らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0701

木曽義仲の隠れ城 (1973年 島田安太郎・舟木慎吾 共同著作)  

◆結界を越えて挑んだ郷土史家の偉業◆

今回の記事は、城址の探訪記ではなく絶版となった書籍の話である。

この本が自費製本に近い形で出版されたのは昭和四十八年(1973年)。この年の出来事の一大ニュースは、何といってもオイルショックであろうか・・・。当時の小生は、近代城郭に目覚めていた変な小学生であったが、この年を境に30年以上氷河期に入り地中深く置き去りにされたのであった・・・・(汗)

木曽殿隠れ城①
この本が世の中に存在する事は、宮坂武男氏の記述や信濃先方衆の「ていぴす殿」に教えてもらい、何となく知っていた。

この城は、「図解山城探訪 第二集 木曽史料編」(2002年 長野日報社 宮坂武男著)では「楡沢山城(にれさわやましょう)」として贄川村(現:塩尻市)の城跡に掲載されていたが、ここが日本最高所の山城だと知るのは、2015年の事だった。

2015年当時、twitterでフォローさせていただいていた「くうくう」さんと「naomochi-u」さんが日本最高所の山城がこの「楡沢山城」と特定していたのである。(1754m)

そして彼らはその年の5月に楡沢山城へのアタックに成功したのである。祝福の拍手を送りながら、我ら信濃先方衆は焦っていた。

地元衆のつまらん意地と言われようと、「どげんかせんといかん・・」 このことであった・・・(笑)

木曽殿隠れ城②
本は、楡沢山城(朝日ヶ峯城)の事だけでなく、木曽義仲にまつわる史跡についても地元の聞き込みを元に記載している。

さすがに標高1754m、比高865mはハンパじゃないし、ほぼ登山である。周到な準備と体力、装備が必要であった。
SNSで登山家の皆様の縦走記録など参考にしながら、日帰りで最低限のリスクと消費の少ない体力で探訪出来るルートを探した。

IMG_1923.jpg
最近は登山者もスマホのGPS機能を利用した地図アプリやコンパスが主流らしいが、電波が届かない場合を想定した準備が必要。

そして2017年6月24日、我々は4時間30分の苦闘の末に「楡沢山城」を制したのである。

ついでに、この城について書かれた絶版本の中古本をamazonで購入したのは昨日である・・・・(行く前に買えば・・・・笑)

この本にも登城ルートが示されており、「この城址に登るには、長瀬部落の南で奈良井川に注ぐ楡沢に沿うて急峻な尾根を四~五キロメートルの急坂を登れば城ヶ平から本城のある峰に到達することができる。現在のところ、山道は草木の茂るに任せて手入れがされていないため、藪を伐り開いての登高のため四~五時間はかかる。」 とある。

楡沢山城 (103)
楡沢山城のピーク1754m付近。書籍では台地として7×70mを実測している。腰まで埋まる熊笹で足元は確認できない・・(汗)

楡沢山城 (99)
「船くぼ(ふなくぼ」と呼ばれるピークの南側の巨大な横堀状の窪地に挑むていぴす殿。彼はこの後で未確認生物に遭遇したという。

これ以上は書籍と関係なくなるので、次回「楡沢山城」として記録したいと思う。

著者は、戦国時代の木曽氏は在地土豪(国衆)であり、このような山中に巨大な要塞を築くのは無理だとして木曽義仲軍の築城説を推察している。否定する根拠は持たないないものの、楠木正成が千早城に籠り鎌倉幕府とゲリラ戦を指揮したのは鎌倉時代末期の1333年で、義仲の時代は1180年としても150年の開きがある。
頼朝との決戦に備えるならともかく、馬も登れないこのような高地に巨大な防衛陣地を造る必要性があったのであろうか・・。

目次①

目次②

まあ、木曽義仲は長野県人は皆大好きだし、小生もその一人だし、頼朝嫌いだし・・・(笑)

興味のある方は、古本屋さんで購入してご一読ください。

楡沢山城 (105)
城址には、著者の舟木慎吾氏が現地に立てた説明板(畳1枚の大きさだったという)の杭と固定ボルトのみが残る。

この本、行ってから読むか読んでから行くかは大差無い。

果てしなく生い茂る熊笹の藪漕ぎを1時間以上連続してマジで心が折れてしまったものの、相方の励ましで何とか城址に辿り着き、さらに両足が痙攣してしまい、歩行困難になりながら自力で生還出来た事に感謝したい。

信濃のラスボスの試練は容赦なかった・・・・(汗)

楡沢山城 (111)
木曽の贄川宿から辛うじて見える楡沢山城。

スポンサーサイト

Posted on 2017/07/01 Sat. 22:19 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 三才山砦 (松本市浅間温泉三才山)  |  鳴雷城 (塩尻市宗賀床尾) »

コメント

こんにちは。相変わらず凄い城攻めているのを拝見して、驚いております。しかも6月下旬という季節に・・・。でも標高1700m級となると、6月下旬でも涼しいぐらいでしょうか。それより熊の遭遇確率のほうが気になってしまいます。お互い、身の安全だけは確保して頑張りましょう!

