らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0514

碓氷峠で発見されたという陣城を訪ねて  

◆時間をかけて検証する必要があると思うが・・◆

5月13日、碓氷峠で陣城の遺構が発見されたというニュースが全国を駆け巡った。twitterのTLはその話題で持ちきりだった。
「真田昌幸らの北条攻略拠点か、「陣城」跡を発見

豊臣方の小田原攻め(1590)における兵站補給基地として築城されたのではないか?と推定されており、昨年の真田丸効果から続く山城ブームも拍車がかかりそうな発見である。

そんな話を耳にしちゃうと、居ても立ってもいられない性分なので、本日は碓氷峠へ出陣したのでありますw

IMG_1467.jpg
この日は横川から碓氷峠を走る「安政の遠足」なる行事があるとは知らず、しかもそのゴールが熊野皇大神社だとは・・(汗)

仮装行列遠足(?)で賑わう峠の頂上から5分ほど下ると中山道との分岐点になる。
新聞記事によると、陣城は熊野皇大神社から東へ250m付近なので、この付近になる。

IMG_1443.jpg
何の気なしにこの分岐点を中山道方面に向かうのだが・・・

IMG_1451.png
「長坂」という看板に沿って中山道を進むのだが、城域はこの分岐から南の三角地帯だと後で知ったのである・・・(笑)

中山道を用心深く下るとすぐに「あそこに見えるは、土塁でしょうか、それとも堀切跡でしょうか・・・」

深く霧が巻く悪天候の中であったが、嗅覚という恐ろしいビョーキがその存在に気が付く。

IMG_1445.jpg
「ここなのか?」

IMG_1452.jpg
新聞記事の写真の箇所はここらしい。

場所の特定が極めて疑問なので、霧雨の中を隅から隅まで歩き回ってみた。

陣城の定義がイマイチ曖昧なので、自分としての判断は「山城の遺構に違いない」との結論である。

碓氷峠陣城跡か①
現地を歩いた感覚で思い出しながら描いた見取図。こんな感じであろうか。

IMG_1454.jpg
城の北側の一段下を中山道(旧道)が通る。

【ここでいいのか?】

記事に書いてあるような楕円形とは言い難いし、竪堀8条も見つけることは出来なかった・・・・。多少墓地として改変されているが、叩き土で背後を固めた郭が2ヶ所あり、その西側は箱掘のような巨大な二重堀切が沢筋まで下りている。

おまけにお「城の虎口は桝形?」

IMG_1455.jpg
城域西側の巨大な箱掘。天正壬午の乱の時の北条氏の補給基地の可能性は否定できないのであろうか?

IMG_1462.jpg
郭4背後のL字土塁。

IMG_1453.jpg
郭1と郭4の間は堀切に近い形で遮断されているが、その先は曖昧な平郭となっている。

ここでいいのか?という疑問もさることながら、安易に「豊臣方の陣城」と決めつけてしまっても良いものであろうか。

あらゆる可能性を想定しながらの作業は慌てる必要などなかろうかと・・。

IMG_1466.png

宮坂武男氏も言うように、まだまだ未発見の山城は多いようですネ(笑)

いずれまた再調査に訪れてみたいと思いますw

スポンサーサイト

Posted on 2017/05/14 Sun. 23:29 [edit]

CM: 12
TB: 0

« 和田東山城 (長野市若穂保科)  |  霜台城2 (リテイク 長野市若穂保科) »

コメント

はじめまして。以前からこちらを拝見させていただいておりました山城スキーです。
もう行かれたんですねここに!さすがのフットワークです。
ここが見つかったのはおととしの事で群馬県教委には昨年6月の連絡。
調査は一応なされた上での報道発表でした。
虎口に馬出しが無く枡形になっている点で武田や後北条の線は消え、築城は他の勢力でじゃないかということですね。
私自身は関ヶ原の際に小諸の仙石さんが秀忠のためにせっせと作った陣城じゃないかとも思っておりますが。
一次資料がないのでいろいろと考えてよい遺構だとおもいます。

今後の研究とご活躍を祈念しております。

鈴談 #NqgXfLUo | URL | 2017/05/15 19:51 * edit *

Twitterの世界は知りませんが

土塁と堀の配置からすれば、北条方の城でよさそうに思えます。
域が、城歩きではなく、城探しになっていますね。
私も地域によっては行きつくした感があって、やばそうです。
しかし、成功率は低く、リスクはかなり高いんですよね。

えいき #- | URL | 2017/05/15 20:12 * edit *

こんばんは

この記事、信毎に出てましたね。
らんまるさま、早速行かれたんですね。

再調査されたら、またアップお願いします。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2017/05/15 20:55 * edit *

