らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0614

小池砦 (松本市寿小池)  

◆三日月形の水堀の残る貴重な砦跡◆

基本的に登山は好きではない。山城がどうしても険しい山の上にあるケースが多いので、仕方なく登っているというのが現状だ。

でも、登山用品は大好きなのだ。装備が良ければ本気で北アルプスに行けそうな妄想をしている・・・(笑)

IMG_1841.jpg
日帰り登山~山小屋一泊用のザックなら35Lクラスで十分。ショルダーハーネスが身体にフィットしているかがポイント。

最近の流行は「North Face」らしいので、家人からの贈呈品で、小生も帽子と登山靴下はバッチリ・・(笑)

でもね、ザックはフランスのミレーがお気に入りで、ユーザーでもあります。。ここはこだわりですw その話はいずれまた・・。

今回ご案内するのは松本市の市街地にありながら、その三日月の水堀遺構がキレイに残る小池砦。

DSCF2738.jpg
ここは松本市寿にある「小池堤(灌漑用の池)」を目印に向かうと分かり易い。

【立地】

塩尻北インターから西へ1.2km、塩尻市との境に近い松本市寿小赤の小池集落の北、塩沢川に面した台地上に砦がある。一帯は構造改善で原地形はほとんど失われているが、この場所だけは、よく旧態を残していて、砦の面影を知る事が出来る。

小池砦 (1)
弧を描く西側の水堀。

小池砦 (2)
稲荷社のある北側は道路に面して空堀で残る。

小池砦見取図①
砦の中は民間地なので、土地所有者の許可の無い侵入は厳に謹んでください。

【城主・城歴】

「長野県町村誌」に「塞(とりで)」として、「本村(豊丘村)の東南小池にある。武田氏これを築して、要害の便と為す。方今民有に属す」とあり、武田氏の築城を伝えている。そして、砦跡居住の百瀬氏の伝承では、武田逍遥軒信綱の砦で、百瀬氏は武田氏を名乗っていたのを百瀬に改名したといい、「百瀬家累代墓」には武田の紋をつけている。

小池砦 (3)
湧水により今も水を湛える三日月形の堀。(北側より撮影)

小池砦 (4)
武田とは断定出来ないものの、牧野島城とここでしか見られない水堀仕様の三日月堀。

一方、「寿地区景観整備委員会」が平成三年七月に建てた案内板では、「天文年間に小笠原氏が出城を築いた所で、のちに小池郷地頭頭小池との左馬亮信道の屋敷となった・・・・」とある。この小池氏は赤木氏と同族の者であるかどうかは不明であるが、関係はありそうである。この城の発生を、逍遥軒の築城はとにかく、武田氏に関連した砦の可能性はある。
※「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」P31「小池砦」の記事より引用

小池砦 (5)
500年を越えて存在する美しい水堀。

小池砦 (7)
南側より撮影。

【城跡】

西側の崖下には半円形、つまり三日月堀が残り、北と南にも堀跡があり、土塁も残る。土塁状には稲荷社(白山社とも)が残る。(今回は未確認)東の道辺り(五千石街道)に堀があり、三日月堀の東が主郭で、五千石街道の東が付属の郭と思われる。
往時は郭を土塁が周回し、堀切も周囲を巡っていたと思われる。
※「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」P31「小池砦」の記事より引用

小池砦 (9)
南側から見た小池砦。

小池砦 (10)
西側より見た小池砦。

小池砦 (14)
北側より見た砦(主郭)跡。

≪小池砦≫ (こいけとりで とりで)

標高:654m 比高:5m
築城年代:不明
城主;不明
場所:松本市寿小池
攻城日:2015年12月5日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:-
見どころ:三日月の水堀、土塁など
注意事項:許可なく住宅地への立ち入りは厳禁。プライバシーに注意。
駐車場:小池堤の北側にスペースあり。
参考書籍:「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城址:馬場家屋敷、赤木北城、赤木南城、八間長者城など。



小池砦 (11)
この先も残して欲しい遺構である。
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/14 Wed. 23:21 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 齢松山城 (茅野市本町)  |  只今、勉強中につき・・ »

コメント

小池砦の水堀に感動しました!

「牧野島城とここでしか見られない水堀仕様の三日月堀。」
いいですね。遺構も素晴らしいのですが、キャッチコピーもしびれます。
らんまるさん作製の城址案内板が欲しい所です。

いつまでも残って欲しい遺構、全く同感です。
しかし平城や館城見学にてのマナーが最近取沙汰されているようです。
断りもなしにずかずか入り込む見学者もいるようですし、写真掲載を軽々しくあげてしまうブロガーさんたち・・。

私たちも細心の注意を払わないといけないですね。
私もやってしまっているのではないか?と身の覚えを確認したりもします。

ところで登山用ザック、とてもお似合いですね、いいな~。
近々、結界破っての城攻めでもご計画なのでしょうか???

久太郎 #- | URL | 2017/06/18 22:26 * edit *

Re: 久太郎様へ

お褒め戴き恐悦至極でございます。しかし何も差し上げられず無念でございますw

貴殿のブログ記事を読んでからというもの、竹内まりあの「駅」がドツボにハマってしまい、ヘビーローテ中・・(笑)
昨日はとうとう暇にまかせて堀金屋敷の標柱まで確認にいくという有り様・・・
あの屋敷にも「ありふれた夜がやってくる」のでしょうか・・・。

細萱氏居館はご当主の奥方の許可を戴き、気持ちよく土塁と堀を見学させていただきました。
何の興味も無ければあの堀は無用の長物なので埋められていても不思議ではないのに、代々の当主の維持管理には頭が下がります。

「登山は嫌いでも、山城は嫌いにならないでください!!」どこかのアイドルグループの総選挙ではありませんが、結界を越えても挑まなければならない山城があるなら、避けては通れない。週末の天候がチョッと心配・・(汗)
登山は嫌いですが、登山用品は大好きなので、スタイルから入って克服しようとしてますが、やはり無理です!!!(爆)
さすがに今回だけは生きて帰れることを願うばかり・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2017/06/19 20:19 * edit *

面白い物件ですねえ。

こんなのがあるんですね。
三日月堀なのか、丸い曲輪を半円に覆う堀なのか判断できませんが、コンパクトさもいいですね。
山城のオフシーズンはこの手の物件巡りもいいかもね。

あおれんじゃあ #- | URL | 2017/06/20 22:43 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

平地の城館巡りも、時々儲けものの物件があります。ここの堀は何で水堀なのか?と思ったら湧水のようです。
方形居館ばかり見ているので、三日月の堀形は斬新です。「すわ、武田流の築城か?」などと色めきますが、地形に対応した造作の結果で深い意味は無いと思われます。

先日、安曇野の細萱氏館を訪れました。家人の方が親切で、居館を囲む堀の見学許可をいただきました。
こういう方は稀で、心無い城館探訪者の無作法な行為の為に見学を一切許可しないお宅もあるようです。
私たちも原点に立ち戻り、このような遺構を代々守り続けた当主の方々に改めて敬意を表す謙虚な態度が必要だと思いました。
もち、ルール破りの輩には断固として是正を求め、直らなければ退場勧告も必要かと・・・。

らんまる #- | URL | 2017/06/20 23:09 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/872-3eafc014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top