らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0812

美濃国の境目の城 弾丸ツアー  

◆石垣の城の美しさを再認識した田舎先方衆の無謀な旅◆

「高石垣の上に建てられた白壁の塔層建築物に魅せられて・・」

中世城郭ファンのほとんどの方は、近世城郭の趣味からある日突然に「土の城スイッチ」が無造作に入り転じたものだと推定されます。残念ながら、きわめて明確で明朗な基礎を含めた建築工作物の趣味が、不完全で曖昧な土木工事の趣味へと移行するのかそのメカニズムは明らかになっておりません・・・・(汗)

そんな過程で土の城に魅せられた我ら信濃先方衆ですが、「石垣の城を愛でる」という原点回帰の弾丸ツアーを実施しました・・(笑)

IMG_2202.jpg
美濃を代表する美しい石垣の要塞「苗木城」。

【何故弾丸ツアーになったのか?】

5年もコンビ組んでる信濃先方衆ではあるが、納涼会を一度もやったことが無いので、この夏は泊りがけで開催しましょうという話になり、塩尻市の「信州健康ランド」で予約。温泉に浸って飲み会だけってのもアホらしいので、当日何処か城攻めしますか、という話になった。高速道移動で行けて18:00までには帰還出来る遠征場所ということで、奥三河か美濃が候補となり、最終的には美濃となった。

IMG_2225.jpg
十年ぶりの岩村城。相方の「ていぴすさん」が未訪との事でリストに加わった。

美濃といっても広く、候補としては信長公入城450年祭りと山麓居館跡の発掘調査を行っている「岐阜城」、先日の大雨で天主の鯱が落下して破損した状態が今しか見れない「犬山城」、小生のハンドルネームのルーツである森一族の「兼山城」、城館一体型で遠山の金さんヨロシク「明智城」、美濃に来たらここは外せないと評判の「苗木城」、織田軍の岩村城攻めの前線基地「小里城」。

IMG_2271.jpg
恒ちゃん(池田恒興)が設計・普請したという未完の不等辺五角形の小里城山城天守台。未完のままで放置され現在に至る。

最近ブロ友として友好条約を締結した美濃国在住のお城ブロガー「久太郎の戦国城めぐり」の管理人である久太郎様にアドバイスを求めたところ、苗木城を起点とした場合、移動距離と時間に難があり、特に岐阜城、犬山城、兼山城は再考を要し、明智城はこの時期は藪に覆われているので外すのが賢明との回答でした。

そこで、我ら信濃先方衆、弾丸ツアーの行く先として検討に検討を重ねた結果、「苗木城」⇒「岩村城」⇒「小里新城」⇒「小里城」⇒「小里城山城」⇒「鶴ヶ城」⇒「信州健康ランド」と相成りました・・・(笑)

IMG_2264.jpg
小里城の麓の居館跡の重厚な虎口。

準備万端で意気揚々と出掛けた当日、朝8:30には苗木城に到着。そこまでは良かったのだが、あまりの素晴らしさに感動してしまい、城域を端から端まで十分に堪能した挙句に歴史資料館まで見学するという暴挙に出て11:00まで滞在。次の岩村城も中世の山城の遺構を探索し資料館まで見てしまい昼飯食べたら14:30という有り様。小里城山城は比高約180mをイッキに登り16:00に離脱して宴会場の信州健康ランドへリターンし18:00には現地着。

「何やってんだ、俺たち・・・・」(笑)

IMG_2282.jpg
まあ、時にはスケジュール通り行かない事もあるさ、と乾杯!(爆)

次の日は予定してなかったのですが、せっかくなので近世城郭続きの縁で松本城へ。外堀の発掘調査現場も見学しました。で、何年かぶりで天主閣まで登りましたよ。

IMG_2292.jpg
改めて真面目に見ると、松本城の連立天主閣の美しさには脱帽ですw

最初に飲み会ありきという設定だったので、美濃国への遠征はかなり無理がありましたが、久々の石垣の城には感嘆しきり。
石垣に魅せられなければ、土の城への切替スイッチONも無かったんだろうな・・なんて改めて思います。

分かっていてもスタンプラリーが出来ない体質の信濃先方衆・・・・それはそれで妙に納得しておりますw

IMG_2201.jpg
苗木城の天主台から見下ろした大矢倉。城フリークにしか理解できない言葉にならない造形美がそこにありました。

今回の訪問先が記事になるのはいつでしょうか?お約束など出来るものではございません・・・(笑)