アテンザ23Z #/9hBKkrU | URL | 2017/07/02 16:09 * edit *

Re: アテンザ23Z様へ

励ましのお言葉ありがとうございますw

この山城、色々な方のSNSを拝見すると年中熊笹に覆われているようだったので、「やるなら今か・・」(笑)
しかし登山でしたねえ。林道はかなり歩くし笹薮漕ぎは前回の岩原古城より酷くて先が見えない急斜面を喘ぎながらマジここで死ぬかと・・(汗)
この日の下界は30度だったようですが、上は涼しいかと思いきや熊笹のホイル焼き状態でして、城址付近でようやく涼しい風が吹くという次第でして(笑)クーさんの新しい脱糞を林道で発見しましたがもはや体力も残り少なく、もし出遭ったとしても死んだふりしかできませんでした(爆)

最近山城巡りがだいぶ認知されてきましたが、身の丈に合った山城をチョイスしないとそのうち死人や行方不明者が出そうですネ。私たちも自重しつつ、世間の皆様に対しては「注意喚起情報」を絶えず発信する努力が必要かもしれません。

らんまる #- | URL | 2017/07/02 16:57 * edit *

標高1754?

エベレスト登頂争いまたは剣岳登頂競争のような・・
しかし、完全に行っちゃってますねえ。
ステージⅤかな?
少なくとも俺より重症なのは間違いなし!

でも、本当にこんな場所に城造りますかね。
確かに標高が高い場所にある城はありますが、高すぎますわ。
横堀状の遺構はもしかして氷河地形のような気もしますが?

あおれんじゃあ #- | URL | 2017/07/02 21:47 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

南極点制覇に国益を賭けたアムンセンとスコットの争い・・・と言いたいところですが、白瀬中尉止まりでしょうね(笑)
絶対に全滅しちゃダメなんで・・・(汗)
伝説かもしれないが木曽義仲の山城と伝わる以上、この目で見ないとおさまりが尽きません。

連続する横堀は「線状凹地」で、長野県の山脈には結構見られるようです。
狼煙台にしては高すぎで煙も鐘の音も伝わらないでしょう。ただ、逃げ込み地としては広大な平地、自然の防御、水場があることからリストアップされていたには違いないと思われます。

著者の島田さんも舟木さんも、そして小生もていぴすさんも根底にあるのは地元愛。
だけど、この山城は万人にお勧めは出来ない幻の城というのが、立ち位置としては良いかと思っていますw

らんまる #- | URL | 2017/07/02 22:46 * edit *

結界破りはその資格あってこそ

@らんまるさまへ

楡沢山からの無事帰国、まずは執着至極につきます。
「赤カブト」に遭わずに済んだのは幸いでしたね。
本当にお疲れ様でした。

ラスボスの手の平の上はいかがでしたか?
多くの閲覧読者様が注目するのは楡沢山山頂部の遺構が
果たして本当に人工によるものなのか否か、という点に尽きると思います。

らんまる様御一行のご活躍を楽しみにしております。
なんだか川口ひろし探検隊みたいで特番組みたいですね。
はやく続きが読みたいですね~。

「行ってから読むか、読んでから行くか」は
「読んでから見るか、見てから読むか」の角川映画ばりコピーでしびれました(笑)

久太郎 #- | URL | 2017/07/02 23:49 * edit *

Re: 久太郎様へ

「赤カブト」がクーさんのハイブリッド仕様だとは知りませんでした・・勉強になりました・・(笑)
山の中腹の坊主林道は結構道幅も広いのですが、崩落が酷く山の神の怒りに触れたような惨状。そこにクーさんの脱糞があれば鬼に金棒です・・(何のこっちゃ)

「川口探検隊」・・・懐かしいなあー。最近の我ら信濃先方衆は城館探訪というより冒険者としての立ち位置ですネ。
「さらなる高みを求めて」とならぬよう自重しないといけません(汗)

我らが最初に城址だと思って一生懸命写真撮影と現地確認していたら、「何かおかしい、地形が違う」と確認したら城域の南側でした。熊笹との戦いに疲れ果て、感覚が麻痺していたようです(笑)危うく本城を見ずに撤収して笑い者になるところでした。
1754mの山頂に驚くべき広いスペース。郷土史家の皆さんが義仲軍の駐留場所と考えるのも無理はありません。でも冬は確実に凍死します。義仲が山岳ゲリラ戦が得意だったとしても高所過ぎますネ。

さて、本編はいつになるでしょうか。
写真を引っ張り出して「ここは何処?」「私は誰?」とならいうちに掲載したいとは思っていますが・・(爆)

らんまる #- | URL | 2017/07/03 07:45 * edit *

こんばんは

またぁ
面白そうな本のご紹介。
せっかく「武田氏滅亡」を読み終えたばかりだというのに。
おまけに古本屋さんなんて無い土地柄なのに、困ってしまう。
そうだ!と思って図書館を検索すると、あるにはあったけど貸出禁止だって。
困ったわ~
続きを楽しみにしています。

万見仙千代 #YR4Ixzf2 | URL | 2017/07/03 21:19 * edit *

Re: 万見仙千代様へ

昭和40年代の本なんて、よっぽどの物好きでなければ収集しないので買うまでもありません。
そう、小生は物好きなのでamazonでお買い物しましたが・・・(笑)

1700mという日本最高所の高さに山城を造る必要性があったのか、単なる伝説に過ぎないのか?という疑問を、地元の古老への聞き取りと消去法を用いて検証しています。
小生は死にそうになりながら現地を訪れましたが、否定も肯定もしません。そこには木曽義仲隠れ城に対する男のロマンがあるからです。本を出版するほど夢中になるのは、当時も今も変わらない情熱が無ければおいそれとはできるものではありません。

この趣味も極めると過酷な道無き登山・・・人様にあまりお勧め出来ないという事が最近分かりました・・・(汗)

らんまる #- | URL | 2017/07/03 23:05 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/876-68df5c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top