Re: 鈴談様へ

初コメありがとうございますw

全国紙でも大々的に取り上げられていたので、こりゃー現地は右往左往の人だかりかしら・・・と覚悟しての出陣でホッと(笑)
峠付近は「安政の遠足」なる毎年恒例の仮装イベントのゴール地点で大盛り上がり・・・(汗)

陣城の場所が、刎石堀切の近くだったら出陣したかは微妙ですね。あそこは以前に猿に囲まれて討死覚悟しましたから・・(笑)
楕円形?竪堀八本?余計な事を書いてある新聞記事の情報に倒錯。場所だけ教えてくれれば、自分で現地確認したほうが早いかと思いました。
「定光城」と江戸時代の絵図には書かれていたらしいので、伝説の碓氷貞光に関連付けさせたかったのでしょうか。
元々は城山の物見とともに峠の守備として簡単な砦があり、天正壬午の乱あたりの緊張からその時の勢力により拡張と改修が繰り返されたのだろうと見ています。

それにしてもあれだけの遺構が何故無視され続けたのでしょうか。
群馬県の中世城郭遺構の調査研究と保護姿勢についても、最近はかなり懐疑的です。

東吾妻町の三島根小屋城は上信道バイパスの開通工事で年内に消滅が決定しています。
「調査して記録に残せば壊したって文句無いだろう」的な対応には悲しくなります。

トウシロに毛の生えた程度の中身しかない小生のブログはお世辞にも研究とは程遠いものですが、「あっ、この山城は僕の家の近所なんだ、今度行ってみよう!」ってその気になっていただけるように日々努力したいと思っています・・(笑)

また遊びにお出かけください。

らんまる #- | URL | 2017/05/15 21:48 * edit *

Re: えいき様へ

やり場のない夏場の閉塞感・・・(笑)

「新たな山城発見」なんて記事を出されて、それが碓氷峠です、なんて書かれたらビョーニンは倒れても全力疾走ですw

冷たい霧雨が降り続けても調査に没頭する我が身の悲しさ・・・(爆)

答えを探し続けて山に挑み続けた宮坂武男氏の執念には到底追いつけないのですが、貴殿を巻き込めば何とかなりそうです(笑)

らんまる #- | URL | 2017/05/15 22:04 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

信毎の記事には宮坂武男氏のコメントが掲載されていました。

「長野でも未発見の山城はまだまだあるはず」 まあね、徳川の埋蔵金よりは確率高いと思うけど現実問題としてはかなり厳しい。

今回の陣城発見のニュースは全国区だったので、昨日の探訪は山手線の通勤ラッシュ並みの混雑を覚悟していたのですが、生憎の霧雨模様だったせいか、貸し切り状態・・・(笑)

豊臣方の兵站補給の陣城とか書いてありますが、単純にそうとは言い切れないと思われました。
しばらくは黄金ラッシュになしそうなので、再訪は落ち着いてからになりそうです・・・(汗)


らんまる #- | URL | 2017/05/15 22:46 * edit *

重症だあ

まさかすぐに行くとはねえ・・「今日も元気に・・・」
呆れた・・もとい、偉い!素晴らしい!
すでにステージⅣ、末期ですね。

報道では小田原役での北国勢の城と言ってますが、どうですかね。
かなり離れた松井田城に対してここに陣城、造りますかねえ。
兵站基地なら想定できますが。

それより、場所的には天正壬午の乱での北条方の後方支援、兵站線確保のための城と考えた方が妥当のような気がします。
想定する敵は兵站線遮断を狙う真田さんでしょうか?

あおれんじゃあ #- | URL | 2017/05/16 18:59 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

ここは地元として一番槍を目指すのが前田慶次郎らんまるかと・・(笑)「大ふへんもの」の旗は間に合いませんでしたが・(爆)

軽井沢町の教育委員会に指摘されて、ようやく動く群馬県教育員会のやる気の無さが目立つ結果となりました。
ブログ読者の情報によれば、三年越しの調査で今頃の発表だとか・・・(汗)

師匠の仰せの通りここに砦の構築の必要性があったのは、北条さんで、天正壬午の乱のどさくさに紛れて信濃の併合に野心を燃やしてました(笑)
現地の陣城の縄張図を描いてみましたが、明らかに峠の西側からの攻撃を意識してますよね。
ドデカイ城や陣城の構築が得意な北条さんでも、まさか碓氷峠が戦場になるとは思えずに兵站補給の監視砦として築いたにすぎないように思いますw

真田昌幸も依田信蕃も勝手知ったる碓氷峠なので、ここを攻撃して兵站補給の中継地点を粉砕することは当然の軍事行動だったと思われます。ここが想像を絶する軍勢を擁する豊臣軍の陣城で尚且つ補給兵站地だと推定するには無理があるように思います。