スポンサーサイト

Posted on 2017/08/12 Sat. 23:03 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 小幡陣屋 (別名:楽山園 群馬県甘楽郡甘楽町)  |  楡沢山城③ (別名:木曽義仲の隠れ城 塩尻市楢川楡沢山・辰野町瀬戸沢山) »

コメント

私もいつかは・・・。

素晴らしいです。 岐阜遠征いつかは達成したいです。 

清之介 #- | URL | 2017/08/13 06:04 * edit *

Re: 清之介様へ

美濃国も見どころ満載の中世城郭がたくさんあるようですネ。お隣の飛騨国も信濃に似た山城がてんこ盛りだとか・・・。
小生も暇と金があればすぐにでもまた飛んで行きたいのですが(笑)

らんまる #- | URL | 2017/08/13 07:00 * edit *

「決して一人では見ないでください・・(当サイトです・・)」

弾丸ツアー、お疲れ様でした。
「そもそも、そんな計画無理ですよ」と喉元まできていたのですが(失礼)
すみません、破竹の勢いの信濃先方衆を止めること能わず・・。
やはり思った通り、苗木城で足止めされてしまったようですね。

しかし城郭ファンなら当然の魅力たっぷりの城ですから無理もありませんね。(私はここで湯を沸かし日の出を堪能しました)
小里城もいいですよね~。(ここでも湯を沸かし、コーヒーを・・)
岩村城では例の夏向けの話が再燃してきております(冷汗)
(ここでは湯を沸かし祈祷をしたいと思います・・)
私は全く感じないのですが、あれ以来意識してしまって・・。

何気なくらんまるさんの記事を読み進めていましたら、・・?
ヤバ!弊サイトが紹介されてしまっている!
これは恥ずかしい!(マジで赤面)
炎上しないように襟元を糺さないといけませんね。

久太郎 #- | URL | 2017/08/16 16:46 * edit *

Re: 久太郎様へ

ご多忙の中、連コメありがとうございますw

楡沢山城の考察の件、「カギカッコ」を付けずとも立派なご意見は参考になりましたよ。
「ファイトー!いっぱーつ!」的な肉体疲労の栄養補給にはリポビタンDですが、冷静な検証は周辺の山城や烽火台との関連を考慮した上で必要だと思います。往時の山中の古道が明確に分かると良いのですが・・。

仰せの通り、「岐阜で泊まるのが普通だろ!」というツッコミが通用しないのが信濃先方衆ですw「予約は全てに優先する」(笑)

苗木城、惜しい事したなあーというのが我々の見解で、明治維新まで建物が現存していたならわざわざ壊さなくとも。
軍事施設としての懸造りの集合体と石垣の組合せなんぞ、そうそう見れるものではありません。資料館の復元模型にはときめきと残念が入り混じった複雑な気持ちでした。
橋の上から車に轢かれそうになりながら苗木城の遠景を撮影している我々は完全に「おのぼりさん」状態でしたよ(爆)

岩村城、十年ぶりの藤坂にはドキドキしました。また「心霊写真」が写っているのかとハラハラしましたがあの日の悪霊は浄化したようでした・・(汗)石垣の傷みは想像以上だったんでチョッと心配です。六段壁のスコーンは無用の長物ですネ。ペット同伴も如何なものかと。今度はカモシカのゴンちゃん同伴で行こうかしら・・・(笑)

小里城の比高180mで美濃の山城を実感。東砦も探索しましたが、尾根上の堀切は時間切れで断念。麓の居館跡もロクに見ずに井戸跡が二つある事に感嘆。山頂の不等辺五角形は天主というよりも、信長公が登って敵の様子をを確認するだけの望楼だったように思えます。「安全は全てに優先する」そして「神出鬼没」・・・(笑)

貴殿のブログ、フットワークの良さがいいですね。
「城巡りは楽しい」・・・そこがいいと思いますし、それが基本だと思うんです。

「小学3年生でも分かる山城の記事・・」
それをモットーに出来るだけ丁寧に書いてるつもりですが、現実としては「態度L」で「偉そう」かなあー・・(汗)
「初心忘れるべからず」ですネ。

らんまる #- | URL | 2017/08/16 20:52 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/886-46d40660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top