らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0713

7月13日は福島正則公の命日  

◆波乱万丈の64年の人生を閉じた、あまりにも有名過ぎた戦国武将の寂しすぎる終焉の地◆

本日、7月13日は、福島正則公の命日である。

歴史にそんなに興味が無くても、戦国時代に秀吉子飼いの部将として加藤清正と双璧を成す活躍で、最終的には安芸広島藩49万5千石の大大名となる。武断派・猪武者・大酒呑みとあまり後世の評価はよろしくないが、そのストレートな気質や武骨な忠誠心に惹かれるファンは多い。小生もそんな一人である。

だが、元和五年(1619)、広島城の無届修理により幕府より改易・転封を命じられ、信濃国高井野45000石となったその後の正則公の晩年と終焉の地を知る人は少ない。

IMG_2110.jpg
高井野陣屋跡(福島正則居館跡)に建つ高井寺(こうせいじ)。陣屋の取壊し後の移転だという。

【福島正則居館跡(高井野陣屋跡)】 (長野県上高井郡高山村堀之内)

詳細は⇒福島正則居館跡を参照願います。

IMG_2107.jpg
万座道路と呼ばれる県道54号線の脇に立つ標柱(高山村堀之内地籍)

IMG_2109.jpg
高井寺(こうせいじ)の山門には説明板がある。

大坂夏の陣で戦乱の世が終わりを告げ、福島正則公は、この陣屋で何を思い日々くらしたのか・・・。

寛永元年(1624)、福島正則公はこの屋敷で64年の生涯を終えたという。臨終に際して、彼の脳裏を横切ったのは、どんな事であったのだろうか・・・。

IMG_2108.jpg
巨大な石垣は福島正則時代のものではなく、高井野藩の領地没収後に勧進されたものであるという。


福島正則居館跡の場所。駐車場が無いので、200m東にいった道路脇の「JA高山選果所」の駐車場を借用のこと。


【福島正則公荼毘の地】 (長野県上高井郡高山村堀之内)

ここは福島正則公の霊に呼び出されるように、今回初めて訪問しました・・・(汗)

IMG_2087.jpg
たかやま保育園に向かって走ると道路脇に誘導看板がある。

道路脇から少し入った水田に囲まれた僅かな場所に「福島正則公荼毘之地」がある。

墓地ならまだしも、荼毘に付された場所が語り継がれることは少ないのだが、領民が一本の杉を此の地に植え、正則公の遺徳を偲ぶよすがにしたのが始まりだと伝わる。
その後成長し巨木となった杉の木は付近の領民より「一本杉」と呼ばれ崇拝される巨樹となった。

IMG_2094.jpg
嘗ての杉は昭和九年の室戸台風で倒れてしまい、現在は二代目の杉の木が植えられている。

寛永元年(1624)7月13日、堀之内館(福島正則公居館)で波乱に満ちたその六十四年の生涯を閉じた福島正則公。彼の遺骸は、幕府検使役の到着が遅れる中、家老津田四郎兵衛の計らいで、高井野のこの地で荼毘に付された。

IMG_2090.jpg
供養塔は最近の建立であろうか。

だが、幕府検視役の到着を待たずして正則公の遺体を荼毘に付した(火葬)罪を問われ、高井野藩二万石は所領を没収され改易となった。家老の津田が火葬を急いだのは、夏場における遺骸の腐乱が酷く検視を待ちきれなかったという説もあるし、正則公の死の原因を隠すためだとも言われているが、真相は闇の中である。

思うに、幕府が検視役を派遣してまでも福島正則の死を確認したかったのは、死を偽装した彼が豊臣勢力の再集結を画策することを恐れていたことに他ならない。
大坂夏の陣(1615)から9年の月日が流れても、幕府は福島正則への警戒を怠らなかったのであろう。

IMG_2089.jpg
説明板もしっかりあります。

福島正則公が荼毘に付された事に関しては、自刃を隠したという説も根強く残るのだが、自刃する理由が見当たらないのである。
豊臣家への不義理を理由に自刃するなら1615年の大坂夏の陣の終結時であろうし、広島藩からの転封に異議申し立てするなら1619年に華々しく広島城で籠城戦に及び幕府に挑むというのが彼らしいと思う。

もはや時代に抗う事を良しとせずに、風流に過ごした晩年という見方が自然に思えるが、どうであろうか。

そして彼の魂はここから 心安らかに天に召されたのであろう。

IMG_2088.jpg
「もはや武勇で優劣を決する時代は終わったのだ・・・」そんな声が聞こえてきそうです・・


福島正則公荼毘之地。駐車場は無いので、100m先の交差点の道路脇に駐車するのが良いかと。

【福島正則公霊廟】 (長野県上高井郡小布施町雁田)

ここは以前に記事にしているので、詳細は⇒福島正則終焉の地 を参照願います。

この日も結構大勢の観光客が参拝に訪れていました。彼の実直な人柄に対する人気の表れでしょうか・・・。

IMG_2106.jpg
福島正則公の霊廟のある岩松院。背後には雁田山の小城、大城があり、高梨氏の関連の山城と伝わる。

IMG_2104.jpg
山門の入口には霊廟の説明板がある。

IMG_2103.jpg
彼の亡くなった時期も紫陽花が咲いていたのであろうか。

IMG_2100.jpg
霊廟が今日まで続くのは、福島正則公がいかに破格の扱いであるかを端的に示している。

IMG_2101.jpg
三百八十年年忌って、ある意味で凄い・・・(笑)

IMG_2102.jpg
墓石をパチリ。

2024年に没後四百年となるので、盛大な法要が行われるのであろうか?

