らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0520

城平物見 (東筑摩郡生坂村東広津)  

◆宇留賀城の物見砦か?◆

小生のブログでは毎度お馴染みとなった信濃先方衆の同胞である「長野県の歴史を探し求めて」の管理人の「ていぴす」殿がブログの更新を停止して約1年経った。

彼曰く「山城や城館のブログって現地調査だけでなく、城歴など背景の下調べも結構大変なので疲れます・・」

DSCF4067.jpg
城平物見の主郭を調査する「ていぴす」殿。早くブログ再開しろよ!と願う声は多いようだ。

なるほどその通りで、小生も一時期は市町村誌を片っ端から借りて熟読してという作業が続き閉口したものである。
ていぴす殿の気持ちが分からない訳ではないが、小生のポンコツブログとは違って写真にもこだわりがあるし、城歴もかなり詳しいので、そのうち復活していただくことを心から願うばかりである・・・。

今回紹介するのは、信濃先方衆の槍働きで、何とか生坂村の山城と居館跡を全て制覇しマイスターとなるために奮戦した「ていぴす」殿のラスト2城のうちの「城平物見」(じょうっぴらものみ)の探訪記である。あたしゃまだまだその域には程遠い・・・(汗)

IMG_0815.jpg
ジムニーなら林道で城域に横付けなのでとっても助かりますw

【立地】

生坂村の犀川の左岸の東広津と売るがの両地区の間にある山の尾根上にある。その昔は会の広瀬橋から通学路の山道がこの尾根に入っていたという。広津と犀川沿いの集落を結ぶ重要な道の乗り越しに位置するので、犀川沿いの周辺の動向を監視するためにこの場所に物見が置かれたのであろうと推察する。

城平物見見取図①
尾根を何ヵ所か削っただけの物見である。ここで敵を迎え撃つ意図は無いようだ。

【城主・城歴】

この砦についての資料はなく伝承も不明だという。城平(じょうっぴら)の地名から砦があったのだろうと推定されるだけで詳しい事は分からない。ここの尾根上からは、宇留賀城、金戸山(かなとこやま)、雲根峠の猿が城物見、日岐大城などが見え、犀川流域もつぶさに観察が可能である。こうした立地条件から、金戸山とともに宇留賀城の物見だったのではないか?という推測が成り立つ。

IMG_0812.jpg
郭の西端には石祠がある。

DSCF4070.jpg
尾根の最高部の東端。段差を含めて約70mという広さだが、後世は道としての機能が優先されたようである。

DSCF4071.jpg
何となく続いている尾根の平坦地。

【城跡】

697.3mの三角点のある場所まで含めると概ね三段の平場が城域であろうと思われる。三角点の東側にも一段高いコブがあるが、地山のままで加工の跡は無い。雑木が無ければ遠くまで見渡せる。

DSCF4075.jpg
真北方面には宇留賀城。

DSCF4073.jpg
南には犀川沿いに屋敷群、遠く日岐城まで見渡せる。

DSCF4078.jpg
15mほど下がった場所にも平場。

IMG_0811.jpg
三角点のある場所も城域に含まれるのかもしれない。

在と土豪の境目を見張る砦としては、このようなもので充分であっただろう。
山道が生活道路だった往時は、ここまで登るのには訳もなく来れたと思われる。

≪城平物見≫ (じょうっぴらものみ)

標高:723m 比高:240m(犀川端より)
築城年代:不明
城主;不明
場所:東筑摩郡生坂村広津
攻城日:2017年4月2日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:林道脇から5分
見どころ:尾根の削平
注意事項:軽自動車の四駆なら林道で横付け
駐車場:無し
参考文献:「信濃の山城と館②松本・塩尻・筑摩編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城址:宇留賀城、金戸山城、猿が城物見、城が原・こやしきなど
Special Thanks to ていぴす殿



DSCF4084.jpg
南の犀川沿いから見た遠景。
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/20 Sat. 08:10 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 城が原・こやしき (東筑摩郡生坂村下生坂)  |  和田東山城 (長野市若穂保科) »

コメント

No title

お疲れ様です❗
この頃は本日に暑いですね~😱
お城巡りはもういいかな。。。
らんまるさんは新発見の城跡一番乗りでしたね。
そのパワーさすがですね。
これからも記事楽しみにしています。(^o^)
ブログの件は、、、、、ガンバリマス。

ていぴす #- | URL | 2017/05/21 06:52 * edit *

Re: ていぴす様へ

もはや一面の藪、新緑、蛇、蜂、蜘蛛・・・そして最近はマダニ情報も発令中とか・・(汗)
晩秋まで山城もお預けとなりました・・(笑)

碓氷峠の陣城は微妙ですね。L字土塁を持つ郭を並行に二列・・・しかも墓地・・元々は砦として記録されていたはず。
新発見じゃなくて再発見でしょうか。中山道の旧道が城内に取り入れられていたとは気づきませんでした。
ヒマ人の一番乗りという事で・・・(笑)

せっかく生坂村をコンプリートしたのですから、ブログ記事もコンプリートさせましょうよ!

らんまる #- | URL | 2017/05/21 16:47 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/864-9ef3f3e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top