らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0131

「信濃の国をめぐる城郭」シリーズを完結させたいという野望  

◆越後の国境を越えなかった宮坂武男氏の謎◆

亡き父の葬儀を終え、色々な手続きや四十九日の段どりが一段落した。分家の身上なので仏壇も無いしお墓も用意してないし「お気楽オヤジ、ええ加減にせい!」という状態・・(汗)

さりとて身内の死という経験は初めてなので何もかもが初体験で手探り状態だし死者に鞭打つ訳にもいかない・・・(汗)。
でもって、今は相続人の確定という作業に入っている。

父の出生地が兵庫県だという事はなんとなく聞いていたが、父の人生の半分は全く不明である。少しは会話でもして聞いておくべきだったと後悔しているが、戸籍謄本の改正原戸籍を調べると、小生の知らない彼の人生の履歴書の一部を垣間見る事が出来る。

兵庫県朝来郡山口村○○○番地(現在の兵庫県朝来市)

そう、天空の城の竹田城や生野銀山で有名な朝来市(あさごし)である。この続きはいずれまた何かの機会にご報告出来ればと思う。

001.jpg

「えっ、ようやく買ったの?」 と思われそうだが、その通りである。

宮坂本シリーズのラストを飾るこの本の出版は2015年11月。甲斐も上野も中途半端で南進する事に躊躇していたのである。

「今年こそは飛騨の山城と城館巡りに行きたい・・・」 その思いが募り、とうとう購入したのであった・・・(笑)

この本に掲載されている346の城館で行った事のある城は「岩村城」と「設楽城」のたった二ヶ所だけである・・・(汗)

iwamura18[1]
岩村城の六段壁。

20130923110230eb4[1]
設楽城の郭2に残る土塁。

002.jpg

まあね、仏様になるm為に三途の川を渡り、四十九日までに凡そ730kmを歩いておる父の供養にでもなればとブログを再開してみました。

それにしても宮坂武男氏が越後に攻め入らなかったのは、武田信玄の版図を意識しての造作なんでしょうかねえ・・・。

何はともあれ、この本を購入してしまったからには、まだまだあの世には行けませんなあー・・・(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/31 Tue. 22:39 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 小黒城 (伊那市西町)  |  忌中 »

コメント

あらまあ

こんにちは。
私は両親を送りましたので、心中お察し申し上げます。
母がマニュアルを残してくれたので、それに従って諸手続きを行うことが出来たことはほんとに助かりました。なんと、お寺とお墓の地図付きです。

今はたくさんお父様のお話をして差し上げるのが一番かと。

それにしても、朝来市ですか。
故郷をたどってみるのも供養になるかもしれませんね。

お疲れのでませぬよう、お祈り申し上げます。



つねまる #pjmS0te2 | URL | 2017/02/01 18:13 * edit *

Re: つねまる様へ

1年前に最近流行りの「エンディングノート」を書かせようとしましたが、無理でした。

回りの家族が本人の意思を尊重し確認するには良くできているのですが、目的が理解出来ないご老人には無用の長物に映ったのでしょうか・・(笑)

祖父が父を連れて兵庫県から長野県に移住したのは何故なんでしょうか?
叔父(父の弟)が何か知っているのかもしれませんので、今度聞いてみようと思います。

代々語り継ぐ必要はないが、万が一の時の「自分史」ぐらいは家族に残さないと三途の川に流されそうですネ・・(汗)

らんまる #- | URL | 2017/02/01 20:25 * edit *

お疲れ様でした。

お葬式を経験すると、人って生まれた時より亡くなった時の方が、ずっとずっと大変なのよね、って体感しますよね。
私も、夫の両親を見送って、喪主(の妻)としても仕事の多さにビックリしました。
≪この本を購入してしまったからには、まだまだあの世には行けませんなあ≫
当たり前じゃありませんか。
また楽しみに待たせていただきますね。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2017/02/01 21:02 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

仰せの通りで、亡くなった瞬間から悲しみに浸る余韻も無く慌ただしく事務的に事が処理されていくことを、身をもって体験させていただきました。

「家族葬」だとか「密葬」だとか葬儀のスタイルも少子高齢化の影響で簡素化されていく傾向が強い昨今ですが、お寺のご住職曰く「故人の旅立ちこそ、故人の交友関係と人柄を偲び、賑やかに送り出すのが残された家族の務めではないでしょうか」

おかげさまで、多くの方に父を見送っていただくことが出来ました。

「わしゃあ、少しは世の中の人のお役に立てたのかなあー」

この世と別れを告げる瞬間につぶやいてみたいセリフです・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2017/02/01 21:41 * edit *

復帰なにより

お父上の葬儀、大変でしたね。
しかし、皆さん1人1人、本人以外知らない履歴があるんですねえ。
それに相続とかの手続きも大変ですね。
小生も少しづつ、準備はしておりますが。
信濃県境付近の城郭も面白そうですね。
南方面はちっとも分かりませんが、その地方独特の形式もあるのでしょう。
しかし、信濃は広すぎる。北関東3県分ありますもんね。
死ぬまで楽しめそうですなあ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2017/02/03 22:26 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

「改製原戸籍」なる言葉は相続人の確定作業では避けて通れない事を初めて知りました。浮気がバレて奥さんに三行半を突き付けられる事はあっても、道ならぬ恋を成就させようとしない限り戸籍には記載されることはありません・・(笑)

それにしても故人の生前の煩悩と所業が永遠に役所に記録として残るという事を知っていたのでしょうか?
父親の人生の半分を知らない自分もさることながら、若気の至りが息子に知られることになった故人もさぞかし焦っているかもしれません・・(爆)

それにしても長野県は広い・・・・。その広い長野県に関わる全ての山城をくまなく調べた宮坂氏の業績はまさに神でした。

らんまる #- | URL | 2017/02/04 00:21 * edit *

ごぞんじかもしれませんが

私も、数年前に祖父をなくしたので
ご心中お察します。

最近
戦国の陣形 (講談社現代新書)
という本を読んだのですが
いい本でしたので
未読でしたら手にとっていただければ幸いです。

丸馬出 #- | URL | 2017/02/05 07:02 * edit *

Re: 丸馬出様へ

ご丁寧にありがとうございます。

先日、長野県立歴史館の企画展を見学してきました。
珍しく笹本館長が講演しておりました。館長の中世観も独特なので結構面白かったですよ。

井川城と林城が国指定史跡に答申されたので春には認可されるでしょう。
松本市教育委員会、次は山家城とか埴原城とかの認定を目指しているようです。素晴らしい。

らんまる #- | URL | 2017/02/05 08:08 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/843-6ea44dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top