城の搦め手コース)
⑤磯部から沢を林道で登る。オフロードバイクで可。③と同じ場所に合流する

この他に国道から姫城に直接登るルートもありそうだが、今回は「金網デスマッチ」を避けて断念(笑)
※江戸時代は北国街道の横吹峠という難所があり、姫城のすぐ下を通っていた。現在は跡かたも無い。

登り始めて直ぐに秋葉社があり、そこから20分ほど痩せた尾根を登る。

だいぶ埋もれてはいるが、大堀切が現れる。

iwa04.jpg

iwa05.jpg
右側の堀切

堀切から100m程で緩やかな平坦地になり城域であることがそれとなく分かる。
北側に4~5ヶ所の郭があり、南側には細長い腰廓を設置している。

iwa06.jpg
左側の斜面が段差になっているのが分かるでしょうか。

岩崎城の作りは太郎山山系の持越城に良く似ています。

iwa07.jpg
主郭と思われる平坦地。

葛尾城は広さや構造から推測すると、見張り台と最終的な逃げ込み要害であり、岩崎城の城域は遥かに広い。
また、兵站基地としても収容出来る物資や人員は葛尾城の比では無いと思う。

iwasaki (16)
本郭背後を遮断する堀切。昔はもっと深かったのであろう。

岩崎城と姫城の間には泉平と呼ばれる根小屋があり湧水がある。
村上義清の城としては、恐らくこの山全体を機能させていたに違いないと思うが、推測の域を出ない。

IMG1120.jpg
↑岩崎城縄張り図の拡大

村上氏が越後へ落ち延びた後も1600年頃まで城全体が改修を受けたと伝えられる。

余談だが、城へ向かうの途中の尾根に「比丘尼石(びくにせき)」なる岩があります。

iwasaki (33)

解説によれば、葛尾城の落城の際、村上義清の奥方が姫城から逃れ、この場所で郷里の住民の幸せを願い化石となったという。笄の渡し伝説とともに、落城悲話の多い城でもあります。

≪岩崎城≫

場所:千曲市磯部岩崎
標高604m 比高200m
攻城日:2010年11月?日
お勧め度:★★☆☆☆
見どころ:竪掘、堀切、土塁、腰郭、比丘尼石
その他:せっかくですから、葛尾城へ登りましょう。搦め手を逆に登るのは恐ろしい程スリルでしたぁー。

スポンサーサイト

Posted on 2010/11/20 Sat. 20:23 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 姫城(坂城町)  |  替佐城(中野市) »

コメント

NoTitle

葛尾城の西尾根に多数の段曲輪による遺構群があるのは
現地にある縄張図で見て知っていましたが、
岩崎城という別名があるのは初めて知りました。
堀切などかなりきちんとした普請がされているようですね。
また信州攻めした時に攻略したいと思います。

atenza23z #Ww0jTcBY | URL | 2010/11/24 00:20 * edit *

Re: アテンザ23Zさんへ

コメントありがとうございます。
1年前にこの城の名前を知ったのですが、所在不明という記事に翻弄されてしまい諦めていました。
まさか葛尾城の西尾根にある支城だったとは驚きでしたネ。
信州へお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

らんまる #- | URL | 2010/11/24 21:46 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/83-e71595a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top