小生が没しても三日後には忘却の彼方であろう・・・・(笑)

そう考えてみれば、四百年後にも名が残る事は、マジで凄い事なのである・・・。



高山村や小布施町は葛飾北斎で賑わうが、戦国大名でも人気の高い福島正則が、晩年の5年間を過ごした地であることを知る人は少ない。
お近くをお通りの際には、是非彼の晩年の地をその目で確かめてもらえれば光栄である・・・。
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/13 Thu. 22:03 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 井川城 (松本市井川城 市史跡)  |  8年ぶりの鎌原城に驚く »

コメント

お久しぶりです

ご無沙汰しております。てれ助です。

おー、この福島正則荼毘の地、今年行ったんですよー!

ていうか、私勤務地がすぐ近くの須坂市で、仕事中に偶然看板を見つけて!

誰も周りにいないのに、一人で興奮してましたよ(笑)

ホント、寂しい場所だし、何だか泣けて来ましたよ(T_T)

てれ助 #- | URL | 2017/07/14 17:50 * edit *

Re: てれ助様へ

お元気そうで何よりですw

先日、暑さにボーっとしてたら、「高山村に出掛けてみないか?」という空耳が・・・。
なんとなく高山村周辺の見どころを検索していたら、「福島正則公荼毘之地」との表記を発見。

「さて、出立しますか・・」この事である・・(笑)

気が付けばもうすぐ正則公の命日じゃないですか。ああ、あの空耳は彼の伝言だったんですね。

慌ててtwitterに投稿してブログに掲載してご冥福をお祈りした次第ですw

らんまる #- | URL | 2017/07/14 21:32 * edit *

合掌

あの有名人がここで最期を迎えたことは余り知られていませんね。
ここで最期の5年間、何を思って過ごしたのでしょうね。
凄く興味があります。

ところで岩松院って凄いですね。
福島正則さんに北斎のあの絵、それに背後のタコ入道の山にある雁田大城、石垣の小城。これだけ役者が揃った寺は少ないでしょう。

あおれんじゃあ #- | URL | 2017/07/14 23:18 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

岩松院は、雁田城、二十端城、滝ノ入城のコの字で囲む城砦群の平時の居館跡でしょうね。
高梨系なので、芋川館のようにお寺を敷地に取り入れていた可能性は高いと思います。

正則さん、クレバーなのに晩年は幕府の思う壺にハマっちゃいました。
もはや世捨て人の胸中だったように思えてなりません。長子に先立たれた時点で諦めモードだったんでしょうか。

らんまる #- | URL | 2017/07/15 10:39 * edit *

高校生の私

高2か3の頃、原付を駆って行きました。なんとなく、面影があるような、少し違うような…。30年経ってますから。
福島公は、雁田城、二十端城、滝ノ入城のコの字で囲む城砦群を歩いたでしょうかねぇ。一時代前の城々、どのように映ったでしょうか。

えいき #- | URL | 2017/07/15 22:13 * edit *

Re: えいき様へ

原付を駆って小布施に遠征ですか・・・若気の至りですねえ・・(笑)

高山村の居館跡も一昔前の中世の豪族の居館のような造りだったようで、もはや世捨て人の境地だったように思えます。
それでも治水事業に精を出し、領民の暮らしの向上に貢献した立派なお殿様だったようですネ。

老兵、戦を語らず・・・そんな晩年だったんでしょう。

らんまる #- | URL | 2017/07/16 07:11 * edit *

栄華盛衰ですねえ。
真田さんも改易されてもおかしくない立場でしたが
信之さんが長寿だったからでしょうか。

家康公にはむかった真田も
今や幕府に仕える忠臣
とおもわせた信之さんは偉大ですねえ。

丸馬出 #- | URL | 2017/07/18 06:12 * edit *

Re: 丸馬出様へ

私たちは歴史を結果論で見てしまうというジレンマに時としてハマってしまいますが、福島さんなりの正義を貫いたんでしょうネ。
領地とか家名にはあまり拘りのない生き方をしたように思いますが、後継ぎが早世した時はさすがに落胆してしまい、寿命にも影響したのでしょうか。

らんまる #- | URL | 2017/07/18 07:59 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/880-b2c570f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top