らんまる #- | URL | 2017/05/16 21:47 * edit *

現地レポーターより素晴らしい報告ですね

いつもありがとうございます。

碓氷峠の陣城の記事を読ませていただきました。

らんまるさんの素晴しい行動力にまずは称賛させてください。(パチパチ)
縄張り図も即興書きながら大変参考になりました。
どんな感じか、文章だけでは何とも言えないですからね。

碓氷峠の陣城、存在の有無は注目とされていましたが、今回になってやっと発表されたようですね。

私も図面におとす派側の人間なんですが(笑)、陣城の定義がよくわかりません、ただ図面のような遺構でしたら、「陣城!」と言ってしまうのはやや早計なような気がしないでもありません。

でも、堀やL字土塁などの普請量の凄さはやはりなにかしらの防御施設とみてもよさそうですね。問題はそれがいついかなる時のものか?ですよね。

迅速なる内容に脱帽です。ありがとうございました!

久太郎 #- | URL | 2017/05/17 00:32 * edit *

Re: 久太郎様へ

たまには一番槍の働きもよいものです(笑)地の利を生かしてなんぼですから・・(爆)

一部墓地になっているので墓地への接続通路で一部改変されているものの、昔から城址という認識はあったんでしょうネ。
横川から入った中山道沿いの刎石堀切や愛宕城は遺構として認識されているのに、これだけの遺構が見落とされているのはグンマー教育委員会の見落としというか怠慢というか・・・しかも長野県の軽井沢町の教育委員会に指摘されるとは・・(汗)

「郭と郭の高低差が無いので、城ではなく陣城の類と想定される」記事にありましたがそんな定義あったんでしょうか・・・??
このあと掲載しようと思ってますが、岩櫃城近くの三島根小屋城が上信道バイパスの工事の為に破壊されます。

「必要なら発掘調査を実施して記録に留めますが、工事は管轄外なのでそちらに問い合わせください」とは東吾妻町文化財課。
城跡だと言う認識はあるようですがお構いなし。バイパスが岩櫃城を貫通するって話ならどうだったんでしょうか。
有名無名などは二の次で、壊したら元には戻らない。グンマー県教育員会の中世城郭に対する認識の遅れは酷い。

最近の山城ブームが一過性で終わる事の無いよう我々の地道な活動を継続し広げていくべきだと信じてやみません。

らんまる #- | URL | 2017/05/17 08:35 * edit *

>我々の地道な活動を継続し広げていくべきだと信じてやみません。

こちらのお言葉に敬意を表し、再度コメントを入れさせていただきます。
城跡の保護はそこが『遺跡』として登録されているか否かが鍵となります。埋蔵文化財があると推定されるところは法律によって保護され、破壊される前には最低でも発掘調査と地形の記録がされるのです。きちんと指定してある市町村とそうでないところがあるのが問題なのですが。

最近の研究では『陣城』は郭の削平が甘く、自然地形が郭内部に残存している場合にそうと判断されるようです。
長期間使用された城館は少しずつ手入れされて整っていきますが、短期間の場合は適当な部分が多く残るのですね。
この碓氷峠の城郭も主郭と副郭はきれいなのですが、放置された自然地形が多く見られる点でそんなに長くは使用されていないのではと判断されたようです。
現在廃道となった旧中山道が城内を通り城域の南限で現在通過できる中山道と合流しますが、そのあたりに竪堀が数本構築されています。またの機会にはごらんになってください。

鈴談 #NqgXfLUo | URL | 2017/05/17 20:04 * edit *

Re: 鈴談様へ

再コメありがとうございます。

中山道が現状の道という前提条件で城跡を見るのと、貴殿の仰せの通り城内に中山道を取り込んでいるという条件で城跡を見た場合は、明らかに縄張図が変わります。
自分が疑問に思いながら彷徨っていた事がスッキリしました。的確なアドバイスありがとうございました。
最近は思い込みで城域を見てしまう癖がついてしまい、最初の頃のように尾根の隅々まで見て回るという基本的な事を割愛してしまうので大いに反省ですw
晩秋にまた訪ねて、気が済むまで見て回り縄張図も買い替えたいと思います・・・(笑)

最近の山城ブームに過剰反応した地元の方々が、「おらが町の山城」を整備してくれるのはありがたいのですが、伐木しすぎて露出が酷くなり、せっかく何百年もの間を保たれていた遺構が崩壊するような人災を目にします。

そういう積極的な自治体に限って「城郭研究家の〇〇先生に監修していただきました」という話になるのですが、その〇〇先生、史料の読み方には精通していても現場保存には全く疎い可能性は否定できません・・。

我が長野県も反省しきりでございますw

らんまる #- | URL | 2017/05/17 20:57 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/862-aacfedc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top